生理不順・無月経

生理痛

このような症状はありませんか?

  • 月経周期が、短過ぎる(25日未満)、または長過ぎる(40日以上)
  • 生理日数が、短過ぎる(3日未満)、または長過ぎる(10日以上)
  • 経血量が異常に多い、少なすぎる
  • 周期がバラバラで一定しない

 

生理不順

生理不順・無月経の原因

原因の多くが、ホルモンのバランスの乱れです。

生活習慣の乱れ(冷え、疲れ、ストレス、食事、睡眠など)によって、卵巣が正常に働かなくなってしまうことがあります。すると女性ホルモンの分泌が少なくなり、生理が起きなくなります。

そして、ホルモンバランスの乱れる原因で圧倒的に多いのは、精神的なストレスです。

現代社会での生理不順の根本的な原因は、ストレスと言ってもいいほどです。生理はストレスのバロメーターとも言われます。

また、卵巣に命令を出す脳の視床下部や下垂体は、ストレスや体重減少に大きく影響を受けます。

激しすぎる運動をされている方(アスリート)も、体が生存に直接関係のない生殖機能をストップさせて、他の臓器を守ろうとして、生理がストップしてしまうこともあります。

パニック障害の症状

放っておくと?

生理の周期が多少ずれていても、毎回、排卵がおきていれば、それほど心配はいりません。基礎体温を測り、排卵が起きているかチェックしてみましょう。

もし排卵が起きていない場合は、基礎体温表を持参し、婦人科を受診しましょう。

無排卵や、ホルモンバランスの乱れを放っておくと、将来妊娠しにくくなったり、更年期のような症状(のぼせ、肩こり、頭痛)が出たり、閉経が早まっていく危険性もあります。

ですから生理不順の方は、出来る限りストレスを解消し、一定の周期になるように改善しましょう。

生理不順には様々な種類があります

稀発月経

多少の個人差がありますが、一般的な周期は25~38日間。39日以上の長い周期を稀発(きはつ)月経と言います。

原因は、卵巣の働きが不十分で、ホルモンがうまく分泌されていないことが考えられます。

稀発月経の場合でも、排卵があれば妊娠・出産が可能ですが、無排卵周期になっている場合も多くみられます。

周期が長い状態が続くようであれば、婦人科を受診して、血液検査でホルモンバランスの状態を調べたり、基礎体温を測って排卵の有無を調べましょう。

頻発月経

生理の周期が24日以下という短いサイクルのことを頻発(ひんぱつ)月経と言います。

原因としては、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。

また黄体ホルモンの分泌が不十分で、排卵日から生理が始まるまでの期間が短くなる場合(黄体機能不全)もあります。

そうすると、子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産しやすかったりすることもあります。

妊娠・出産を望んでいる方は、早めに婦人科を受診し、ホルモン分泌の状態を調べてもらいましょう。

過長月経と過多月経

生理がダラダラと8日以上続く状態を過長(かちょう)月経と言い、原因としてホルモンバランスの乱れや子宮の病気が考えられます。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合、視床下部、脳下垂体、卵巣など女性ホルモンの分泌に関係する器官になんらかのトラブルがあって無排卵周期になっている、または黄体ホルモンの分泌が不十分なために黄体機能不全になっている可能性があります。

また、出血量が多い、レバー状のかたまりが混じる、生理痛がひどいなどの症状がみられる過多(かた)月経のときは、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなどの病気が原因になっていることもあるので要注意です。

過少月経と過短月経

経血量が極端に少なく、ナプキンわずかにつく程度で終わってしまうような状態を過少(かしょう)月経と言い、月経が2日以内で終わってしまう場合を過短(かたん)月経と言います。

これは女性ホルモンの分泌量が少ないため、子宮内膜の厚みが薄い、または子宮自体の発育不全など、甲状腺機能異常が原因のケースもあります。

生理は来たとしても排卵のない無排卵月経になっている場合も多いので、長い間放置すると不妊の原因にもなりますので要注意です。

養生法

生理不順・無月経の養生法

ストレッチ、ヨガ、ウォーキングなどは、リラックス効果や、免疫力を高め、血行も良くなります。

睡眠はしっかりとり、寝る前にPC、スマホ、携帯電話を使うのは×。

また、無理なダイエットは禁物。一年間に5キロ以上のダイエットはやめましょう。

急に痩せると卵巣の機能が低下し、無月経になると、薬を飲まないと生理がこなくなってしまってしまう場合もあります。

甘いものの食べ過ぎも×血液の流れが滞り、生理不順を招くことも。

生理痛の食事法

生理不順・無月経に良い食べ物

  1. 良質なタンパク質は、ホルモンのバランスを整えてくれますので重要です。特に植物性のタンパク質は、エストロゲンの分泌を調整する働きがあります。(大豆、黒豆など)
  2. ビタミンEは、血液の循環を良くして、ホルモンバランスを整えてくれます。(ナッツ類、オリーブオイルなど)
  3. 自分に合った漢方を処方してもらうのもよいでしょう。

生理不順・無月経の漢方鍼灸

漢方鍼灸

生理不順・無月経の漢方鍼灸

西洋医学では、ホルモン状態を正常にもどすために、ホルモン剤や漢方を処方されることもあります。

東洋医学的には、生理不順(無月経)は、主に卵巣や子宮と関係のあるツボを中心に鍼灸治療を行います。

生理不順(無月経)の原因のひとつである自律神経を調整することで、卵巣や子宮の血行がよくなり、正常な働きをするように改善します。

生理不順の多くは、ストレスにより自律神経が乱され、ホルモンの分泌に影響が出て、その結果周期が乱れます。

ストレスや冷えなど、機能的な原因による生理不順の場合は、鍼灸治療が得意とした疾患です。

症例

生理不順・無月経の症例

●35歳 女性 箕面市

症状 生理不順・無月経
東洋医学的判断 漢方脈、腹、舌の状態を見て東洋医学的に脾虚証としました。

現病歴 今まで割と生理痛もなく、生理は安定していたが、ここ半年くらい生理が不定期で安定しない。

基礎体温もバラバラ。仕事の関係で、食事を摂る時間が限られていて、規則正しく食べれていない。めんどうで食べないこともよくある。

エコー検査をすると内膜がかなり薄いと言われ、ホルモン療法と併用して、ぽん鍼灸院での鍼灸治療を始める。

経過 鍼灸治療後、体調が整い、体のすみずみまで温かいとのこと。施術3回目で出血があり、生理がはじまった。

定期的に通って頂き、無月経は改善。約半年後に妊娠がわかった!

→女性のための鍼灸へ戻る

インターネット限定割引

Access|服部天神から徒歩3分!!ぽん鍼灸院
国家資格 保持者による安心施術