乳がんとはり治療

2018年06月15日

30年間で、3倍に増加!?

生涯のうちに、乳がんになる女性の割合は、11人に1人と言われています。

死亡する女性の割合も、年々増加の傾向で、30代から増加し始め、40代~50代前半でピークになります。

最近では、20歳代の若年性乳がんも増えています。

芸能人で、闘病生活を記したブログやテレビのニュース報道も記憶に新しく、関心が高くなっています。

それに伴い、自分もなるかもしれないと、不安になったりする方も、いらっしゃるでしょう。

乳がんの原因ってなに!?

なぜ近年、日本女性に、乳がんが増加傾向にあるのでしょうか?

主には、日本人の食生活の欧米化が原因の1つと言われています。

原因は、解明されてはいませんが、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)は乳がんのリスクが高くなることが知られています。

食生活の変化により、「高脂肪・高たんぱく」の食事が増えて、体つきが良くなり、初潮が早く、閉経は遅い人が増えました。

さらに、女性の晩婚化や妊娠・出産を経験する平均年齢が高く、女性が一生に経験する月経の回数が多くなりました。

月経中は、エストロゲンが分泌されるので、月経の回数が増えたことが、乳がんの「発生と進行」に影響を受けている可能性があります。

乳がんの症状

早期には、自覚症状がほとんど分かりません。

少しでも異変を感じた場合は、専門医を受診して、必要な検査を受けることが重要です。

しこり

 

発見するきっかけの75%以上は、しこりというデータもあります。

手で触って、普段から意識しておくのがベストです。

乳腺にできるしこりは、乳がんとは限らず、90%は良性によるものであると言われています。

自分で判断するのは危険で、触ってみてしこりがあったら、まず医師の相談が必要です。

乳房の痛み

初期で痛みがあるケースは少なく、痛みがある時は、乳腺症、乳腺炎の可能性が高くなります。

生理前や生理中には、乳房が張って痛みを感じることも多いですが、月経周期に関係なく痛みが続くのであれば、注意が必要です。

乳頭からの分泌物

特に注意が必要なのは、乳頭から血液が混じったような茶褐色の分泌物が出る場合です。

乳頭・乳輪部の皮膚の変化

  • 乳房に湿疹や、ただれなど、皮膚が変化している→がん細胞増殖の可能性があります。
  • 乳頭が陥没
  • 引きつれなどの変化が現れる場合も。

乳がんのはり灸(東洋医学的)

東洋医学における癌治療は、外科的手術により、切り取って終わりというものではありません。

癌細胞を作り出してしまう体の「根本」を改善していきます。

体内には、湿痰と呼ばれるネバネバしたものが滞る事があり、熱が長く体内にこもると、湿痰を癌化させる場合があります。

その熱の原因は、ストレスによるものが、ほとんどです。気持ちをリラックスしましょう。

東洋医学では、エネルギーの弱いところに邪気が入り込み、癌を作ると考えています。

乳房は、胃経の流れと、外側には胆経という経絡(ツボの流れ)があり、ストレスがあると、そこに気の停滞が起こります。

気滞から、しこりが生じ、癌が発生することも考えられます。

よくこの場所に、乳腺炎が出来る方も、そういった事が要因です。

はり灸では、この胆経と胃経を調整し、気の停滞、湿痰、瘀血を除くツボを使います。

体のエネルギーが衰えているので、当院では、少ない本数の鍼で、身体に負担をかけないようにエネルギーを「補う」施術を行っていきます。

高プロラクチン血症でも妊娠できるの?

2018年06月13日

高プロラクチン血症について

不妊の原因は、一人ひとり異なり、様々な要因が複合して起こっています。

「高プロラクチン血症」も、その一つであり、排卵障害の原因の10~20%を占めると言われています。

プロラクチンとは

脳の下垂体から出るホルモンの1種です。その働きは下記の通りです。

  1. 乳腺を刺激して、母乳の分泌を促進する働き
  2. 出産後の子宮収縮を促して、体の回復を早める

※こうした体作りの一環で、出産後すぐに赤ちゃんが出来ないように、排卵を抑制する働きもあります。

プロラクチンは、女性だけでなく男性にも分泌されており、性機能の発達にも深く関係しています。

その為、プロラクチンの血中濃度が高い場合、男性・女性ともに生殖機能に影響が出ることがあります。

高プロラクチン血症とは

妊娠も出産もしていない時に、プロラクチンが過剰に分泌されている状態です。

この状態になると、卵胞の発育などが阻害され、黄体機能が低下します。

症状としては

  • 乳汁の分泌がある
  • 胸が張る
  • 排卵が抑制されてしまう など

男性でも、この数値が高くなると、性欲減退やインポテンツになります。

妊娠できるの?

無排卵や着床障害などにつながることもある為、妊娠の可能性は下がります。

血中濃度が、どれだけ高いかによって、症状の重さも異なりますが、着床しにくいという状況では、妊娠は難しくなります。

特に無排卵や無月経の場合は、成功する確率は極めて低いでしょう。

その為、症状の程度によっては、施術で数値を改善していき、成功する確率を上げていく必要があります。

数値に捉われ過ぎるとストレスが溜まってしまい、悪循環になる場合なります。

少しずつ改善していくことを心がけてください。

授かりやすい体質になる為には、妊活中の女性にとっては、高プロラクチン血症は非常に困った問題です。

しかし、治療で改善することが出来るものです。なかなか授かりにくい方は、一度婦人科を受診しましょう。

はり灸がオススメ

高プロラクチン血症が原因で、今までたくさんの病院を受診されてきた方は多いでしょう。

当院のはり灸では、病院で見逃しがちな「身体全体」の状態を診て、施術を行っています。

身体の不調は、「気・血・水」というエネルギーや栄養の巡りが悪くなると起こります。

「気」は目に見えませんが、元気・勇気など多くの言葉に使われ、誰もが自然に感じているものです。

巡りが悪くなっている原因のツボに、はり灸で刺激し、巡りを良くする事で不調を改善していきます。

また、不調が起こる前に、体の中から力を高めておくことも大切です。

はり灸で赤ちゃんを授かれる身体を作っていきましょう!豊中市でお悩みなら当院へ

子宮頸がんには自然治癒力を高めよう

2018年05月31日

子宮頸癌とは

婦人科のがんで、最も多いのが、子宮頸癌と子宮体癌です。

子宮体癌は、子宮内膜癌ともよばれ、胎児を育てる子宮体部の内側にある子宮内膜から発生します。

一方、子宮頸癌は、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生します。

子宮入り口付近が特に多いので、普通の婦人科の診察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。

また、早期に発見すれば、比較的治療しやすく、予後の良いガンですが、進行すると難しく、早めの対処が極めて重要といえます。

子宮頸癌の発生のメカニズム

子宮頸癌は、その多くにヒトパピローマウイルス(HPV:Human apillomavirus)の感染が関連しています。

HPVは、性交渉で感染することが知られているウイルスです。子宮頸癌の患者さんの90%以上から検出されます。

HPV感染そのものは、まれではなく、多くの場合、症状のないうちに排除されると考えられています。

排除されないと、一部に子宮頸癌の前癌病変や子宮頸癌が発生すると考えられています。

また喫煙も、子宮頸癌の危険因子であることがわかっています。

HPVには、複数の型がありますが、最近、一部の型のHPV感染を予防できるワクチンが使用可能になっています。

たとえワクチン接種を受けた場合であっても、定期的に子宮頸癌検診を受けることが大切です。

子宮頸癌の症状

子宮頸癌は、異形成(いけいせい)という前癌状態を経て、癌化します。

癌細胞が進行する前に、正常ではない細胞(異型細胞という癌細胞になる前の細胞)の状態を「細胞診」という検査で見つけられます。

つまり、無症状の時から婦人科の診察や集団検診などで早めの発見が可能なのです。

初期の子宮頸癌は、普通は全く症状がありません。20歳を過ぎたら、2年に1回子宮癌の検診を受けましょう。

下記のような症状があれば病院へ
  • 月経中ではない時の性行為の際に出血した
  • 普段と違うおりものが増える
  • 月経血の量が増えたり、月経期間が長引くなど、気に掛かる

このような場合は、ためらわずに早めに受診しましょう。

早期に発見できれば、子宮頸癌は比較的予後の良いガンです。

そもそも、人には免疫機能があるので、普通はウイルスに長期間感染しません。

しかし、何かしらの理由で免疫力が低下すると、ウイルスを排除しきれない場合があります。

病院では、どのように治療しますか?

手術療法、放射線療法、科学療法(抗がん剤)の3つを、単独もしくは、組み合わせて行います。

はり灸が出来る事

はり灸は、人が本来持っている自然治癒力を高めます。身体のバランスを整え、機能の回復を図る方法です。

お一人お一人の患者さまに、心地よい施術を心がけ、適切なオーダーメイドの医療を提供しています。

東洋医学の視点から、身体の状態を把握し、患者様の体質や状態に合わせて、施術を行います。

はり灸が、初めての方や刺激に対して敏感な方でも、安心して受けて頂けるよう努めておりますので、お気軽にご相談下さい!

豊中市からも来院多数!

鍼灸で女性のお悩みを解決しよう

2018年05月24日

女性の悩みランキング

  1. 肩こり
  2. お腹太り・下半身太り
  3. 目の疲労
  4. 腰痛
  5. 姿勢の悪さ
  6. むくみ
  7. 冷え性

第1位 肩こり

ストレス・運動不足・目の疲労が、主な要因とされています。

現代社会ではスマートフォンが発達し、長時間小さな画面を一点集中して見続ける人が多いです。

インドア派が増え、休みの日も外に出ず、家でネットサーフィンをする人も増え、運動する機会も減っています。

また、緊張やストレスの状態が続くと身体の中の気の流れが悪くなり、重度の肩こりになってしまいます。

第2位 お腹太り・下半身太り

女性は年齢を重ねると徐々に、代謝が悪くなり、太りやすくなります

特に脂肪はお腹周りにつきやすく、ズボンの上に脂肪が乗っていると悩んでいる方も多いです。

若い時は少し食事制限をすれば痩せたのに、今では全然痩せない、むしろ食べていないのに太っている気がする、などの声もあります。

ズボンを履くと下半身のシルエットが見えてしまうから、ゴム紐のゆったりとしたスカートしか履けない人もおられます…

第3位 目の疲労

スマートフォン、タブレット、パソコンが普及し、仕事では欠かせない現代になっております。

仕事も家庭もデジタル化が進むことで、とても便利な世の中になりましたが、画面を見続けることで、目の疲労は蓄積していきます。

視力低下や、頭痛、肩こりを主に引き起こします。

長時間のスマートフォンなどの使用を制限することが、何よりも改善方法かと思います。

しかし、今の時代、ご年配の方でさえスマートフォン片手に生活している状況で、スマートフォンなしの生活も難しいかと思います。

第4位 腰痛

腰痛の主な原因は、背骨のゆがみです。

背骨が歪んでいると腰回りの神経が圧迫されて痛みが発生します。更に骨盤が歪み、腰の骨もズレて痛みが強くなります。

歩き方も大切で、利き足と軸足に関係があり、この差が大きいと腰痛が悪化しやすくなるのです。

第5位 姿勢の悪さ

運動不足やスマートフォンやタブレットの小さな画面を長時間見続けることで、肩こりの悪化や猫背を招きます。

その結果、前かがみの姿勢傾向になってしまいます。

長時間スマートフォンなどを使用する際は、意識的に背筋を伸ばし、リラックスした状態でいることが望ましいでしょう。

第6位 むくみ

女性は、体の中のエネルギー(気や血)の流れが滞ると、むくみを発生しやすくなります。

飛行機や新幹線など、長時間、狭い空間に座り続けると、よく足がむくんでくるという方が多いと思います。

それは長時間同じ体制でいることで、身体の流れが悪くなり、むくんでしまうのです。一度むくみが発生するとなかなか取れません。

第7位 冷え性

女性の悩みといえば、間違いなく「冷え性」があがります。冷え性は、なかなか改善されにくく、実は体の芯から治療する必要があります。

体の外面を温めるだけでは、ただ一時的に体が温かくなるだけで、冷え性改善としては何の意味もありません。

冷たいものを摂らない、体を冷やさない服装をするなど、自分でできることは限られていますが、冷え性改善には必要不可欠なことです。

(某サイト参考)

はり灸がおすすめ

これらのお悩みは、皆さん、どれか一つは当てはまるのではないでしょうか。

「ダイエットはなかなか続かないし、整体は身体が痛そう…」などと、そのままにしていませんか?

そこで、オススメなのが「はり灸」です。はり灸は、女性の様々な体のお悩みに、とても効果があります。

「いや、でも怖い…」と思っている方も多いと思います。ご安心ください!

当院の「はり灸」は、全く痛くありません。鍼は、髪の毛ほどの細さで痛みは感じませんし、お灸も全く熱くなく、温かくとても気持ち良いです。

「え、これだけで身体の不調がよくなるの?」と不思議に思うくらい効果が出てきます。

しかし、たった1回の治療ですべて改善されるわけではありません。定期的に治療を受けることで良い方向に改善されていきます。

身体の悩みはもちろん、仕事や家事のストレス緩和にも効果があり、疲れている体を癒してくれます。

様々な女性の悩みをお持ちの方は是非受けて下さい!健康でストレスのない体を手に入れましょう!豊中市からも来院多数!

>ホームページはこちら

妊活に鍼灸がおすすめな理由

2018年05月10日

妊活について

テレビや雑誌でも、頻繁に取り上げられ、多くの女性の関心事となっています。

そこで、妊活とは、そもそも何なのか、何を、いつから、どのように始めれば良いのかをお話します。

妊活とは?

将来、自然に妊娠しやすくする為、体作りや生活スタイルを整えることです。

いつ頃から?

夫婦で「そろそろ赤ちゃんがほしいな」と思ったところから、始まります。

少しでも確率が高く、出産リスクの低い若いうちに、不妊治療を始める必要があります。

出産を望むのであれば、1日も早く妊娠しやすい体作りをしましょう。まずは、今の自分の状態を知り、正しい知識を身につけることが大切です。

必要なワケ

「子どもがほしい!」と望んで、誰もが妊娠できるものではありません。

近年は、晩婚化が進み、妊娠する年齢も上がっています。年齢が上がるにつれ、自然に授かる確率は低くなります。

また、高齢出産により、母体に負担がかかったり流産の確率が上がるリスクも伴います。

結婚する年齢によっては、出産のタイムリミットが、近づいている場合も少なくありません。

そんな状態で、何もせず、自然に妊娠するのを待っていたら、どんどん年齢が上がり、高齢出産のリスクを伴ってしまいます。

そうならない為にも、妊娠しやすくなるための知識を身につけて実行すること妊活が必要になるのです。

まず何からしたらいいの?

いざ子宝をと思っても、何からすれば良いか、分からない人も多いようです。

そこで一般的にされている内容をピックアップします。

  • 基礎体温を測る
  • 体を冷やさない
  • バランスの取れた食事
  • 規則正しい生活、睡眠
  • 適度な運動
  • ストレス発散
  • 定期的な婦人科検診
  • 卵子の質をあげる
  • 生理周期を整える
  • タバコ、お酒の制限     などです。

体質改善を行っていく事が、授かりやすくすることにつながります!

はり灸がオススメ

女性は、排卵が起きると、体温が上がり、高温期になります。そして受精卵が着床して、妊娠すると、温かい状態が維持されます。

これは赤ちゃんの発育には、温かな環境が最適だからです。

温かい体は、妊娠しやすく、赤ちゃんにとって居心地のいい場所になるのです。

冷えは、「妊娠力」を低下させる

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われ、授かりにくい方には、ほとんど「冷え」があります。

冷えは、「妊娠力」を低下させてしまいます。

妊娠には、ホルモンを分泌する、卵子を作る、卵胞を育てる、排卵する、子宮内膜をふかふかに厚くする、着床した受精卵を育むなど、すべての力が必要です。

冷えは、これらを行う力を低下させます。

すると、採卵しても良質の卵子が取れなかったり、移植しても妊娠できなかったり、またはタイミングをとっても、自然妊娠に繋がらなかったり、と悩ましい状況になります。

施術で冷えを取る

鍼灸では、赤ちゃんに恵まれやすい「温かな体」を作っていきます。

冷えは、1日や2日で溜まるものではありません。生活習慣など長い年月をかけて溜まっていきます。

赤ちゃんを授かる一番の近道は、根本原因(=「冷え」)を解消していくことです。

冷えを取り、「妊娠力を向上させる」という根本治療を行っています。

赤ちゃんにとって、最適な環境作りをしていきましょう。池田市からも来院多数!

>ホームページはこちら

1 2 3 4 5 6