唾液過多(よだれつわり)を止める方法

2024年05月24日

妊娠すると唾液過多(よだれつわり)になるの?

妊娠初期の唾液過多(よだれつわり)とは?

あまり知られていませんが、妊娠初期のつわりには「よだれつわり」と言われる、唾液が大量に出る症状があります。

唾液過多(よだれつわり)

飲み込めないほど大量のサラサラした唾液が常に出続けている状態で、「唾液過多症」とも呼ばれています。

妊娠初期は女性ホルモンの増加によって、唾液腺が刺激され、唾液の分泌量が多くなることで起こります。

 

唾液過多(よだれつわり)になるとどうなる?

唾液過多になるとどうなる?

  • 常に口の中がネバネバしている
  • 唾液が気持ち悪くて飲み込めない
  • 飲み込むと気分が悪くなる
  • せき込む
  • 唾液を出すのでのどが乾く

といった症状の人も多く、夜も唾液が溜まってしまいなかなか寝付けません。

唾液を飲み込める場合も、唾液の量が増えて飲み込む回数が増えると、空気も一緒に飲み込んでしまい、げっぷやおならも増えてしまったりします。

よだれつわりは日常生活にはとても厄介なもので、人によっては出産まで続くこともあります。

いつ治まるの?

よだれつわりも一般的なつわりと同じく、12~16週目あたりで治まると言われていますが、安定期に入っても治まらず、そのまま出産まで続く人も多いです。

つわりがあまりに酷いと、母子共に健康に影響が及び、流産の危険性も出てきます

気分が悪く、食事や水分もとれないなど、つわりの症状が重症化した場合は、入院治療する必要がありますので、我慢せず医師に相談しましょう。

それでは、唾液過多(よだれつわり)を止める方法&終わらせる方法についてご紹介していきます。

 

唾液過多(よだれつわり)を止める方法は?

唾液過多(よだれつわり)を完全に止めるのは難しい

唾液過多(よだれつわり)ツラいですよね…。早く終わらせる方法が知りたいと思います。

しかし、これを完全に止めるのは難しいのですが、和らげる方法を知っておくと便利です。

ツラい時もあるかと思いますが、うまく乗り越えて頂けると嬉しいです。

唾液過多(よだれつわり)を止める方法

唾液過多(よだれつわり)を止めるのは難しいですが、和らげる方法をご紹介します。

  • 食事を小分けに(食事の量が多くなると唾液の分泌も多くなりますので、食事の量を少なめにして何度かに分けて食べると良いでしょう)
  • 唾液を吸い取る食べ物(食パン、ゆで卵、さつまいものような吸水性のある食べ物は、口の中の唾液を吸い取ってくれます)
  • 飴やガム、氷を口に入れる(飴やガムが口の中にあると、唾液の気持ち悪さを感じにくくなります。氷を口に含ませるのもおすすめです。)
  • マウスウォッシュを使う(すっきりした味のマウスウォッシュでうがいをすると、口の中がスッキリして不快感が軽減されます)

 

唾液過多(よだれつわり)は、止めるよりも【対策を覚えておく】

唾液過多(よだれつわり)を止める(終わらせる)のはやはり難しいのですが、以下の対策をぜひ実践してみて下さい。

  • 溜まったよだれはこまめに吐き出し、うがいをしましょう。
  • 脱水にならないように、水分は多めに摂るようにしましょう。

外出先はよだれをこまめに吐き出すことが難しくなりますので、空のペットボトルを持ち歩いて吐き出すのがおすすめです。

カバーをするとペットボトル飲料を飲んでいるように見えますので、周囲の目を気にせずに済みます。

 

【鍼灸】唾液過多(よだれつわり)を止める方法

【鍼灸】唾液過多(よだれつわり)を止める方法の一つ

唾液過多を止める(終わらせる)方法の一つに鍼灸があります。よだれつわりにも鍼灸は効果が期待できます。

よだれつわりは女性ホルモンが増えすぎてバランスが乱れてしまうことが原因ですので、鍼灸でホルモンバランスを整えることで、症状が落ちつきます。

よだれつわり以外のつわりの症状にも鍼灸は効果的で、副作用もなく安心して受けて頂けます。

また、つわり中はイライラしてしまいますが、できるだけリラックスして過ごすことが大切です。

唾液過多(よだれつわり)を止めるには【自律神経がポイント】

自律神経を整えることで、ストレス、不眠、消化不良などが緩和され、唾液過多(よだれつわり)の辛さを軽減したり止めることが出来ます。

お困りの方は、鍼灸院でご相談ください。

 

どんな相談でも真剣に対応させていただきます

電話予約

LINEで簡単スピード予約

空き時間確認

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

NEWS|大阪府のぽん鍼灸院

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | 大阪府豊中市 ぽん鍼灸院 2024年05月25日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウント(大阪府豊中市 ぽん鍼灸院)がございます。 2024年05月15日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合(不妊鍼灸)には、24時間いつでもご連絡ください | 大阪府豊中市の ぽん鍼灸院 2024年04月30日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→