子宮腺筋症で来院

2018年02月10日

子宮腺筋症 38歳 H.A様 会社員

生理痛、腰痛、天気の悪い日は特に調子を崩す、肩こり、頭痛。近くのクリニックで子宮腺筋症と診断を受ける。仕事を時々休む。

ストレスが仕事でも家庭でもある。生理痛がひどく何とか体質を変えたいとネットで調べ当院へ。

施術6回目、肩こり、頭痛、冷えが改善されてきた。20回目、仕事に休まずに行けるようになってきた。腰お腹まわりは緊張が強い(お血)ので、お灸で温め、緩めるように治療。

ストレスと冷えが状態を悪化させると診て、穏やかに会話をし、出来る限り、発散してもらうようにした。28回目で、波はあるが、随分自覚的に楽になったと喜んでいる。豊中市から来院多数!

子宮腺筋症とは?

「子宮内膜症」も「子宮腺筋症」も、子宮内膜に似た組織が原因で起きる症状なのです。

最近では、若い人にも多くなっており、徐々に悪化していきます。

通常の月経は妊娠に備え、ふかふかのベット(内膜)を作り、必要がなければ剥がれて月経血で体の外に排出されていきます。

しかし、子宮内膜組織の増殖と剥離が正常に子宮内腔にあれば問題ないのですが、子宮内膜と同じような性質を持つ組織が何らかの原因で、別の場所に出来てしまう場合があります。

例えば卵管、卵巣、子宮周囲の腹膜、肺などに出来る場合があり、困ったことにその場所で増殖と剥離、出血が繰り返し起こるのです。これが「子宮内膜症」です。

「子宮腺筋症」は、子宮の筋層に子宮内膜の組織ができて、子宮が大きく腫れてしまう病気です。

以前は、子宮外や子宮筋層に内膜組織が出来るものを、まとめて「子宮内膜症」と呼んでいましたが、現在では別々の独立した病名と分けられます。

なりやすい年齢層は?

年齢は30代後半の方が多いのが特徴ですが、最近では20代の間でも腺筋症になる人が増えてきています。

子宮内膜は、女性ホルモンの分泌の増加によって増殖する性質があるので「腺筋症」も「内膜症」も、生殖可能年齢で女性ホルモンが分泌されている間は症状が続き、悪くなることが多いのです。

しかし、閉経を迎える年齢になっていくと少しずつ良くなります。

主な症状・合併症

症状⇨激しい生理痛・過多月経・貧血・不妊・流産

合併症⇨子宮内膜症・子宮筋腫

子宮腺筋症の人は生理痛が重く、ほとんどに痛みの自覚症状があります。

しかも大変治りにくく、知らぬ間に徐々に進行してゆく病気で、気づいたら悪化しているのです。

ひどくなると、月経以外にもほとんど毎日激しい痛みに悩まされるようになる場合もあります。

また月経過多になり、出血量が増えるため、貧血を引き起こすことも少なくありません。

しかも治療しても再発しやすい病気です。

病院では治療には「薬物療法」「手術療法」の この2つですが、薬ではあくまでも生理痛をの軽減、内膜の増殖を抑える効果しかないので完全には治りません。

手術では子宮の全摘出しか根治ないという厄介な病気です。

放っておくと悪化する!?

月経痛は、人によって症状は様々ですが、約7~8割の方があるようです。

初潮から思春期にかけて、月経痛を経験しますが、ほとんどの方は20歳~25歳ぐらいまでに徐々に軽くなります。

しかし、その後も月経痛がだんだんと激しくなるケースがあります。

その場合、婦人科疾患(子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮筋腫など)が原因で、痛みが起こるケースが多いです。

近年、これらの病気が増加しています。晩婚化や少子化で、子供を産む回数が減り、月経回数が増えてしまうことが原因の一つでしょう。

月経痛は「いつものことで当たり前」と思い、婦人科に行かず、市販の鎮痛剤を飲んで、痛みを抑えて生活を送っている人たちがほとんどです。

そのまま何年も放置し続けている間に、悪化してしまいます。

そして結婚して赤ちゃんが欲しい!と希望しても、なかなか授からないので婦人科に行くと、これらの病気が発見される場合が少なくありません。

はり灸で出来る事

女性特有の疾患に対して、はり灸は得意としています。痛みに対する施術の効果も、研究実験で緩和されるという結果が出ています。

子宮腺筋症は、東洋医学では「瘀血(おけつ)」が主な原因です。

「瘀血(おけつ)」とは、血(けつ)が滞る、血液の質がよくない状態。ですから、はり灸では、血の流れをよくするように施術していきます。

冷えやストレスも原因になっているケースも多いので、はり灸がおすすめです。

東洋医学の利点は、局所・対処療法ではなく、自分の治癒能力を高め、自分で良くなる手助けをする事だと思います。

豊中市 で 子宮腺筋症 なら 当院にお任せを! 

 

宝塚市から子宮内膜症で当院へ

2018年02月7日

子宮内膜症のための鍼灸

宝塚市 子宮内膜症 看護師 S.I様 34歳

結婚3年目、5年ほど前から子宮内膜症を発症。結婚してから子供が欲しいと思うが、なかなかうまくいかず、クリニックを受診。

両側の卵管が閉塞している事が分かり、体外受精へ。体質を変えていきたいので、当院と併用してカラダ作りを始める。

足先、太もも、お尻が冷え、お腹が硬い。肩こりがひどい。施術5回目くらいでほぼ肩こりは気にならなくなった。

足の冷えがひどいので、自宅で根気よくお灸をしてもらった。一ヶ月程で、足や太ももがかなり温かくなり、体調も良くなった。

の後の体外受精で、見事妊娠反応陽性。

妊娠中も施術を続けて、快適にマタニティーライフを送っている。

自宅でのお灸も非常に有効だったようで、素直に受け入れてもらえたので、早く結果が出たと思う。

宝塚市からも多数お越し頂いております!

子宮内膜症とは

子宮内膜は、子宮の中で周期的に厚くなっていきます。

排卵後に受精卵が着床しなければ、子宮内腔からはがれ落ちて排出されます。これが月経のメカニズムです。

内膜症になると、月経と同じことが、発症した場所で毎月起こり、 出口がない為に、体外へは排出されず、血液がどんどん体内に溜まっていきます。

周囲と癒着して、病巣部が広がっていくこともあります。

また、内膜の組織は、最初は小さい粒でも、 増えていくと徐々に硬いコブになっていきます。

特に多いのが、卵巣で起こるもので、出口のない血液がどんどん卵巣内に溜まっていき、卵巣嚢胞(のうほう)が出来ます。

内部にたまった血液の色から、卵巣チョコレート嚢胞(嚢腫) と言いいます。

炎症や癒着は、卵管やその周りまで広がり、卵管の閉塞を起こし、子宮外妊娠の原因となることがあります。

症状は?

発症している場所や程度によって違いますが、共通した主な症状は、月経痛です。

内膜症の約70%に月経困難症がみられますが、月経の時以外にも、下腹部の痛みや腰痛があったりします。

症状が進むにつれて、痛みは激しくなっていきます。

また、不正出血のほか、月経の量が増えたり、それによる貧血、下痢、便秘、排便痛、頻尿 、むくみといった症状も出ることがあります。

チョコレート 嚢胞(嚢腫)の場合は、大きくなるまでこうした症状が出ない場合もありますが、嚢胞(のうほう)が破裂して、急激な腹痛に襲われるケースもあります。

子宮内膜症の原因

東洋医学では、筋腫は「しこり」と診ます。

しこりは、熱源・栄養源である「血(けつ)」の流れが、長い間停滞してしまうと出来ていきます。つまり、筋腫(しこり)は、熱の塊です。

「体温が 1度下がると、免疫力が30%低下する」、「冷えが、生殖機能の低下を招く」などと言われています。

冷えが体に与える影響が、科学的にも解明されてきました。

東洋医学では、昔から「冷えは万病の元」と言われてきました。

はり灸は、数千年にわたる経験の積み重ねの中で、冷えと病の関係を解明してきたのです。

子宮内膜症には、はり灸で自己治癒力を高める

はり灸で自然治癒を高める東洋医学の「はり灸」では、気血のめぐりを良くして「冷え」を解消し、低下してしまった自己治癒力を回復させます。

体の隅々に新鮮な血液が行きわたり、温かい体になり 、本来の自己治癒力が戻ってくるのです。

骨盤の中(子宮や卵巣、卵管など)に十分な酸素と栄養が届き、新しい健康な細胞に生まれ変わります 。

リラックスを

気持ちをリラックスする事も大切です。ストレスを抱えていたり、深く思い悩んでいると、血管が収縮して体が冷えていきます。

はり灸は、血管の収縮・拡張を行っている自律神経にもアプローチするので、交感神経と副交感神経のバランスが整い、血行が良くなっていきます。

また、自律神経が深く関わる女性ホルモン(エストロゲンや黄体ホルモン など)が、バランスよく分泌され、筋腫や嚢胞(嚢腫)が収縮されます。

精神安定作用

はり灸は、精神安定作用もあることも明らかになっています。

施術により、リラックス作用のある、エンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンも分泌されることが、注目されています。

これらの働きで、爽快感が生まれ、前向きな気持ちになると考えられています。

心と体が元気になりますから、婦人科疾患には、とても適してる施術法なのです。

もちろん、病院の治療と「はり灸」の両方を受けると、非常に効果的です。

冷えが取れ自己治癒力が回復すれば、ホルモン治療や手術などの効果も大いに発揮されます。

婦人科で悩まれている方が当院に来られて、自己治癒力を回復し改善さ れていきます。

辛い症状でお悩みの方、経過観察中の方、再発の不安がある方、ぜひ一度、ご相談下さい。

宝塚市から無月経で来院

2018年01月17日

無月経のための鍼灸

宝塚市 無月経 家庭教師 38歳 T.E様

約1年前から生理が安定せず、今回は約2カ月前から来ていない。生理時の腹痛、腰痛、睡眠不足、精神的に波がある。

ネットで探して、当院へ。最初は週に2回のペースで通院。

腰、仙骨周辺(次膠穴、中膠穴)に反応が大きく見られる。お灸を中心に施術。

施術3ヵ月で生理が来た。

無月経とは?

無月経

女性は通常、月に1度生理が来ます。しかし、何らかの原因から、止まってしまう状態です。

 

 

 

 

2つの種類

原発性無月経

ほとんどの女性は、10~15歳の間に初潮を迎えます。しかし、18歳になっても一度も来ない状態を言います。

続発性無月経

ずっと来ていたが、3カ月以上止まってしまう状態を言います。(妊娠や高齢による閉経の場合は除きます)

原因

原発性の場合

  • 子宮や卵管が、正常に発達できていない先天異常の病気
  • 通常2本ある染色体が、1本しかないターナー症候群
  • 視床下部、下垂体、卵巣の機能などの異常が原因です。

続発性の場合

  • 視床下部、下垂体、卵巣、甲状腺、生殖器の機能異常
  • ホルモンの異常を伴うクッシング症候群
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
  • 過度なダイエットや精神的悩みからのストレスが、原因です。

治療法

治療には、薬物治療が主に行われます。何らかの病気が原因の場合は、病気の治療が優先されます。

3カ月以上生理が来ていない時は、まず一度出血させることが大切です。

ホルモン剤を飲んだり、筋肉注射をし、ホルモンバランスを整えて起こさせます。

病院に行く前に、自分でできる改善方法

過度なダイエットを避け、適切な体重に

ダイエットが原因の場合は、生理を起こすよりも体重管理を最優先します。

体重を戻すことで、生理も自然に回復しやすくなります。

適切な体重でいることは、とても大切な事なので、過度なダイエットは控えましょう。

冷たい食べ物・飲み物をやめる

常温、温かい物を摂るように心がけ、身体全体を温めるように意識をしましょう。

湯船に30分以上浸かる

熱過ぎないお風呂(40℃ぐらいの)にゆっくり浸かり、身体の芯から冷えを取りましょう。

ストレスをためない

ストレスが、ホルモンバランスを崩す最大の原因、とも言われています。

気が付かないうちに溜まってしまうことが多いのですが、ストレスを溜めず笑顔で楽しく過ごしましょう。

 はり灸を活用してみて下さい

はり灸さらに、改善法として注目されている「はり灸の施術」があります。

婦人科に行けば、薬を処方されるかもしれません。ですが、薬の副作用に悩む場合もあります。

薬や注射でホルモンを刺激するので、肌荒れや体調不良の心配もあるのです。

その反面、はり灸は副作用もなく、自然にホルモンバランスを整え、自然な形で生理を起こさせることが可能です。

身体の冷えも取り、生理周期の乱れの調整も出来て、一石二鳥です。

困りの場合は、はり灸をぜひご検討ください。ホルモンバランスを整え、健康な身体を維持しましょう。

宝塚市から来院多数!

>無月経(生理不順)専門ページへ

 

宝塚市からPMSで通院

2018年01月15日

宝塚市 PMS  T.I様 38歳

生理前にイライラ・憂うつ・のぼせ・頭痛・浮腫みなどが出現。

生理が始まると、症状は軽くはなるが、毎回悩まされている。

友人の紹介で当院へ。

施術2ヶ月目から、PMSが軽くなってくる。ストレスも軽減してきた。

外食が多いため、食事指導を行う。

栄養バランスが摂れるように、豆類・緑黄色野菜・海藻類などを積極的に摂るように伝える。 

また、適度な運動はストレスの解消になり、全身の血行が良くなるのでストレッチをオススメする。

施術3ヵ月で、今までで一番、楽に生理を迎える事が出来たと喜んでいた。

PMSとは

生理の3~10日前から起こる、精神的あるいは身体的な「不快症状」です。

生理が来ると共に、自然に消失していきます。

様々な症状

身体的

肌荒れ・肩こり・下腹部痛・疲れ・だるさ・頭痛・浮腫み・便秘・ニキビなど。

精神的

注意力の低下・無気力・不眠・不安感・落ち込み・憂うつ・イライラなど。

ある調査によると、PMSは、女性の9割以上が発症することが分かっているそうです。

女性にとっては毎月の試練となります。

原因

はっきりした原因は分かっていませんが、ビタミンやミネラルの欠乏・女性ホルモンが深く関わっていると言われています。

日本国内の女性の、2人に1人は体験しているのではないか、とも言われています。

我慢して、ほっておかずに、しっかり治療して改善していきましょう。

PMSの予防法

 

ストレスを発散する

原因は、ストレスだと言われています。

ホルモンバランスが乱れやすい時期は、精神的に不安定になりやすい為、溜め込まないように上手に発散しましょう。

自分に合った解消法を見つけましょう。

食生活を整える

栄養が偏っていては、ホルモンバランスが崩れやすく、症状も重くなります。

積極的に、豆類や緑黄色野菜・玄米などを食べましょう。

砂糖や塩分・カフェイン・アルコール・添加物は、摂りすぎないようにしましょう。

特に、甘いものや冷たいものは、身体を冷やします。出来る限り控えましょう

また、ビタミンB6が、症状を和らげるという研究結果も出ています。

小麦胚芽や玄米、いわし・かつお・さばなどの青魚を、積極的に食べましょう。

基礎体温を測る

基礎体温がガタガタの人は、ホルモンバランスが乱れやすく、症状がひどくなりやすい傾向にあります。

健康的な身体かどうかをチェックするために、基礎体温を測り、記録をしておきましょう。

基礎体温は、健康のバロメーターだけでなく、排卵時期を予測することも出来るので、特に妊活中の人にはお勧めです。

PMSのはり灸

東洋医学では、ホルモンバランスの変化と、体質などが原因と考えます。

東洋医学で病態を説明

  • 「腎」が、子宮の発達を促す
  • 「脾」が、消化吸収力や免疫力に関係する
  • 「肝」が、内分泌や自律神経系の調節作用をして、子宮に血液が満ちあふれると、月経が周期的に来ると考えます。

これらのバランスが崩れると、様々な不調が現れますので、はり灸で整えていきましょう。

肝腎脾の過不足や気血(エネルギー)の流れを調整していきます。

特に、肝・腎の働きを活発にして、根本的な改善を目指します。

当院では、患者様のその日の状態に合わせて、自律神経を整えたり、ホルモンバランスの調整をしていきます。

一人で抱え込まずに、一緒に改善していきましょう!

宝塚市でPMSなら当院へ。

豊中市から卵巣嚢腫で来院の介護士さん

2018年01月13日

豊中市 卵巣嚢腫 介護士 36歳 I.E様

結婚3年目(妊活中)。

5年前、5cm大の卵巣嚢腫が見つかる。妊娠には問題ないと病院で診断を受け、経過観察中である。

1年前から体外受精を開始し、毎月採卵と移植を行っているがなかなか上手くいかない。精神的にもつらく、不安がつのる為、体質改善をしようと思い当院へ。

最初は、週2で通院してもらう。施術とカウンセリングを受ける中で、自分の身体の癖や日常生活の問題点に気づくようになった。

たとえ当人にとっては些細な事であっても、大きな気づきとなり、生活習慣を改める良いきっかけとなった。

外食やインスタント食品が多かったが、お腹には良くない事が分かり、出来る限り栄養のバランスの摂れた食事をするようになった。

施術32回くらいからお腹の表面の硬さが緩んできた。

4ヵ月ほど病院の治療をお休みした後、再度採卵をした。はり灸を継続していたお蔭で、体調も良く、結果的に質の良い卵が取れた。

その後、移植では二回目で見事妊娠陽性反応が出た。

お腹の嚢腫が邪魔しないように病院での定期的な検査をしつつ、マタニティーライフを過ごしている。 

卵巣嚢腫とは

卵巣嚢腫とは卵巣内に、液体や脂肪などが溜まると発症します。

ひどい場合は、こぶし大以上に肥大するケースがあります。

また、腫瘍に触ると、コブのように硬いタイプと軟らかいタイプがあります。

硬いタイプの「充実性腫瘍」は悪性の場合がありますが、

軟らかいタイプの卵巣嚢腫は、良性の場合がほとんどで約90%は良性と言われています。

原因

原因はまだよくわかっていません。ただし、体質や生活習慣などに関係なく、誰にでも起こりえる病気だと認識しておきましょう。

症状

液体や脂肪がたまる卵巣嚢腫は、不正出血や下腹部の痛み、おりものの増加といった自覚症状はほとんど表れません。

下腹部を触っても変化には気づきにくく、腫れたり、内容物がたまって卵巣が肥大して始めて気づくケースが多いようです。

嚢腫が大きくなると、膀胱を圧迫して頻尿になったり、腸を圧迫して便秘になったりするケースもあります。

これらのことから、卵巣は沈黙の臓器とも呼ばれています。

養生法

卵巣嚢腫は、水分代謝が弱っている方に多い傾向があります。体の水が滞っている方はこの様な症状がでやすくなります。

  • むくみやすい
  • 靴下の跡が深くつく
  • 喉が渇いていないのに沢山水を飲む
  • トイレの回数が少ない
  • 雨の日になると体がだるくなる
  • あざが消えにくい  など

これらは、水分代謝を高める事で改善していきます。

体内の「気」、「血」、「水分(津液)」の流れを良くして、腫瘍の出来にくい体質に改善していきましょう。

食事法

1日3回 和食中心をおすすめします。

  • 甘いものが大好き
  • 果物を毎日のようにとっている
  • 乳製品をよくとっている
  • パンが大好き

などはありませんか?

栄養

甘い物の取りすぎは、炎症体質にし、血液をドロドロにします。果物も、糖分が高い物もあるので、取りすぎには注意しましょう。

ビタミンは野菜から取るように心がけてください。

乳製品は、日本人は分解酵素を持っていないと言われています。分解しにくいものを沢山取りすぎると、体の免疫細胞が疲れてしまいます。

その土地、その土地に合った食材と食事の養生法があり、それに合わせていくことが健康維持に繋がるといわれています。

パンよりお米の方が日本人には合うでしょう。

はり灸では

 

東洋医学では、卵巣嚢腫、月経不順、生理痛などの婦人科疾患は、気と血のアンバランスにより起こりやすく、

血虚やお血、痰湿によるものが多いと考えられています。

 

 

お血

血の流れが滞った状態です。

女性の月経不順、手術や事故及び七情の乱れ(喜、怒、恐、悲、憂、驚、思)により、体内の臓器に影響を及ばし、お血が嚢胞に溜まる状態です。

痰湿

痰湿というのは、脾虚(脾臓の働きが弱い)により水を運ぶ能力が低下し、痰湿が嚢胞に溜まる状態です。

体内の気・血・津液のバランス、五臓六腑のバランス、陰・陽(寒・熱)のバランスを整えることにより、症状や病気を改善していきます。

卵巣嚢腫だからといって、妊娠できないわけではありません。

少しずつ体質改善していくことをお勧めします。本来の妊娠しやすい体に、自然の力で戻していきましょう!

豊中市 卵巣嚢腫なら当院へ  

>ホームページはこちら

1 2 3 4 5 6