来そうで来ない!【生理】を早める(来させる)食べ物とは?

2024年06月7日

【生理について】生理を早める方法(食べ物・ツボ・ピル以外など)

 

生理のしくみ

生理とは、不要になった子宮内膜の排出のことを言います。

女性のカラダは約1ヵ月に1回、卵巣から卵子を排出します(排卵)。また、それに合わせて子宮内膜を厚くし、受け入れ態勢を整えて受精卵を待ちます。

ところが、卵子が受精しなかった場合には、準備した子宮内膜がいらなくなり、はがれて体外に排出されます。これが生理が来るということです。

生理がきそうでこない時、早くこさせる方法(食べ物)は?

では、この定期的に訪れる生理ですが、以前から計画を立てている旅行やイベントなどに生理が来てしまうと憂鬱ですよね。

そういった場合に、生理を早めることは可能なのでしょうか?

また、生理がきそうでこない時、早くこさせる方法(食べ物など)はあるのでしょうか?

 

生理を早める(来させる)方法 3選(ピル以外)

生理がきそうでこない時、早くこさせる3つの方法をご紹介していきます。

  1. 食べ物
  2. ツボ
  3. ハーブティーや漢方薬

ピルを飲めば、確実に生理を早く来させられるのですが、できるだけピルは使いたくないですよね。そんな時には、ぜひこれらの方法(ピル以外)を試してみて下さい。

 

1.生理を早める(来させる)【食べ物】

残念ながら「生理を早める」という医学的根拠を持つ食べ物はありません。確実に生理を早く来させるためには、ピル以外には難しいので病院で処方してもらって下さい。

しかし、「生理が来やすくなる体の状態」を整える効果が期待できる食べ物であれば、いくつかあります。

「これを食べたら生理が早まる」というものではありませんが、生理不順の人はサイクルが整い、結果的に生理が早く来る可能性があります。

大豆製品

大豆製品に含まれる「イソフラボン」という成分は、エストロゲンと似た働きをします。

そのため、エストロゲンが不足して生理が遅れていた人が大豆製品を摂取すると、ホルモンバランスが整い、生理が早まる可能性があります。

ビタミンEを含む食べ物

ビタミンEには、女性ホルモンの分泌を促す働きがあるため、摂取することでホルモンバランスが整い、生理不順の解消が期待できます。

生理不順の人がビタミンEを摂取すると、結果的に生理が早まることもあるでしょう。

ビタミンEは、アーモンドやかぼちゃ、ひまわり油などに含まれています。また、青魚、レバー、ナッツ類。

これらの食品は、特にビタミンB群、E群や食物繊維を豊富に含んでいます。おやつにナッツ類を適量(10粒くらい)食べるようにすると良いでしょう。

亜鉛を含む食べ物

亜鉛を含む食べ物は、赤身肉、小魚、かつお節、ごま等です。

亜鉛が不足してしまうと、女性ホルモンの分泌量が減少し、子宮内膜は早くはがれ落ちて生理不順を引き起こします

亜鉛をしっかり摂取することが、女性ホルモンの分泌を高め、生理を正常に保つポイントとなります。

亜鉛の含有量は、牡蠣がずば抜けて多いので、旬の時には食べたい食品です。

日常手に入りやすい、赤身肉、小魚、かつお節、ごまにも比較的亜鉛が多く含まれていますので、毎日積極的に摂取することをお勧めします。

【チョコレート】は生理を早める?

生理を早めるには、チョコレートを食べると良いという噂を聞いたことがありませんか?

しかし、チョコレートの生理を早める効果について明確に分かっておりません

また、生理中にチョコレートを食べると体を冷やすことがあり、生理痛が悪化したりする事があるのでご注意ください。

 

2.生理を早める(来させる)【ツボ】

血海(けっかい)

血海のツボは、膝のお皿の内側で、膝を曲げるとぼこっとへこむところから、指3本分上がったところにあります。

太ももに対して垂直に指をおき、まっすぐ下に3秒押して3秒離します。これを10~20回繰り返しましょう。

三陰交(さんいんこう)

三陰交のツボは、足の内くるぶしの頂点から指3本分上がり、骨と筋肉の境目の少しくぼんだ部分にあります。

両手の親指を重ねて、息を吐きながら3秒ほど押してください。そして息を吸いながら指を離します。これを1セットとし、10~20セット行ってください。

 

3.生理を早める(来させる)方法

ハーブティーや漢方薬(要相談)

ハーブティーや漢方薬の中には、ホルモンバランスを整え、生理不順を解消する効果が期待できるものが多くあります。

例えば、ハーブティーで言えば、チェストベリーやセージを使ったもの、漢方薬でいえば当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などです。

ハーブも漢方薬も副作用が少ないのが利点ですが、体質に合わないこともあるので、ぜひ専門家に相談したうえで試してみてください。

 

どんな相談でも真剣に対応させていただきます

電話予約

LINEで簡単スピード予約

空き時間確認

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

NEWS|大阪府のぽん鍼灸院

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | 大阪府豊中市 ぽん鍼灸院 2024年05月25日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウント(大阪府豊中市 ぽん鍼灸院)がございます。 2024年05月15日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合(不妊鍼灸)には、24時間いつでもご連絡ください | 大阪府豊中市の ぽん鍼灸院 2024年04月30日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→