【黄体機能不全】症状をチェックして、自分で【食べ物】を改善しよう!

2024年03月9日

黄体機能不全について

 

黄体機能不全の場合、不妊症や流産の原因になりやすいと言われています。

黄体ホルモンの働き

  • 体温を上げる
  • 子宮内膜を厚くしてくれる
  • 妊娠しやすい状態にしてくれる

通常、高温期には体温が高くなりますが、この体温を上げる役割をするのが「黄体ホルモン」です。また、子宮内膜を厚くしてくれる役割もあります。

黄体ホルモンは、女性の身体を妊娠しやすい状態にしてくれるので、黄体機能不全によって、黄体ホルモンが少ない場合には妊娠率が低くなってしまいます。

黄体機能不全とは?

黄体機能不全は、黄体ホルモンが少ない(うまく働いていない)状態です。

黄体機能不全は、基礎体温(グラフ)や月経周期などを見ると、自分でも予想がつけられます

不妊治療をされている方は、基礎体温表(基礎体温グラフ)がガタガタになっていないか、自分でチェックしておきましょう。

黄体機能不全の治療には、病院だけでなく鍼灸も有効ですので、ぜひお試しください。

 

黄体機能不全【自分で症状チェック】

 

自分で症状チェック

自分で黄体機能不全の症状について、基礎体温表(グラフ)を見ながら、下記のチェックがないか確認をしておきましょう。

  • 高温期が10日を切る。高温期と低温期に0.3度以上の差がない。
  • 基礎体温表(グラフ)がガタガタ。
  • 排卵後の基礎体温が低い
  • 月経周期の不規則または無月経がある。
  • 排卵後の高温期が短い。月経周期が極端に短い。(黄体ホルモンの分泌量が少ないと、高温期が短くなり月経周期が短くなる)
  • 「胸の張り、体が熱い」などの症状がない。(高温期によく起こる症状だが、黄体ホルモンの減少により、あまり感じなくなる)
  • 流産を繰り返す
  • 排卵後から月経までの期間に不正出血や過剰出血

当てはまる症状チェックを覚えておく

自分で黄体機能不全を改善していくために、これらのチェック項目を自分で把握しておきましょう。そして、 症状チェックがいくつも当てはまる場合には、一度病院で診てもらいましょう。

 

黄体機能不全の3つの【原因】

黄体機能不全の原因は大きく3つあります。

ホルモンの分泌量の低下

脳の脳下垂体という中枢から分泌される「卵胞刺激ホルモン(FSH)」と「黄体形成ホルモン(LH)」の分泌量低下です。

ストレスなどにより、これらホルモンの分泌量が減ると、卵胞や黄体の発育も悪くなってしまいます。

黄体ホルモンに対する子宮内膜の感受性の悪さ

黄体ホルモンが分泌されると、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜はフカフカに厚くなっていきます。

しかし、黄体ホルモンが正常に働いていても、子宮内膜が正常に反応せずに厚くならないこともあります。

多嚢胞性卵巣症候群などの疾患

卵胞発育不全、高プロラクチン血症など。

 

黄体機能不全の【予防法と対策】

  • ストレス解消。一番大事なのは、ストレスをためないこと。ストレスを溜めすぎると、ホルモンの量に異常が出てきます。
  • 栄養バランス。栄養バランス(食べ物)により、ホルモンの量も増えます。
  • 運動と睡眠。運動と睡眠が身体を健康にし、体内リズムも整い、夜もよく眠れるようになります。
  • 体を温める。体を温めると、血流がよくなるので、脳の血流量も増え、ホルモンもバランスよく分泌されます。
  • 前向きに。黄体機能不全の方は、悲観せず前向きに、生活習慣を自分で改善していきましょう。

黄体機能不全は不妊の原因にもなりえます。しかしお医者さんや鍼灸師と相談して、身体をうまく自分で改善していけば妊娠することもできます。

不妊症の中でも、比較的治りやすいものなので、自分でも努力して諦めずに一歩一歩前進していきましょう。

 

黄体機能不全を【食べ物】で改善しよう!

自分で【食べ物】を改善して黄体機能不全を治そう!

以下、食べ物で黄体機能を改善する方法をご紹介します。自分で改善できることはぜひトライしてみて下さい。

  • 様々な食べ物(バランスの良い)から栄養を摂りましょう。野菜、果物、穀物、タンパク質、健康な脂肪など、バランス良く様々な食べ物を食べることが大切です。
  • ビタミンB群を意識的に摂取する。ビタミンB6やビタミンB12は黄体機能に関与しています。(レバー、魚、ナッツ、種子、全粒穀物など)
  • ビタミンEは黄体機能を改善するために重要な抗酸化物質です。(アーモンド、ひまわりの種、ほうれん草、アボカドなどがビタミンEが多い)
  • 亜鉛は黄体機能に不可欠なミネラルです。(牡蠣、赤身の肉、種子、豆類などが亜鉛が多い)
  • オメガ-3脂肪酸は抗炎症作用があり、黄体機能の改善に役立つ。(サーモン、マグロ、チアシード、亜麻の種などが多い)

これらの食べ物の改善方法を参考にしてみて下さい。

【食べ物改善】で黄体機能をサポート

自分で食べ物を改善して気をつけることで、黄体機能をサポートしていけます。正常な月経周期や妊娠の可能性(妊娠率)を高めることができます。

本格的に食べ物で身体を改善調整していきたい場合には、専門家のアドバイスを受けるのも良いでしょう。

 

黄体機能不全の鍼灸治療

鍼灸治療

五臓の働きを整えて、妊娠しやすい体づくりをしていきます。五臓の中でも肝・脾・腎を中心にバランスを調整・改善していきます。

  • 肝の働きが乱れると…血液の巡りが悪くなり、子宮や卵巣へ十分な栄養が行かず、冷えに繋がります。
  • 脾の働きが乱れると…消化吸収が落ち、婦人科系にも栄養を届けることが出来にくくなり、子宮や卵巣の働きが低下します。
  • 腎の働きが乱れると…子宮や卵巣の機能が低下します。腎は生殖機能に深く関係しています。

この3つの臓器のバランスが乱れることで、妊娠する力が低下してしまいます。鍼灸ではこの3つのバランスを整えて改善することで妊娠する力(妊娠率)を高めていきます。

黄体機能不全の症例 

A.N様 35歳 警備員 結婚2年目 基礎体温がガタガタで高温が続かない。

妊活を二年前から始めているがうまくいかない。クリニックでホルモン分泌のバランスが崩れた状態と指摘される。黄体ホルモンが少ないのでそれを補うように服用。

しかし、対症療法ではないかと、ネットでいろいろ調べて当院へ。対症療法ではなく、体質がしっかり改善するように施術。

食べ物のアドバイスもして、食生活(食べ物の質や量)の改善にも取り組む。お悩みの症状が徐々に減って、毎日快調な日が増えてきた。

施術4ヶ月で、基礎体温が二層に分かれ安定してきた。今後も再発防止で継続施術中。

 

 

どんな相談でも真剣に対応させていただきます

電話予約

LINEで簡単スピード予約

空き時間確認

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

NEWS|大阪府豊中市ぽん鍼灸院

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | 大阪府豊中市 ぽん鍼灸院 2024年07月5日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウント(大阪府豊中市 ぽん鍼灸院)がございます。 2024年06月15日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合(不妊鍼灸)には、24時間いつでもご連絡ください | 大阪府豊中市の ぽん鍼灸院 2024年06月1日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→