小児鍼(ローラー鍼)で夜泣き予防 ~やり方&使い方~

赤ちゃんのイラスト

  • 疳の虫(かんむし)
  • 発達障害
  • 夜泣き
  • 小児ぜんそく
  • おねしょ(夜尿症)
他にもこのようなお悩みはありませんか?
  • 風邪をひきやすい
  • どもり
  • アトピー
  • 不眠・夜泣き
  • 風邪をひきやすい
  • キーキー声を出す
  • アレルギー(花粉症、鼻炎)
  • チック
  • 人に噛みつく
  • 食べない
  • 便秘
  • 物を投げる
  • 爪を噛む

 

小児はり(ローラー鍼)のやり方(使い方)について

小児はりで赤ちゃんもお母さんもニッコニコ

小児はり(ローラー鍼)とは?(写真一番左)

小児鍼の器具

小児はりは、江戸時代の頃から、受け継がれている施術法です。特に、関西地方で盛んです。小さい頃から小児はりをしておくと、「元気で丈夫に育つ」ということで、親しまれています。

「はり」というと、刺すような怖いイメージがありますが、決してそんなことはありません。

鳥の羽根でやさしく、皮膚をなでるような、触れられるような感覚に似ているかもしれません。

気持ちいいから、自分からベッドに上がる子や、もっとやって!と、せがんでくる子もいます。病院や注射を怖がる子でも、ご安心ください。また、薬のような副作用もありません。

お子さまのお悩みを軽くして、楽しく子育てをしていきましょう!

ローラー鍼のやり方(使い方)

ローラー鍼のやり方(使い方)は、皮膚のかたい場所にあてて「コロコロ」転がしてやさしく刺激をしていきます。

お子様が気持ち良い程度に強さで当てて、転がしていくと心地よいでしょう。

逆に強く押し当ててしまうと、痛みが出て、かえって皮膚や筋肉の緊張が高まってしまう場合があります。

ローラー鍼の時間

時間的には、同じ箇所を4~5秒くらいで大丈夫です。トータル1分くらいで、終わらせましょう。

 

小児鍼のやり方・使い方(スプーン、ドライヤー、歯ブラシ)

ご自宅で、お子さんと遊びながらのスキンシップも兼ねて、鍼を使わずに出来る小児鍼(やり方)があります。

身近にある道具(スプーン、ドライヤー、歯ブラシなど)を使って、親が子供に施術する方法(やり方)です。

子供の皮膚のかたい所をスプーンや歯ブラシでこすったり、冷えている場所をドライヤーで温めたり、簡単にご自宅で出来ます。

小児鍼のやり方(道具の使い方)など詳しいことは当院にお尋ね下さい。やり方や使い方などもアドバイスさせて頂きますので、ぜひトライしてみてください。痛みは全くありませんし、子供は喜んで受けてくれます。

お子さんは、少しでも違和感を感じたらダメです。もうそれ以上は施術させてくれません。なので、お子さんが心地良いことしかしません。

特に、疳虫(かんむし)や夜泣きには、オススメです!

 

動画|小児鍼(ローラー鍼)を体験してきました!

 

刺さない鍼を使います!小児鍼(ローラー鍼)

小児鍼(ローラー鍼)のメリット

「小児はり」とは、お子さんの皮膚表面を、やわらかな接触を主とする治療法です。(撫でる・触れる・摩擦する等)

普通に認識されているような“はり”を使うものではありません。ローラー鍼(写真一番左)もやさしく肌を刺激していきます。

小児鍼をすることで、免疫力、自然治癒力が高まります。また、自律神経を整え、子供の急激に発達する脳や心身のバランスを取ります。

継続することで、夜泣きなどの症状が取れて健康で元気な状態になっていきます。

小児鍼(ローラー鍼)の通院ペース

小さいお子さんの場合、慣れて頂く意味もあり、最初は詰めてお越し頂きます。お悩みが軽快しましたら、1週間→10日→2週間という具合に、間隔を空けながら進めていきます。

大人でも同様ですが、不調が「治まった=治った」ということではありません。根本的な体質回復の為には、目立った不調が治まってからの方が大切です!

特にアレルギーは、不調がなくなっても、根っこが残っていれば、 心身が不安定になった時に、再発しやすいものです。

ですから、安定してからも、月1~2回程度、定期的に通うことをお勧めします!

→ローラー鍼の【使い方】【効果】を分かりやすく解説!

 

こんな患者様がいらっしゃいました

ローラー鍼(小児鍼)豊中市 夜泣き、キーキー(かんむし)

1歳半 女の子 夜泣きがひどく、2時間おきに起きて泣いてしまう。物を投げることが多く、疳がきつい様子。

経過

施術1回目、10分程度、肌の表面をなでるように、ローラー鍼で軽い刺激を与え、全身を整えた。ローラー鍼が気持ち良くてお気に入りなご様子。自宅でスプーン鍼(小児鍼)のやり方を伝えた。

心や神経のバランスが整い、穏やかな表情になり1回目終了。その後、3回程で夜泣きをはじめとするすべてのお悩みが無くなった。二週間ほど様子を見て、再び来ていただく。

現在、夜泣きも治まり落ち着いているので、月に数回継続中。

※小児鍼は、母子のつらい期間を「どれだけ短くできるか」がポイントになってきます。

 

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

関連記事

もっと見る

NEWS|大阪府豊中市ぽん鍼灸院

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | 大阪府豊中市 ぽん鍼灸院 2024年07月5日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウント(大阪府豊中市 ぽん鍼灸院)がございます。 2024年06月15日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合(不妊鍼灸)には、24時間いつでもご連絡ください | 大阪府豊中市の ぽん鍼灸院 2024年06月1日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→