自律神経失調症・パニック障害

悩んでいる女性

  • なんとなく身体がだるい
  • ずっと頭痛に悩んでいる
  • 全身が痛くて仕方がない
  • 原因不明の不調がある
  • この状態がいつまで続くのか不安

自律神経失調症とパニック障害との違い

不調が複雑に絡み合っています

施術の様子精神科疾患(パニック障害や自律神経失調症、うつ病など)の患者様は、不調が複雑に絡み合っています。

それらは、極めて関連性が強い疾患と考えられます。

自律神経には、交感神経副交感神経があり、そのバランスが大切です。

バランスが乱れた結果、自律神経失調症を引き起こします。

自律神経失調症は、数え切れないほど、全身に様々な不調を起こします。
そして、この自律神経失調症の症状の一つに「パニック障害」があります。

パニック障害の患者さんは、強い不安感をおぼえるパニック発作を起こします。

自律神経失調症の代表的な症状

  • 頭痛、めまい、倦怠感、冷え症
  • 動悸、耳鳴り、パニック障害
  • 残尿、頻尿、食欲不振
  • 不妊症、生理痛、不安、イライラ

パニック障害の代表的な症状

  • 激しい動悸、息苦しさ、めまい、不安感
  • もしかして死ぬかもと思うほどの恐怖
  • 電車に乗れない、広場、閉鎖的な場所が怖
  • 外出するのが怖い、大量の発汗、吐き気

と、これら様々な不調を起こし、不妊治療や妊活を頑張っている女性にとっては、妊活どころではない状態に陥る場合もあります。

それぞれの症状を引き起こす原因

共通する大きな原因が2つあります

1.首~背中の筋肉が硬い
首~背中の筋肉が硬いと、脳への血流量が減少し、脳の機能が充分に発揮しにくくなります。
2.呼吸が浅くなっている
首~背中の筋肉が硬くなると、肺が圧迫され、呼吸が浅くなります。
そのため、肺が充分に広がらず、充分な酸素を取り入れられません。
そうなると、心と体が、リラックス状態を作れず、緊張状態になってしまいます。

 

施術について

ツライ不調、体質だから仕方ない?ぜひ、一度お試しください!

原因のわからない、さまざまな不調に長い間悩まされ、無駄に薬の量を増やしてしまったり、「体質だから仕方がない」と、諦めていませんか?

是非、根本的な原因にアプローチしていく東洋医学をお試しください。

ストレッチ

首~背中の筋肉が硬くなっていると、脳への血流が低下し、さらに、肺が充分に広がらなくなるため、呼吸の浅くなり、脳への酸素の供給不足も起こっています。

これらの原因を改善することで、症状を軽減させていきます。

まずは、しっかりストレッチをしましょう。

体の柔軟性が出てくると、ストレスも緩和し、ストレスに強くなります。

はり灸

施術の様子はり灸を行うと、首~背中の血流が良くなり、脳への血流もアップします。

様々な鎮痛作用、リラックス作用も期待できます。

心身の過度な緊張も緩和され、自律神経の調整に最適です。

心身が緩まり、心も身体も楽になっていきます。

こんなお客様がいらっしゃいました

39歳 女性 豊中市 自律神経失調症

脈、腹、舌の状態を見て、東洋医学的に「腎虚証」としました。

現病歴

家の中で生活している分には、それほど問題はないが、電車や人が多いところには出かけられない。

仕事の欠勤も頻繁にある。手足から汗がひどく不安感、動悸がある。

薬はあまり飲みたくないが、出かけるときには飲む。

妊活の為に婦人科クリニックに通院しているが、不安ストレスになっている。

経過

3回の施術で、薬なしで外出が出来るようになり、飲む頻度が劇的に減った。

約10回目で、会社を休まなくなった。不安感が無くなり、自信が持てるようになった。

これからも積極的にがんばろうと、通院継続中。