エストラジオール(E2)が高い人・低い人の【原因と症状】

2024年04月12日

エストラジオール(E2)について

女性ホルモンのうち最も重要なのが「エストロゲン」というホルモンです。

女性らしい体を作り(排卵、月経、妊娠の維持)等、妊娠には欠かせない重要な役割を担っています。不妊治療にとって、非常に大切なホルモンがエストロゲンです。

今回は、エストラジオールが高い・低いとどおなる?症状は?更年期障害との関連性などについてご紹介します。

エストラジオール(E2)とは

エストラジオール(E2)とは、女性の体の機能に重要な女性ホルモンである「エストロゲン」の主要成分です。卵巣や胎盤で作られ、排卵直前に最も多くなり排卵後に急激に減少します

エストロゲンには、エストロンとエストリオールという他の成分も含んでいますが、エストラジオールが最も多く含まれます。

エストラジオールの基準値

閉経の約2年前からじわじわと減少していき、閉経の半年ほど前からは、急激に減少します。

・20~40代前半(性成熟期)の基準値   
 卵胞期 19.0~226.0  
 排卵期 49.0~487.0   
 黄体期 78.0~252.0   
 *妊娠中 780.0~44915.0
・40代後半~の参考値    
 閉経期 39.0 以下(測定不能の場合も)

エストラジオールの数値で分かること

女性ホルモンの検査では、血中のエストラジオール値を測るのが一般的です。

エストラジオール値によって、

  • 卵巣機能
  • 更年期
  • 閉経

の可能性などが分かります。また、排卵前に数値を調べると、排卵日の予測がつきます。

エストラジオールの数値は、高くても低くても問題があり基準値が保たれていると妊娠しやすくなります

婦人科系の病気が疑われる際に、血液検査でエストラジオールの値を調べることで、卵巣機能が正常かどうかなどが分かります。

高い場合・低い場合

エストラジオール値が高い場合や低い場合には、「加齢」や「卵巣機能不全」などの原因が考えられます。

  • 加齢…加齢によってエストラジオールの数値は低くなります。エストラジオールの量は性成熟期の20~30歳でピークになり、30代に入ると徐々に低下しはじめます。閉経後(50歳前後)には、エストラジオールはほとんど分泌されなくなります。
  • 卵巣機能不全…エストラジオールのほとんどが卵巣で作り出されているので、卵巣機能に何かの問題があると数値が乱れてしまいます。エストラジオールをうまく作り出せない場合や、たくさん作り過ぎてしまうケースがあるようです。

 

エストラジオール【高いとどおなる?】原因

エストラジオールが高い場合は「卵巣刺激症候群(OHSS)」という病気(症状)の可能性があります。

主な原因

主な原因は、HMG(不妊治療を行う中で排卵誘発剤)を投薬することによる副作用です。

体外受精では卵子の数を増やすために卵巣刺激を行いますが、これによって起こりうる副作用が卵巣過剰刺激症候群(OHSS)です。

まれですが、エストラジオールの分泌量が急激に高くなることがあります。急激な値の変化は卵巣過剰刺激症候群の可能性があります。

症状

吐き気や下腹部痛、体重の急な増加、尿量の減少などの症状が現れます。卵巣が腫れて腹水がたまり、重苦しい、不快感、痛みなどを感じます。

  • 軽症…安静と痛み止めで経過を見ます。
  • 中等症…腹水がへその下までになり、不快感や膨満感はひどくなり、体重が増えます。同じく安静と痛み止めで経過を見て、妊娠しなければ軽快します。
  • 重症…腹水がへその上まで溜まり、入院が必要となります。この場合妊娠していることが多いですが、中絶が必要になる場合もあります。

多胎妊娠の可能性

また、エストラジオールの数値が高い場合、多胎妊娠の可能性があります。HMGの排卵誘発の場合、多胎妊娠になる可能性は20%と言われています。

肝臓の機能

エストラジオール値は、肝臓の機能にも関係しています。

肝臓には体内に入った毒素を体から排出する働きがありますが、エストロゲンの原料を作ったり、分解して正常に保つ働きもあります。

肝臓の機能が低下すると、エストロゲンの濃度が上がってしまいます

鍼灸では肝臓の機能を整えて、エストロゲンの濃度を安定させる効果が期待できます。

エストラジオール【低いとどおなる?】原因

エストラジオールが低い場合は、妊娠するための女性ホルモンが十分に分泌されていない状態です。卵胞の成長が促進されず、排卵まで至っていない可能性があります。

エストラジオールは卵巣から分泌される女性ホルモンなので、その値が低い場合は更年期もしくは閉経と考えられます。

エストロゲンは、40代前後から急激に減少し始めるホルモンで、更年期ではエストラジオールが正常に満たない人が増えてきます。したがってこの数値を見ると更年期かどうかが分かります。

また排卵後のエストラジオールの分泌量が低い場合には、子宮内膜が十分に厚みを増しておらず、受精卵ができたとしても、着床しにくい環境になっている可能性があります。

不妊治療を成功させるためにも、低い値であれば、基準値まで高めていきたいです。

低い場合の症状

  • 生理不順
  • 無月経
  • 肌荒れ、情緒不安定、不眠、むくみ

といった症状が現れることもあります。

不妊治療に限らず、40代に入るとホルモンバランスが乱れ、様々な症状が出てきますので、不調を感じた場合は、早めに婦人科で検査をすることが望ましいです。

 

エストラジオールが低いと、更年期障害になる?

更年期

女性は加齢に伴って卵巣の働きが低下し、エストロゲン(エストラジオール)の分泌量が減少します

これは更年期になれば、ほとんどの女性に起こる生理現象です。40代~50代頃に分泌量が減ったのであれば、特に心配する必要はありません。

早期閉経

更年期の年齢ではないのに何らかの原因でエストラジオールの分泌量が少ないと、若い年齢で閉経を起こして、更年期のような症状を招く場合があります(早期閉経)。

早発閉経を起こすと月経がなくなるため、妊娠したくてもできないなど、様々な問題が起こり得ます。完全に閉経が起こる前に発見して、治療を行うことが大切です。

閉経時期に感じる更年期障害の症状

  • ほてりや発汗
  • 不眠などの自律神経失調の症状
  • 不安感、抑鬱、恐怖感といった心の変化

エストラジオールの数値を改善しよう

エストラジオールの数値が低い

エストラジオールの数値が低くなる時には、その原因に対する処置が必要です。

卵巣機能の低下であれば、ホルモン補充療法でエストラジオールを人工的に増やします。

エストラジオール数値が高い

エストラジオールの数値が高いときは、卵巣に「エストロゲン産生腫瘍」ができている可能性も考えられます。

エストロゲンを過剰に分泌する腫瘍が、卵巣内にできた状態なので、腫瘍を取り除く外科的手術が必要になります。

日常生活が大切

エストラジオールなどの女性ホルモンは、普段の日常生活によっても「高い」「低い」など、大きく左右されてしまいます。

改善するためには、

  • 質の良い睡眠
  • 栄養バランスの取れた食事
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動など

基本的な健康的生活を送ることが大切です。体全体の調子が良くなると、エストラジオールなどの数値も自然に治まってきます。生活習慣はとても大切です!

エストロゲン・プロゲステロンを増やす【ツボ5選】

2024年04月12日

エストロゲン・プロゲステロンを増やす【ツボ】

人間の体内には『ホルモン』と呼ばれるものが50種類以上ありますが、その中でも女性ホルモンは①エストロゲン(卵胞ホルモン)、②プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類を指します。

この2種類の女性ホルモンのバランスが崩れると、女性は体調を崩しやすくなります。この2種類の女性ホルモンをバランス良く増やすツボをご紹介します。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、妊娠の準備に関わる大切なホルモンです。脳や自律神経にも働きかけるため、心と身体の安定に大きく影響するのが特徴です。

エストロゲンの【働き】

  • 子宮内膜を厚くする
  • 乳房の発育を促す
  • 自律神経を調整する
  • 肌つやをよくする など

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは子宮内の環境を整え良い状態を保ち、妊娠するとそれを維持する役割があります。

体内に栄養素や水分を保つ作用もあり、生理前の身体の変化や不調が現れて心身共にバランスが崩れやすいのは、プロゲステロンの働きと言われています。

プロゲステロンの【働き】

  • 基礎体温を上げる
  • 子宮内膜の環境を整え、着床しやすい状態を維持する
  • 乳腺を発達させる
  • 排卵を止める

補う事、整える事、コントロールする事が大切

女性ホルモンは一生でティースプーン1杯程度しか分泌されないと言われているため、毎月微量の繊細なバランスで成り立っています。

そのほんのわずかな女性ホルモンのバランスが乱れることで様々な不調を引き起こすのです。

また、女性ホルモンは30代後半頃から徐々に分泌量が低下していきます。そのため、補う事、整える事、コントロールする事が大切になります。

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)を活性化させるツボ

三陰交(さんいんこう)

三陰交のツボは、内くるぶしから指4本上の所にあります。

女性ホルモンの分泌を促進、冷えやむくみ対策、更年期症状の改善、ストレスなどに効果的なツボです。

 

膻中(だんちゅう)

膻中のツボは、左右の乳頭を結んだ線の中央に位置するツボです。

女性ホルモンの分泌を促進し、体の循環を良くしてくれます。精神的疲労、不眠などにも効果的です。

 

内関(ないかん)

内関のツボは、手首のシワから指3本分の所にあります。

自律神経を正常なバランスに整えてくれます。

 

湧泉(ゆうせん)

湧泉のツボは、足の裏の真ん中あたりに「人」の字状の筋の交点の内側にできるくぼみです。

情緒不安定、憂うつ症、更年期障害によるのぼせなどに効果的です。

 

腎穴(じんけつ)

腎穴のツボは、小指の第一関節の横のシワの中央にあります。

ホルモンバランスを調整します。親指と人差し指で腎穴を挟むようにして押しもみます。小指の下の横腹(生殖ゾーン)も月経トラブルなどに効果的なので同様に押しもみましょう。

 

女性の身体と心に大きく関わりのある女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)ですが、何だか調子が悪いなと感じる時は、もしかすると女性ホルモンの乱れが原因かもしれません。

ツボ押し等、自分で対策してみて、それでも治らない場合は鍼灸院でご相談下さいませ。

不妊鍼灸のエビデンス【世界各国のデータ】

2024年04月12日

不妊鍼灸のエビデンス【世界各国のデータ】

「なぜ鍼灸が不妊に効くの?」と思われている方も多いと思います。やはりエビデンスが気になるのではないでしょうか。

鍼灸の効果は、未だ解明されていない部分もありますが、鍼灸をすることで妊娠率が上がるという結果は、海外でも様々な研究チームから報告されています。

不妊治療に対する鍼灸の効果データも世界各国で報告されています。エビデンスがたくさんありますので、一部ご紹介します。

2008年 イギリスからの報告

体外受精を受ける女性が、同時にはり灸を受けると、妊娠の確立が65%高くなる事が、予備研究によって示された。

英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に2月7日掲載された。

胚移植から1日以内にハリを受けた女性と、擬似ハリを受けた女性または、ハリを受けなかった女性とを比較した。

その結果、ハリを受けた女性は、そのほかの女性に比べて、妊娠する確率が65%高かった。

「2008年2月8日 HealthDay News」

2006年 デンマークからの報告

胚移植日に鍼を行なうと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる。
鍼を行なわない組では22%の妊娠、鍼治療組では36%の妊娠率となった。

鍼を行なった組に有意に妊娠率が高くなった。 273例の研究対象。
(鍼を行った組:妊娠率14%上昇

Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

2006年 ドイツからの報告

体外受精と顕微授精例の黄体期に鍼を行なうと、妊娠率が有意に高かった 。
鍼を行なわなかった組では13.8%、鍼を行なった組では28.4%の妊娠率

鍼治療組の妊娠率が高くなった。225例の研究対象。
(鍼を行った組:妊娠率14.6%上昇

Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

2006年 オーストラリアからの報告

体外受精例に鍼を3回行い、鍼治療組に妊娠率が高くなった例
228例を対象に、hMG(排卵誘発剤)注射時、採卵前、採卵直後に鍼を行なった。

鍼を行なわない組では23%、鍼治療組では31%の妊娠率
有意差はなかったが、鍼治療組の方が妊娠率が高くなった。

(鍼を行った組:妊娠率8%上昇

Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

2008年 アメリカからの報告

体外受精と併用された鍼は、妊娠率を向上させる7件の臨床試験データをまとめた。

鍼療法を併用した胚移植は、鍼を受けた組の臨床的妊娠は1.65倍高く
継続中の妊娠は1.87倍、生児分娩率は1.91倍高かった。

鍼治療派の妊娠率の高さと関連していた。

BrirtishMedicalJournal(メリー大学ジョージタウン大学産婦人科)

不妊鍼灸のエビデンス(根拠・証拠)【産経新聞の記事】

不妊鍼灸のエビデンス(根拠・証拠)について、産経新聞の記事をご紹介します。

『漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ』2018/1/9

漢方薬や鍼灸(しんきゅう)など日本や中国の伝統医療が、今春にも開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される方針であることが8日、関係者への取材で分かった。具体的には、国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加される。100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療の再評価につながる。

 関係者によると、WHOが伝統医療に注目したのは、同機関で扱う医療の統計が西洋に偏り、伝統医学での治療に依存しているアジアなどでほとんど統計が取られていないとされる「情報格差」を埋めることが目的にあるという。

 ICDは1900(明治33)年に初めて国際会議で承認、日本でも同年に採用された。約10年ごとに改訂され、現在は全22章から成るが、日本や中国などに根差した「伝統医療」が新しい章として加わる。病名や患者の体質を示す「証(しょう)」が約300項目記載されるという。

ICDの作成にも携わった千葉大の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つ。科学的な調査のもと、漢方の有効性も検討でき、成果は国民に大きく還元される」と話した。

 

 日本の漢方は古代中国に起源があるものの、西洋医学と融合し、中国とは運用方法や処方の作り方も異なるなど独自の発展を遂げた。鍼灸も奈良時代に漢方とともに伝えられ、「日本の医療」として進化。特に中国はボールペンの芯ほどの太い鍼(はり)を使うが、日本は髪の毛ほどの細い鍼を使うところに特徴がある。

 病気に対し狙いを絞って対処する西洋医学に対し、東洋医学では、病気は全身の体内バランスが崩れて起こるという考えを持ち、同じ症状でも患者の体質によって治療を変える。日本では昭和51年に147種の漢方エキス製剤が医療保険に適用。漢方医学は平成13年から医学教育に、14年からは薬学教育にも導入された。

なぜ鍼灸で妊娠率が上がるのでしょう?

鍼灸を受けると血行が良くなります。不妊で悩む人は子宮や卵巣への血流が悪くなっている人が多く、新鮮な血液が不足している状態です。

そうなると子宮や卵巣は機能が低下して、子宮内膜が厚くならない、質の良い卵子ができない、という状態になります。

また、血流が悪いと身体全体が冷えてしまい、全身の機能も弱りやすく、妊娠に大切な女性ホルモンを分泌させる脳の機能も低下してしまいます。

女性ホルモンの不足によって、子宮や卵巣はますます活発に機能できなくなります。

豊中市で評判のはり灸

これらの不妊鍼灸のデータやエビデンスを見ていくと、勇気が湧きますね!当院でも妊活に力を入れています。

ぜひ、妊活の一環として、鍼灸を取り入れることをお勧め致します。妊活にはまず、お身体を整え、妊娠力の高い身体を作ることが大切です。

当院のはり灸は、皆様の自然治癒力を底上げ出来ると確信しております。もう何をしていいのか、途方に暮れている方には、ぜひお試しして頂きたいと思います。

豊中市で 妊活なら当院にお任せを!

不正出血(長引く生理)を止めるツボ

2024年04月11日

不正出血を止めるツボについて

生理の量が多すぎたり、期間が長すぎて辛い、という経験のある人は割と多いです。

生理の乱れ=ホルモンバランスの乱れが【原因】

  • 生理が多すぎる「過多月経(かたげっけい)」
  • 生理が8日以上続く「過長月経(かちょうげっけい)」

という症状は、ホルモンバランスの乱れによって起こると考えられています。

 

ホルモンバランスの乱れは、過労やストレス、生活習慣の乱れからも起こります。そういった影響で自律神経のコントロールがうまくいかないと、生理の乱れを引き起こします。

過多月経(多い)

正常な生理では、多い日でも2~3時間に1回ナプキンを取り替えれば済みますが、

  • 1時間に1回ナプキンを替えている
  • 昼でも夜用のナプキンを使っている
  • 大きなレバーのような塊が出る

といった場合は、過多月経に当てはまります。

過長月経(長い)

また、通常1回の生理は3~7日で終わりますが、量の多い日が8日以上続く場合は、過長月経と言えるでしょう。

 

過多月経・過長月経は貧血を引き起こし、めまいや立ちくらみなどの症状が現れる可能性もあります。他にも、生理だけでなく、鼻血が出やすくなったり、出血が止まりにくいことも起こります。

 

出血量(生理)が多い人の【特徴】

日常的な特徴は

  •  健康診断などで、血液中の鉄が少ないと言われたことがある
  •  日常的にめまいや立ちくらみ、動悸、息切れをする
  •  疲れやすさや身体のだるさを感じる
  •  頭痛や頭が重い感じがする

等です。あてはまる場合は過多月経、過長月経の可能性があります。

 

隠白(いんぱく)【不正出血を止めるツボ】

血に関する問題は、東洋医学では「脾」に問題があると考えます。

不正出血や血が止まらない(長引く生理の)時には、「脾」と関連のある「隠白(いんぱく)」というツボを使うと効果が期待できます。

隠白(いんぱく)

隠白のツボは、足の親指の内側、爪のすぐ根本にあります。

「脾」を調整することで、血が血管外に漏れ出さないようにコントロールする働きがあます。

 

ツボの押し方

手の指先で、隠白のツボ(足の親指)をやさしくつまんで、マッサージをしましょう。

子宮の【止血】に効果あり

隠白のツボは、特に子宮の止血に効果がありますので、

  • 生理の出血が多すぎる時
  • 生理の期間が長すぎる
  • 不正出血がある

という時におすすめのツボです。

子宮の冷え

隠白のツボで【子宮の冷え】対策

また、隠白のツボは、不正出血を止めるだけでなく、子宮の冷えにもよく効きます。

子宮が冷えている時の特徴は

  • 下腹部が冷たい
  • 陰部が冷たい
  • 生理の血の色が暗い
  • おりものが白い
  • 水っぽいおりものがずっと出ている

等です。

このような特徴がある場合は、隠白のツボの効果が期待できます。

ツボは押すと痛みを感じます。ご自宅でも隠白のツボを探して押してみましょう。

 

妊娠初期の鍼灸治療【禁忌のツボ】

2024年04月11日

妊娠初期の鍼灸治療【禁忌のツボ】について

ご妊娠された患者様によく、「妊娠しても鍼灸を続けて大丈夫ですか?」と聞かれることがあります。また最近では、マタニティ鍼灸という言葉も出てきています。

今回はそんな妊娠中の鍼灸(禁忌のツボ)についてご説明いたします。

妊娠中の鍼灸は良い?悪い?

妊娠中の鍼灸は良い?悪い?

まず結論から申し上げると、良いです!!

妊娠初期の鍼灸は【いつから】できますか?

妊娠中は胎児への影響を配慮して、薬などの化学製品の使用を控えることになりますが、鍼灸治療は鍼と灸の刺激だけで、様々な症状を和らげる為、副作用の心配などがありませんので安全に利用できます。

しかし、妊娠初期には禁忌とされている施術部位や、流産の危険があるため避けた方が良いとされるツボがありますので、ご自身では行わないようにしましょう

妊娠中に押してはいけない【ツボ】禁忌

これらのツボは、妊娠初期には十分に注意が必要です!

肩が凝るから強く押してしまった!腰痛がひどいから強く押してしまった!ということの無いようにくれぐれも注意をしておいてください。

肩井(けいせい)

肩井のツボは、肩の端と首の付け根の真ん中にあるツボです。

陣痛促進の効果があるツボのため、妊娠中は禁忌です。

 

合谷(ごうこく)

合谷のツボは、手の親指と人差し指の間のつけ根にある窪みの場所にあります。

頭痛や便秘の際に押すツボで、妊娠中は禁忌です。

 

太衝(たいしょう)

太衝のツボは、足の親指と人差し指の骨と骨が合わさる所にあります。

陣痛促進のツボのため、妊娠中は強く押さないようにしましょう。

 

三陰交(さんいんこう)

三陰交のツボは、内側のくるぶしの上から指4本ほどの位置にあるツボです。

生理痛や生理不順などに役立ちますが、妊娠中は気をつけたいツボです。

 

妊娠中の鍼灸【効果とメリット】

不快症状(妊娠中)の軽減効果

妊娠中は、つわりなどの妊娠初期の諸症状、腰痛、頭痛などの不快症状が出ることが多々あります。

鍼灸治療は、身体のツボや反応点を刺激することで、血液循環を改善し、筋肉の緊張を緩和させていきます。妊娠中の諸症状を軽減させる効果があります。

血流アップで流産のリスクを減らす

お腹の血流の循環を良くして、流産のリスクを減らします。

着床後には、赤ちゃんの成長のために、栄養がしっかりと赤ちゃんにスムーズに運ばれる必要があります。

鍼灸で神経の高ぶりを抑えて、お腹の血流が良くなるようにしていきます。

ストレスの軽減(リラックス効果)

妊娠中は身体の変化や、母親になるというプレッシャーなどから、ストレスになる事もあります。

鍼灸治療はリラクゼーション効果もあり、ストレスを軽減させホルモンバランスを調整してくれます。

睡眠の質が低下しやすい妊娠中も、鍼灸治療によってリラックスする事で睡眠の質を向上させる効果もあります。

免疫力の向上

妊娠中は、免疫機能が低下し、感染症や風邪にかかりやすくなることがあります。

鍼灸治療は、身体の様々なバランスを整え、免疫機能の働きを活性化させ、ウイルスに対する抵抗力を高めてくれます。

まとめ

妊娠12週までは流産が起こりやすかったり、つわりが酷かったりする為、鍼灸院ではフォローを重点的に行っています。

そして、12週からはご出産のための身体作りと共に、妊娠中のストレスケアをして、赤ちゃんが健やかに育つ環境づくりを大切にしています。

安心して妊娠中も鍼灸院に通院し、快適なマタニティライフをお過ごし下さいませ♪

1 2 3