子宮筋腫

子宮筋腫

このような症状はありませんか?

  • 生理痛がひどい
  • 生理の出血量が多い
  • 生理の周期が短くなる
  • 下腹痛、便秘、頻尿、腰痛
  • 貧血(疲労感、息切れ、めまい)
子宮筋腫

子宮筋腫の原因

30歳以上の約4人に1人はできると言われるほど、多い病気です。子宮壁にできる良性の腫瘍です。悪性腫瘍に変化するケースはほとんどなく、症状や治療の時期も人それぞれ異なります。

子宝を考えているなら、5センチ以上の大きさはご注意を。この病気は、エストロゲン(女性ホルモン)が関係していると言われています。妊娠中に発生すると、流産や早産、難産につながる場合も。

養生法

5センチ以上になると、不妊や流産の原因になるかも…

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、今すぐ何か手を打たないと命に関わるものではないのですが、経血量が異常に多いとか、貧血がひどい時には婦人科で相談を。

子宮筋腫は月経に関係して大きくなりますが、最近では、初経年齢が低くなり、好発年齢も低くなっています。

子宮筋腫が起因して授かりにくい人も増えています。 筋腫があると、必ず授かりにくいのかというと、そうではないです。

授かりにくい原因が、実は子宮筋腫が邪魔をしていたというケースもあります。特に、子宮の内側(粘膜下筋腫)が出来ていると、内膜がデコボコ状態になるので受精卵が着床しにくくなります。

受精卵は、子宮の内腔に運ばれて内膜に入り(着床)、この着床ができたら妊娠成立です。

妊娠を希望する場合には

筋腫がの小さいうちに、手術をして摘出することもいいでしょう。10cm以上になると、子宮の形が変わり、着床障害で妊娠が難しくなるケースもあります。

もし子宮筋腫があれば、摘出すると妊娠率は上がりやすくなります。流産や早産予防にも、赤ちゃんを希望される人は早めにクリニックを受診して下さい。

不妊鍼灸Q&A

放っておいても大丈夫?

必ずしも治療が必要ではありません。症状も全くなく大きさも10cm以下で、妊娠も望んでいない場合、定期検査で大きさの変化を見てもらい様子を見ていくケースも。

閉経に至るまで定期検査を受けるだけで、様子を見ていく方も多くおられます。過多月経や月経痛がひどければ病院の受診を!まずは薬で出血量のコントロールで様子を見ましょう。

治療法は、年齢・場所・大きさ・数などで決まる

  • 経過観察(病院での治療では、年に1度くらいの検査で、筋腫の変化を調べる)
  • 薬物療法(女性ホルモンの分泌を止めて無月経の状態にする)
  • 手術療法(開腹手術・内視鏡下手術)

開腹手術になるのは、筋腫が10cm以上、筋腫が多発しているケースに行われます。

治療は、年齢・場所・大きさ・数などを総合的に考えて決められます。まず第一に子宮を残すことを考えられます。

手術が必要な時は?

  • 子宮筋腫が大きい、またはどんどん大きくなっている
  • 子宮筋腫が大きく、圧迫による症状がひどい
  • 赤ちゃんを望んでおり、筋腫が妊娠の妨げ、流産、早産のリスクになるケース

オペは、子宮筋腫の場所や大きさ、年齢などを考えての選択となりますが、将来赤ちゃんを希望する場合は基本的には子宮を残すように考えます。大きさが10cm以下であれば、開腹せず内視鏡下手術で摘出することもあります。

内視鏡下手術は、体にやさしい

近年、技術が進歩し、「内視鏡下手術」が、子宮筋腫の手術で圧倒的に多くなっています。

筋腫の大きさが10cm以下であれば、内視鏡下手術が選択できます。手術後の回復も早く、入院期間が短くすみ、術後の傷痕も目立たないので、負担が少なく体にやさしい手術です。

手術後はいつから妊活できるのか?

オペ後は、妊活できない期間が発生します。腹腔鏡下手術の場合には、子宮破裂のリスクを避けるため、術後3~6ヶ月間は避妊が必要です。

また、オペ前にホルモン療法を行っていると、ホルモン剤の影響で術後も生理が数ヶ月間止まる事も考えられます。

子宮筋腫の術後には、長期間にわたって妊娠できないケースがあるので、特に高齢の人はオペと体外受精など、どちらを優先させるか慎重に検討すべきです。

養生法

卵巣や子宮に何か異物ができるのは、なんらかのストレスを溜めている人が多いです。仕事が多忙で、頑張りすぎ、我慢が続いて、イライラなど。

ストレスが非常によくないので、のびのび生活を送ることが大切です。就寝の10時から2時までのゴールデンタイムは大切にしてください。

子宮筋腫の食事法

食事法

子宮筋腫は、エストロゲンの影響を受けて大きくなりますから、エストロゲン過剰状態を作らないようにすることが大切です。エストロゲンは動物性脂肪から作られますので、肉や乳製品の摂り過ぎはNGです。

ただし青魚やオリーブオイルに含まれている不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを外へ排出してくれる働きが期待できるので、逆に積極的に摂って頂きたい食材です。

また、すでに筋腫があるのであれば貧血対策も忘れずに。甘い物は血液をドロドロにします。せんべいなどのもち米の取りすぎも×。

漢方鍼灸

漢方鍼灸

はりきゅうでは?

西洋医学では、症状が重かったり腫瘍が大きい状態であればオペになります。子宮の全摘や筋腫だけを切除する方法があります。

東洋医学では、子宮筋腫は「肝」と「腎」との関係しており、「肝」は血の循環調節を、「腎」は生殖器の成長・生殖・滋養をしています。

子宮筋腫は、このような働きがうまくいかず、血の停滞から発症したものです。東洋医学的には古い血の塊と考えます。

これがある人はドロドロ血で滞りやすくなっているので、血流改善が必要になります。このように血がスムーズに巡らない状態を「瘀血」といいます。

はりきゅうでは、「肝」「腎」「瘀血」をツボを使い調整していきます。

体質を変えていく

また、その根本的な要因となっている体質を変えていくことが大切です。冷え、ストレス、血の不足、偏食など、良くない生活習慣はたくさんあります。

冷えないように気をつけたり、ストレス発散に努めたり、食生活を改善したりすることで、体質が変わってくれば、生理中の症状は楽になり、色もきれいになり、塊も少なくなります。

フカフカ内膜で、質のいい卵、妊娠後の赤ちゃんの成長のためにもきれいな血を送ることは大切です。

はりきゅうでは、基本的な体作りのお手伝いができます。体質改善をして、赤ちゃんが成長しやすいお腹の環境を作っていきます。

当院では、基礎体温、生理痛、PMSなど、これらに共通する女性ホルモンのバランスをしっかり整えていきます。

しかし自分ではなかなか、何をすれば良いのかもよく分からず、何も出来ないという人がほとんどかもしれません。当院では、「頭蓋骨」「お腹」「脈」「身体」のゆがみにも注目し、ホルモンバランスを整えていきます。

その場だけの、気持ち良さを求める慰安的な施術ではありません。病の根本に働きかけ、不調の出ないような体にに変化させていきます。

また、整体や鍼灸だけでなく、生活習慣、食事、運動に関してもお話をしつつ、最短でゴールに導きます。

子宮筋腫の症例

豊中市/M.J様/39歳

3年前から妊活中。クリニックで検査を受けた時に、3~5㎝程の子宮筋腫が見つかり、大きくなるようなら摘出手術を勧められた。オペはリスクがあり、 稀に卵管が癒着して授かりにくくなるケースもあるとの事。ネットで調べて、わらをもすがる気持ちで来院。

生理痛、出血量が多い、腰痛、ストレスが多い、便秘、頻尿、過労気味、腹部から下肢の冷え顕著。 週2回、2ヶ月通院で、検診で大きさが2~3㎝になっていると言われた。医師にビックリされたと喜んでいた。

しばらく妊活をお休みしていたが再開することに。その二か月後に妊娠反応が出たが、残念ながら化学的流産。その二か月後に再び授かることができ、現在通院継続中。