帯状疱疹(ヘルペス)になったら、すぐに当院へ!

2015年12月2日

帯状疱疹とは

体のラインに沿って、ベルト状に(左右どちらかの片側)赤いボツボツが現れ、痛みを伴います。

症状

まず、体のどちらか片方に、チクチクするような痛みが起こります。

この時はまだ発疹は現れていません。

2~3日すると、痛かった部分に帯状に赤いブツブツ(発疹)、水ぶくれが出来ます。

この時点になると、はっきり帯状疱疹という診断がつきます。

皮膚症状も痛みも、2~3週間経つとかさぶたになって治ります。

たまに『帯状疱疹後神経痛』といって、皮膚症状が無くなった後でも痛みが残る場合があるので要注意です。

ヘルペスウイルスには、種類があります!

ヘルペスウイルスの種類と、それが引き起こす代表的な病気には、次のようなものがあります。

  • 単純ヘルペスⅠ型 → 口唇ヘルペス(口の周りに、痒みを伴う赤い発疹が出来る)
  • 単純ヘルペスⅡ型 → 性器ヘルペス(性器の周りに、痒みを伴う赤い発疹が出来る)
  • Varicella-Zosterウイルス → 水ぼうそう、帯状疱疹

ヘルペスウイルスは、人間の体の中の『神経節』という所が大好きなので、一旦かかるとそこに潜伏します。

そして、普段は顔を出さないのですが、風邪を引いたり、疲れが溜まったりして、抵抗力が落ちると、出てきて暴れ出します。

よく『風邪を引くと、口の周りにボツボツが出来る』のは、そのような理由なのです。

帯状疱疹は、小さい頃にかかった「水ぼうそうのウイルス」が、長い期間潜んでいて、免疫力が落ちたところで症状が出てしまう病気なのです。

お薬

皮膚科を受診して、早めに帯状疱疹のお薬を飲みましょう。

内服、外用薬がありますが、帯状疱疹の症状がひどければ、入院して点滴することもあります。

(ただし、これは症状を抑えるだけで、体の中のヘルペスウイルスを無くすことは出来ません。)

神経痛の痛みが残った場合には、麻酔科などで神経ブロックなどを行うこともあります。

『体を休める』ことが大切

ヘルペスウイルスは、体の中にずっと潜んでいたものです。

帯状疱疹が出てしまうということは、「疲れている証拠」です!

体力と免疫力が低下している状態ですので、ゆっくり休んでください。

体力と免疫力が低下する原因

 

  • 加齢
  • 過労
  • 大きなストレス
  • 栄養不足

などが考えられます。

普段から運動をして体力作りをしたり、過度な労働を避けたりしっかり睡眠を取るなどして、体のメンテナンスを行いましょう。

また、栄養バランスを考えて、3食しっかり食べることも効果的です。

帯状疱疹は、大人の10~20%が罹るとも言われています。

発症してしまったら早めに治療!そしてゆっくり休んで下さい。

豊中市で 帯状疱疹(ヘルペス) なら当院にお任せを!

妊娠高血圧症候群の過ごし方

2015年12月2日

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは

妊娠期の主に「高血圧」を示す病気のことです。

後期(8ヶ月)に

  • 尿に淡白が出る
  • 顔や手足にむくみが出る
  • 血圧が高くなる などの症状が出ます。

妊娠高血圧症候群になると、血管が収縮して血液の循環が悪くなり、胎児の発育に影響が出たり、早産や死産になることもあります。

重症になると、胎盤の早期剥離、子癇(全身に痙攣を起こす)などになって、妊婦が死亡することもあり、母子共に大変危険です。

このような方は、妊娠高血圧症候群になりやすい

  • 35才以上の高年齢初産、15才以下の若年出産
  • 初産婦、過去に妊娠高血圧症候群だった人
  • 睡眠不足、ストレスが多い。
  • 太り気味
  • 糖尿病・腎臓病
  • 高血圧の方

 

【対策】妊娠高血圧症候群

【対策】妊娠高血圧症候群

  • 日常の生活の中でバランスのとれた食生活や適度な運動。
  • ストレスを溜めない(まじめな人は注意)。
  • 太り過ぎない。太っていると発症しやすいので、妊娠を考えている場合は、その前から、食生活を見直してなるべく標準体重にしておきましょう。
  • 塩分控えめ。予防のために調理は薄味にして、塩分の摂取量を1日7~8gくらいにしておきましょう。
  • 適度な運動。激しい運動を避け、ウォーキングや散歩などの有酸素運動が適しています。
  • 禁煙。絶対禁煙です。深酒もよくありません。
  • 十分な睡眠。

【治療法】妊娠高血圧症候群

1番の治療法は、出産することです。「出産は最高のデトックス」と、よく言われます。

妊娠高血圧症候群やHELLP症候群は、出産後は急速に症状が良くなります。

治療の中心としては『安静』と『入院』です。

また、タンパク質や塩分、水分摂取などを考え、カロリー制限をするなどの食事療法も大切になります。

最終的な治療としては、出産・妊娠の中断を考えなくてはいけません。

赤ちゃんの週数が成長に十分ではない場合、妊娠を継続し、その他、母体の状態も考慮しつつ、適切な分娩時期や方法を考える必要があります。

 

【鍼灸治療】妊娠高血圧症候群

三陰交(さんいんこう)

このツボは、婦人科疾患によく使われます。

しかし、胎児の安定していない5ヶ月未満の妊婦にすると、流産へとつながることがありますので、ご注意ください。

胎児が安定した5ヶ月以降の妊婦にすると、いい子に育ち、安産へと導いてくれます。

お灸の方法

胎動を感じた頃(5ヶ月頃から出産までの間)、左右の『三陰交』にせんねん灸をします。

三陰交の場所:足の内踝の上3寸。頚骨の骨の際。(正しい場所は、お近くの鍼灸院で取ってもらいましょう。)

妊娠高血圧症候群には【鍼灸】で体調を整えよう!

身体のバランスを整えることによって、様々な症状(つわり・むくみなども)を緩和し、早産や妊娠高血圧症候群などのトラブルを予防します。

  • なかなか赤ちゃんを授かりにくかった人
  • 前回のお産でトラブルがあった人
  • 自然なお産をしたいと願う人

には、鍼灸の併用をおすすめしています。

赤ちゃんの元気な成長も応援します。大阪府豊中市で妊娠高血圧症候群なら当院にお任せを!

 

 

うつ病にかかりやすい人

2015年12月2日

うつ病とは

うつ病とは

気分がひどく落ち込んだり、何事にも興味を持てなくなったりして、強い苦痛を感じます

うつ病の原因については、現代医学でも未だにはっきりと分かっていません

日常生活を送る上で、誰もが多少のストレスは抱えてしまうことです。うつ病と無関係な人は少なく、身近に潜んでいる、ごくありふれた病気です。

しかし、その中でも、特に次の素因を持つ人が、ストレスにさらされ、傷心、転勤、出産といったような、今までとは違う環境に置かれると、うつ病になりやすいと言われています。

うつ病になりやすい人

  1. まじめで仕事熱心
  2. 完全主義で几帳面
  3. 仕事や家事を、人任せにできない
  4. 融通がきかない(思考が、柔軟性に乏しい)
  5. 人にどう見られているか、非常に気になる。

 

うつ病への鍼灸治療

うつ病への鍼灸

当院では沢山のうつ病の方の鍼灸治療をしています。うつ病によって起こる、めまい、発汗、不眠、頭痛などの症状が鍼灸によって改善されています。

人体のバランスを整えることよって、気分も落ち着いて穏やかになっていきます。身体を変えれば、心も変わるのです。

身体が軽くなれば心も晴れやかになるように、鍼灸を行うと心の負担が軽くなります。

長期間に渡り薬を飲み続けているうつ病の方も、鍼灸治療と組み合わせることにより相乗効果が生まれます。

うつ病に対して鍼灸の有効率は75%以上と、大変高い効果が出ています。

一人で悩まずに頑張らなくても良いのです。お互いに助け合いましょう。心は単純ではないから、皆で一緒に支え合っていきましょう 。皆さんの心の支えになれたら光栄です。

通院頻度(鍼灸院)

鍼灸院への通院頻度は、患者様の状態や症状の程度によります。始めのうちは、週に2回程度の施術をおススメします。個人差がありますが、最初の頃は効果が2~3日しか持ちません。

施術を続けていくと徐々に持続時間が長くなり、週に1回程度の施術でも安定してきます。

さらに続けると、2週間くらい効果が持続するようになり、ドンドン楽な時間が増えてきます。そして、症状が出なくなっていきます。

 

【症例】うつ病

豊中市 うつ病 47歳

女性 K.U様 3年前から「うつ状態」で、1日中だるい、不安、1日中横になっている。

首が凝る、下痢、引きこもり、食欲不振、寝つきが悪い、手足が冷たく汗をかく。病院で鬱病と診断。くよくよすることが多く、精神的なバランスを崩している。

本来は、週に二回くらい通院して欲しいが意欲がないので、1週間に1度の通院で来院してもらう。

カウンセリングをしっかり行い、話をしっかり聞く

2か月ほどで、睡眠、便通は良好になり、症状も安定してきた。眠れるようになり、倦怠感も取れてきた。

特に寒い時期に症状が悪化するとのことで、月に2回くらいで継続通院中。

豊中市で うつ病 なら 当院にお任せを!

 

 

不正出血&排卵出血の違い

2015年12月1日

違いは何か?

排卵出血

これは、妊娠しやすい時期(排卵)を教えてくれる大切な身体のサインの一つと言えます。

排卵日に生じ、生理周期の14日前後に生じる生理現象になります。

排卵直後に起こりますので、排卵のおおよその時期の目安となります。

卵子が卵巣の表面を飛び出した際に、毛細血管が切れることによって生じる現象です。

必ずしも出るとは限りませんが、1日、 もしくは2~3日程度で止まり、量もごく少量となります。

不正出血

正常時の月経・排卵期以外で生じます。

正常の月経以外で起こった場合、考えられる原因はいくつかあります。

ホルモンの乱れが原因の「機能性出血」

ホルモンバランスが崩れたために起こります。

ホルモンバランスが安定しない思春期や更年期の頃にもよくみられます。

ダラダラと続く無排卵月経や、生理前に少量の出血が続く黄体機能不全などもあります。

脳下垂体や卵巣など、ホルモンの分泌に関係している器官の働きが落ちているなども考えられます。

病気が原因の「器質性出血」

子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、子宮内膜炎、膣炎など、子宮や膣などの病気によって起こります。

子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどがあると、セックスのあとに出血することが多くなります。膣炎や外陰炎でも起こります。

全身の病気が原因の場合

甲状腺ホルモン異常の病気などが関係して、不正出血や無月経、過少月経などが起こることもあります。

不正出血&排卵出血、それぞれの出血の違い

混同されやすいのですが、排卵期におけるものは生理的な現象なので、病気の心配はいりません。

排卵の時の場合は、期間は短く量も少量ですが、不正の場合には、大量に出血したり、期間が長く続くケースがあります。

又、不正の場合は、症状や量がまちまちで、中には重大な疾患が隠れている可能性があります。

生理時以外のものは、量が少ないからといって、放置しない方が良いです。

着床出血

受精卵が子宮に着床する際に生じるもので、 不正出血ではありません。

その他

妊娠出血

妊娠すると、初期に少量の出血が起こることがあります。

早めに専門医に相談を

いずれにしても、生理時以外の異常な時期における出血は注意が必要です。

そのような場合には、早めに専門医に相談をお薦めします。

症例

40歳 女性 G.E様

約3年前、卵巣嚢腫があると診断。右下腹部痛。時々、不正出血がある。約3日ほど少量でだらだら続く。病院では手術をする必要があるほどではないと、鎮痛剤を処方。

生理不順で、30~45日くらい。倦怠感、生理痛、生理後落ち込む、軟便が多い、足が冷える、のぼせ、考え事で不眠になる。ストレス。

施術2ヶ月後、疲労感が軽減し、お腹の調子が良くなる。不正出血の頻度が少なくなり、下腹部の痛みに鎮痛剤を使用しなくてもよくなってきた。

鍼の効果を実感され、治療継続中で経過観察中。

豊中市でお悩みなら 当院にお任せを!

排卵日(妊娠しやすい日)っていつ?

2015年12月1日

妊娠しやすいのは、いつ?

妊活をされている方なら、誰もが、口から手が出るほど、知りたい情報です。

排卵日から次の生理開始まで(黄体期)は、生理周期に関係なく約14日です。

ということは、つまり、次回の生理予定日の約14日前が排卵日ということになります。

生理周期が安定している人は、おおよその排卵日がわかります。

しかし、月によって28日周期だったり35日周期だったりと、生理周期が乱れがちな人にとっては、特定するのは非常に難しいです。

病院で、チェックしてもらった方が、早くて安心です。

排卵日には、不快な様々な症状が出る

女性ホルモンの変化によって、

  • 下腹部痛(排卵痛)
  • 基礎体温の変化
  • 卵膜が破られることによって起こる少量の出血(排卵出血)
  • 唾液のネバネバ、胸の張り、頭痛やめまい、吐き気、ブルーになる、体重増加などがある人もいます。

その時期に重なって、おりものの量や質に大きな変化がみられます。

このような症状が、排卵日の目安です。(ただし、症状には個人差がありますので、正確にはわかりません。)

最も体温が低い日から、1~2日後

高温期に入る前の最も体温が低い日、その日から1~2日後以内に排卵が起きます。

排卵日が近づくと、体温を上げる作用のあるプロゲステロンというホルモンが分泌されるため、基礎体温が上がります。

体温が上がるので、風邪のようなだるさや体のほてりを感じるという人もいます。

しかし、予測するためには、実際に毎日基礎体温を測ることが大切です。

おりものは「子宮頸管粘液(しきゅうけいかんねんえき)」と呼ばれます。

生理周期に合わせて、状態が細かく変化しますから、おりものの状態から、排卵日を予測することができます。

正確な判定には、排卵検査薬を使いましょう。見た目や手触りもひとつの目安になりますので、参考にして下さい。

透明でよく伸びるおりものがポイント

おりものは、生理周期により、徐々に変化します。

ステップ①

生理直後のおりものは、量が少なく、粘り気は強く、色は白色か少しクリーム色が掛かっています。

ステップ②

排卵日が近づくにつれ、水分の多いサラサラとしたおりものに変わっていきます。次第に量も多くなり、色は薄い白色になります。

これは、排卵日に向けて、膣内で精子が活動しやすいように、通常の酸性からアルカリ性に、おりものの質が変化するためです。

ステップ③

排卵日直前~直後には、透明でよく伸びるおりものに変化します。おりものを指に取って伸ばしてみると10センチ近く伸びます。

ステップ④

排卵後、おりものは量が減り、ネバネバ、どろっとした白っぽいものに変わります。

このように4ステップで、生理周期により、おりものは変化していきます。

ステップ3の、透明でよく伸びるおりものが確認できたら、排卵日が極めて近づいている可能性が高いということです。

おりものを観察する

普段から、おりものを、こまめに観察すると、予測しやすくなります。数ヶ月、継続して観察すると、その変化がよくわかってきます。

ただし、正確な排卵日を知るには、基礎体温の計測、排卵検査薬、病院で超音波検査をおこなうと、正確にわかってきますので、うまく活用してください。

豊中市で妊活なら ぽん鍼灸院にお任せを!

1 2 3