ヒューナーテスト(フーナーテスト)&人工授精

2015年12月18日

ヒューナーテスト&人工授精

ヒューナーテストは、重要な不妊治療の検査の一つで、精子と子宮の相性を調べる方法です。

ヒューナーテスト

この検査の別名は、「性交後試験」と呼ばれます。

女性の腟内は、子宮を細菌から守るため、弱酸性に保たれています。

しかし、排卵が近づくと、頸管粘液(弱アルカリ性)の分泌が増加し、子宮頸管からの精子が、子宮へ進入しやすくなります。

女性の身体は、うまくできていて、排卵が近づくと、精子を迎え入れやすい環境に変化していきます。

方法

検査の12時間前までに夫婦生活を持ってもらい、婦人科を受診して、子宮の頚管粘液、または膣分泌物の中にある、精子の数、精子の運動量を顕微鏡で調べます。

テストの結果が悪い場合、男性側の原因としては、精子の数が少ない、運動率が低いといった事が考えられます。

女性側では、頚管粘液不全や、頚管粘液がより酸性に傾いている事なども考えられます。

その他には、女性の体内に、抗精子抗体が作られている可能性もあります。

ヒューナーテストを行い、結果が悪ければ、人工授精へステップアップすることになります。

抗精子抗体とは

抗精子抗体とは、精子に対する抗体のことです。

要は、精子に対するアレルギーのようなもので、抗体が、女性の体中で作られてしまった場合、残念ながら自然妊娠はほとんど不可能だといわれます。

しかし、自然妊娠は出来なくても、精子が抗体に触れなければ、妊娠することは出来ます。

なので、体外受精や顕微授精で、体外で受精が出来ていれば、その後、体内に戻しても抗体の影響を受けなくてすみます。

ヒューナーテストの結果が悪かった場合には

何度か再検査をします。体調により悪い結果だった可能性もあるので、諦めずに再検査をしてみてください。

それでも、治療や投薬により改善される原因ではない場合は、自然妊娠が非常に難しくなりますから、ステップアップをおすすめします。

人工授精へのステップアップ

人工授精は、採取した精子を洗浄し濃縮して、排卵日に、直接子宮内に精子を注入します。

この、洗浄や濃縮の技術は、病院によって差があります。

人工授精を行った場合、子宮頚管を精子が通らない事になりますから、妊娠の可能性が高まります。

費用は、2万円くらいですので、もし思い悩んで、時間が無駄に過ぎてしまうのは、もったいないかもしれません。

なので、早めに挑戦してみた方がいいのかもしれません。豊中市 で 妊活 なら 当院にお任せを!

逆子は お灸で治せ!(至陰と三陰交)

2015年12月18日

逆子とは?

医学的には「骨盤位」と呼ばれており、子宮の中で赤ちゃんの頭が上で、おしりや足が下になっている状態です。

自然に治ることも多いですが、出産まで治らなければ、分娩時に赤ちゃんのリスクも考え、帝王切開になるケースが多くなります。

実際には、約5%の妊婦さんが、逆子のまま出産を迎えています。

お灸で治せ!

うまく妊娠し、幸せなマタニティーライフを経て、いよいよお腹も大きくなってきた!

そんな時に検診で、逆子と診断…。どう対処していいのか…、そんな時にこそ、お灸をしましょう!

病院では、元に戻すための「体操」を教えてくれます。また、医師や助産師さんが、お腹を触り、赤ちゃんの向きを変える「外回転術」などがあります。

実は、東洋医学にも、伝統的な治し方があります。「お灸」で回転させるのです。それで、治るなんて信じられないかもしれませんが、これがよく効きます。

古くから行われてきている伝統的な優れた方法で、逆子治療のために「はり灸院」を訪れる妊婦さんは非常に多いです。

お灸による施術

原因は、はっきりしていませんが、東洋医学では、「冷え」が原因の1つと考えられます。「お灸」は、お腹の中を温かくする目的で行われます。

ツボを温めると、血行が良くなり、下肢・体全体が温まり、赤ちゃんの回転を促していきます。

お灸をする基本的なツボは、2つご紹介致します。

至陰

足の小指の爪のすぐ横(外側)にあります。体の冷えを取り除き、血行を良くして、回転を促していきます。

頭寒足熱という言葉のとおり、足を温める事は健康面から見ても非常によい方法だと思われます。

三陰交

くるぶしの内側から指を四本分、上の位置で、すねの骨の際にあります。女性の体のトラブルには、このツボが非常に有名です。

いつから始めるの?

妊娠28週より、「お灸」を始めると理想的です。

妊娠34週を過ぎると、治る確率がぐっと下がるので、ぜひ早めにはり灸を始めて下さい。

開始時期が早いほど改善の確率が高くなります。効果には個人差があります。

灸をしてすぐに治る方も多く、施術開始から1週間程度(5~8回)で治る方が多いようです。

施術だけでなく、生活の改善も

生活習慣(冷え、食事、ストレス)に、大きな原因が隠れている場合もありますから、まずは信頼できるプロのはり灸師に身体を診てもらいましょう。

そして、お灸だけではなく、日々の生活の改善も心がけていきましょう。

豊中市 箕面市  池田市 で お困りなら 当院にお任せを!

>セルフお灸で逆子改善!?やり方を専門家が解説

池田市から不妊鍼灸&整体で通院

2015年12月18日

不妊症への鍼灸&整体について

一生懸命にやっているのに、なかなか授からない…。実は、意外な原因が隠れていたりします!

特に、骨盤内の血流が滞ると、子宮・卵巣の機能の低下が起こります。当院では、どうすれば、骨盤内の血流を改善できるかを考えていきます。

不妊治療の為の鍼灸&整体

骨盤内の血流を改善するように、整体で調整をして、妊娠しやすい体質にしていきます。

卵巣・子宮の機能をアップさせ、良質の卵子、着床しやすい環境作りを目指しております。

また、40代の方や不妊治療歴が長い方にも、全力でサポートしております。

不妊整体&鍼灸のメリット

整体は、骨盤内の血液循環を良くすることで、様々な効果が期待できます。

  • 卵巣機能のアップ
  • 子宮環境が整う
  • 腹部の血液循環が良くなり、温かくなる
  • 自律神経のバランスの調整

また、身体の緊張、冷え性、むくみなどの改善をして、自律神経を安定化させます。これによってホルモンバランスも整えていきます。

自宅での過ごし方

少しでも早く、ベストな状態で妊娠して頂くように、アドバイスを致します。

食事や運動、休養の取り方など、日常生活での細かな指導を行っていきます。また、患者様の状態に合わせて、自宅でできる「ストレッチ」や「お灸」などの指導も行っています。

 

不妊鍼灸&整体(矯正)で自然妊娠を

妊活整体

不妊治療には、お腹周りの血流が大切です。腰やお腹周りのゆがみも問題になる場合が多く見られます。

骨盤を矯正することで、子宮卵巣機能をアップさせ、授かりやすい身体に体質改善していきます。

鍼灸と整体を組み合わせて、本来の自然治癒力を高めていきます。

骨盤矯正

骨盤が歪んでいると、骨盤内にある大切な生殖器官(子宮・卵巣)の血液の流れが悪くなり、機能低下しやすくなります。

病気などの異常が見つからず、問題がないのに、なかなか赤ちゃんが授からない場合は、歪みを取り除くと、いい結果が出やすくなります。

  • 不妊症で悩んでいる
  • 高額な費用を払うのは難しい
  • 出来るだけ自然な形で、赤ちゃんを授かりたい

という方は、是非、当院の整体を受けてみて下さい。

 

池田市で評判 不妊鍼灸&整体

東洋医学(不妊鍼灸)

当院では、整体だけでなく、鍼灸(東洋医学)にも力を入れています。

東洋医学では、脈、腹部の状態などから、病を的確に診断し、身体のバランスを整えて、卵巣や子宮の働きを良くしていきます。

ハリは、非常に細いものを使用しているので、痛みはほとんどありません。また、1回使い捨てのディスポ鍼で衛生的に安心・安全なものを使用しています。

鍼灸の効果

  • 排卵を促す
  • 着床を促す
  • 内膜を厚くする
  • ホルモンバランスを整える

など、といった効果を期待することができます。

また、患者様の状態によって、施術終了後に、自宅で出来る「お灸」の指導なども行っております。

少しでも授かりやすい体質を作り、皆様に幸せな笑顔になって頂きたいと考えております。お気軽にご相談下さい。

池田市で不妊鍼灸&整体なら当院にお任せを!

>ホームページはこちら

 

 

卵子凍結で後悔しない!デメリットを解説

2015年12月17日

卵子凍結保存

若いうちに元気な卵子を凍結してしまうのですが、凍結をする本来の目的は、ガンになった患者が薬などの影響を受ける前に、卵子を取り出して、その後の妊娠に備えることでした。

現在、凍結保存は盛んに行われていますが、これは働く女性が多くなり、今はパートナーがいなくても将来の妊娠に備えて、凍結保存をしておきたいという女性が増えてきたからです。

卵子の凍結保存をされる方が多い

晩婚によって、妊活が遅くなってしまった時、凍結保存をしておけば、若くて元気な卵子を使えるので、卵子を冷凍保存する独身の女性が多くなってきました。

卵子凍結保存の方法

日本でも、凍結技術が進歩し長期保存の管理など、実績のある医院も増えてきているようです。

まず効率的に卵子を取るため、排卵誘発の薬や注射で、卵子を排出させる方法が主流です。

自然に任せるのが一番ですが、効率的に採卵をするために排卵誘発を使って行ったほうが、卵の数も多く取れます。

何回もつらい思いをしなくて済むので、今はこの方法がほとんどのようです。卵子がうまく育ってきたら、卵巣に針を刺して卵子を取ります

その後、液体窒素内で急速に凍結保存されます。凍結された卵子は、妊娠したい時に解凍し、受精すれば、受精卵を本人に移植します

 

卵子凍結と後悔

卵子の老化

妊活をされている方の大きな問題が卵子の老化です。

30歳を超えると老化が始まり、35歳で加速し、40歳近くなると急激に老化が進んでしまいます。

後悔しないように!

若いころはやりたい事が一杯あって妊活出産にはあまり関心なく、自分の仕事のキャリアを積むことに一生懸命です。

そろそろ結婚をと考えた時に後悔する方が多く、いざという時にはもう妊娠できる年齢ではなくなってしまっていることもよくあります。

 

母体の老化は止められません

後悔しないように、卵子凍結をする

最近は日本でも将来の出産のために、未婚の女性が若いうちに卵子保存をしたい!という人が多くなっています。

今は仕事が楽しく夢中で、結婚願望もない。なので将来のために卵子保存をしておきたいと思う方が増えているようです。

早い年齢で保存しておけば、いざという時に安心です。しかし、母体の老化は止められませんから、卵子凍結が有効であったとしても、妊娠出産はできるだけ早い方が良いです。

凍結保存の成功率

成功率は決して高くはありません!

理由は、採卵された卵子はすべてが受精卵になるとは限らないからです。

早い時期に受精を行った方が結果が良いです。受精が遅れると、結局無駄になってしまう事が多いのです。

 

凍結保存によるリスク

母体側のリスク

母体側のリスクとしては、良い卵子を作る為に使われるホルモン剤の副作用が考えられます。

卵巣が異常に腫れ上がったり、身体はとてもつらい状況になる事もしばしばです。

妊娠や胎児へのリスク

体外受精と同じく、流産・早産の心配があります。

胎児のリスクとしては、凍結卵子を使ったからといって先天性の異常がでることは殆どないと言われています。

将来、子供が欲しい方は、後悔しないように、卵子凍結も視野に入れておきましょう。

 

伊丹市から生理不順で来院

2015年12月17日

伊丹市 生理不順 看護師 37歳

結婚7年目。仕事が不規則で、夜勤もあり、ストレスも溜まっている。

月経不順、便秘、眼精疲労、肩こり、冷え性。慢性的な睡眠不足もある。

身体のリズムがバラバラで、月経が来ないこともよくある。

お腹と腰に血流を促し、温めるようにお灸を多めする。セルフケアとして、自宅でもお灸をしてもらう。

週に1回のペースで来院。施術10回目くらいで、肩こり、眼性疲労がかなり変化が出て、仕事で、疲れにくくなった。

クリニックでカウフマン療法を開始。

施術4ヶ月で、月経痛が以前の半分くらいになり、不順も改善されてきた。施術10カ月で陽性反応が出た。

※ カウフマン療法・・・2種類のホルモン剤を周期的に服用し、月経サイクルの正常化をはかる治療法である。

生理不順について

高温期&低温期

基礎体温表生理~排卵までの期間【低温期】は、体温が低めの時期になります。

排卵後~次の生理までの期間【高温期】は、体温が高めの時期になります。

低温期から高温期に変わる瞬間に、最も下がるようなリズムで【排卵】があります。

 

基礎体温とホルモン

月経が起きてしばらくは低温が続きます。そしてさらにぐっと下がってから、高温に移行します。

このタイミングが、卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモンが上昇したサインで、排卵の時期ということが予想されます。

その後、黄体ホルモンが出続け、高温が持続され、妊娠が成立しない場合には次の生理が来ます。

基礎体温のチェック方法

ポイントですが、まずは、高温期と低温気で2相性になっているかをチェックします。

低温と高温の差が、0.3℃以上あれば、2相性と考えられます。

もし、2相性がなく、ずっと低温相のままであるケースは排卵がない「無排卵性周期」である可能性があります。

このような状態が続く場合、授かる事ができません。婦人科で医師に相談してみてください。

表をチェックすると、様々な病気や症状の原因や対処法が予想できますので、継続的に計っていった方が良いでしょう。

低温期と高温期をチェック

低温の時期は、12-18日間が基準で、もしもそれ以上、低温が続く場合は遅延性排卵である可能性が考えられます。

このケースでも妊娠は可能ですが、成功率が若干低下すると考えられている為、産婦人科で相談しましょう。

また高温期が10日以内や、極端に短かったり、体温が低下する場合があります。

この場合、黄体ホルモンが十分に分泌されていない「黄体機能不全」である可能性があります。

このような事がみられる時には、高温期のタイミングに黄体ホルモンの血液検査を受けてみましょう。

タイミングを合わせよう!

妊活の初期では、最も妊娠しやすい時期で性交渉をもつように指導されます。(タイミング法)

低温から高温に変わるところで一時的に下がる、このタイミングが排卵期と言われており、絶好のタイミングと言われています。

女性の身体は繊細なので、必ずしもうまくいかない場合もありますが、目安としてタイミングをうまく合わせていくと良いでしょう。

病院では、卵巣を超音波で検査して、確認していきますが、

体温が一番下がったところでの排卵は10%程度、上がり始めて1-3日程度に75%と見られることが多いようです。

また、卵子は排卵後1日程度精子は2-3日程度生存しているため、排卵の前後をうまく狙って、妊娠の成功率をより高めて欲しいと思います。

伊丹市で評判 はり灸

「はり灸」は、妊活や生理不順に、とても優れた施術法です。

テレビや雑誌などで、卵子の質&老化が取り上げられています。

大きな原因は、近年、男性にも原因があるとされ、男性も原因の半分を占めると言われています。

女性だけに責任を負わせる時代は、もう終わりました。

質の良い卵子と精子が出会ってこそ、良い胚が育ちます。そして、しっかり着床しない事には、妊娠は成立しないのです。

うまく授かるためのポイント

  • 卵胞が育っているか
  • 着床できるか
  • 精子が卵管まで、たどり着けているか
  • 受精できているか
  • 卵管采が卵子をキャッチできているか
  • 受精卵が正常に分割できているか

など様々な試練と難関があります。

ここに書いた一つでもクリアできないと、妊娠に至りません。

そのように考えると、妊娠・出産するという事は、本当に神秘的で奇跡的なことだと思います。

当院では

  • 生理不順の改善
  • 冷えやむくみの改善
  • 卵の質の改善
  • 着床障害の改善
  • 良好な卵胞形成
  • ホルモン分泌 

などを目的に施術を行っていきます。

また、ご本人の体調を整えつつ、出来るだけ早期に妊娠へ向かうように体質改善をして、授かりやすい身体を作っていきます。

体外授精や顕微授精に向けてのサポート、二人目、繰り返す流産などに対策をしていきます。

当院の施術では、しっかりお話を聞きカウンセリングを行います。

目標期間、今の体の状態、病院での検査結果等を考慮して、治療プランを一緒に作っていきます。

伊丹市 で 生理不順なら 当院にお任せを!

>生理不順専門ページはこちら

1 2 3 4 5 10