卵巣がん

2018年08月2日

卵巣がんについて

卵巣のがん

卵巣がんは「サイレントキラー(沈黙の病気)」と言われています。

自覚症状のないまま進んで行く、恐ろしい病気です。

年間8,000人以上の人がかかり、約5,000人もの人が亡くなっていると言われています。

自覚症状はどんなもの?

正確な原因は、未だ解明されていませんが、症状には以下のようなものがあります。

  • ウエストサイズが大きくなった
  • お腹に不快感がある
  • お腹に膨満感がある
  • 月経が不順
  • 閉経したはずなのに出血がある (不正出血)
  • 頻尿などの排尿習慣の変化
  • 足のむくみ
  • 食欲がない
  • 体力の低下
  • 痛み(腰痛・腹痛)
  • 高熱

もちろん該当しているからといって、必ず発症しているという事ではありません。

ただ、かなり進んだ状態でないと、自覚症状が表れない為、注意が必要です。

気がついたときには、病状が進み、他の臓器に転移している可能性があります。

出来るだけ普段から、婦人科検診を受けることをおすすめ致します。

数カ月で進行?

もう1つ、早期発見しにくい理由に、卵巣がんの進行速度があります。

卵巣がんの場合、半数以上が、初期の病変を経由せずに、いきなり進行がんになってしまいます。

種類が非常に多いので、例外もありますが、この病気の大半は、数カ月の間で、お腹の中に転移する進行がんなのです。

昔は発生率や死亡率は、それほど高くはなかったのですが、近年はどちらも上昇しているそうです。

手遅れ状態だと、薬では改善できず、子宮をすべて摘出しなければならなくなってしまいます。

特に、将来妊娠を希望している人は、早期発見をするためにも、定期的な検診を心掛けましょう。

卵巣がんのはり灸(東洋医学)

当院では、様々な角度から、患者さんの体質を見極めて、施術をしていきます。

癌細胞に負けない体力を作るということは、東洋医学だからこそ出来る調整法です。

西洋医学の限界を鍼で補う

卵巣がんに対して、病院では、手術や放射線、抗がん剤を行います。

東洋医学では、その人が本来持っている自然治癒力を高め、うまく働かない機能を改善させます。

  • 癌による痛み
  • 便秘
  • 倦怠感
  • むくみ・冷え
  • 筋肉の痛み
  • 放射線・抗がん剤の副作用での吐き気など

の軽減を目的に、施術を行っております。

病院では、どうにもならない症状に対して、対応することが出来ます。

また、がんになりやすい体質を根本から見つけ出し、生活の質を土台から改善していきます。

卵巣がんの予防

  • 禁煙
  • 適量の飲酒
  • バランスの良い食事
  • 運動
  • 適正な体形
  • 感染予防

が効果的と言われています。

それと並行して受けてほしいのが、卵巣への血流を良くする《はり灸》です。

診断されてからの対処は、もちろん大切なのですが、ならない為の予防として、日頃から免疫力を高めて頂きたいです。

お問い合わせ・ご予約

施術内容に関しては、実際にお会いしてからでないとお答え出来ない事もございます。

気になる症状やご心配事がございましたら、お気軽にご相談下さい。豊中市でお悩みなら当院へ!