自律神経失調症で来院

2015年11月20日

池田市 自律神経失調症 女性 36歳 S.T様

首肩こり、不眠、胃腸の不調、半年ほど前から様々なことに悩まされており、何かできないかと来院。

仕事でのストレスで、胃腸が弱く、あまり食べれず、食べるともたれる。

施術3回目から胃腸の動きがよくなり、楽になった。

施術20回目で眠りが深くなり、肩こりも楽とのこと。ストレスに強くなってきたと話してくれた。

自律神経失調症とは

不規則な生活習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れ、様々な症状が起こります。

内臓や器官の病変によるものではないので、病院で検査をしても「異常なし」と言われてしまいます。

症状は、人によって様々です。

体のどこかが痛くなったり、具合が悪くなったり、精神的に落ち込んだり…。

いろんな症状が絡み合って、症状が出たり消えたりする場合もあります。

なので、治療は、心身両面から柔軟に考えなくてはいけません。また、正式な病名ではありません。

自覚症状があっても、検査で異常が見つからない時には、自律神経失調症と診断されることが多いです。

本来であれば、別の病名が付くはずのものを、安易に自律神経失調症と診断づけるケースも、残念ながら少なくないようです。

癌のような重大な病気を見逃すことにもなり兼ねないので、患者さんも周わりの人も十分に注意しましょう。

不眠から抜け出そう!

夜、寝ているのに、昼間眠くて仕方ないという時はありませんか?

それは、夜の眠りが浅いかもしれません。実は、これも不眠症の一種です。

眠りが浅いと疲労も取れませんし、脳も回復できないので、不眠症を改善しなければいけません。

眠りが浅くなる原因は、昼間に交感神経が働き過ぎてしまって、夜になっても交感神経が働いてしまっているからです

交感神経は、脳や体を活動的に活発に動かす神経なので、交感神経が働いたままになると、不眠症になってしまいます。

交感神経が働き過ぎてしまう原因は、ほとんどがストレスと言われています。

カフェインなども、交感神経を活発にさせます。

不眠症改善の良い方法は

「質が悪ければ量で補う」ということです。自律神経失調症の方やうつ病の方のほとんどが眠りが浅いのです。

つまり不眠症と同じなので、不眠症対策をすればいいわけです。

不眠症による、眠りが浅い方の特徴としては

  • 夢をよく見る。
  • 怖い夢や追いかけられる夢にうなされる。
  • 口内炎、おでき、にきび、目やに、黄色いタンが出る。
  • 朝の目覚めが異常に悪く、朝から疲れている。
  • 低体温、低血圧、低血糖。

お酒の飲み方にご注意

また、お酒は少量ですと、交感神経の興奮を沈め、副交感神経の働きを促し、リラックス出来ます。

その為、少量のお酒でしたら不眠症対策になります。

しかし量が多すぎると、交感神経が活発に働いてしまいます。

不眠症や自律神経失調症の方は、お酒の飲み過ぎには気を付けて下さい。

様々な症状

  • 頭痛、頭重感  耳鳴り、耳の閉塞感  
  • 口の乾き、口中の痛み、味覚異常   
  • 疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き  
  • のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどがつまる 

 

  • 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
  • 息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ  
  • 食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、腹鳴、胃の不快感、
  • 便秘、下痢、ガスがたまる 、下腹部の張り  

 

  • 手のしびれ、手の痛み、手の冷え  
  • 足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく    
  • 多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ
  • 肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない 

 

  • 頻尿、尿が出にくい、残尿管
  • インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ   

 

  • 倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい  
  • 不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む
  • 怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、すぐ悲しくなる
  • ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する

>自律神経失調症の専門ページはこちら