男性の妊活にもおすすめ!

2017年08月31日

男性の妊活にも「はり灸」を!

不妊の原因は、これまで女性側の問題と見られていました。

しかし、近年の研究によって、女性側だけの問題ではないことが解明されました。

男性に原因があるケースは、実に半数近くにも上がりました。「治療は女性が受けるもの」というイメージは、誤解なのです。

妊娠は、精子と卵子が一つになる事で、スタートするのですから、男性側に妊娠を遠ざけてしまう要因があったとしても、何も不思議ではありません。

両方の検査を行うことで、短期間での治療が済むケースもあります。

子宮の前で99%が死滅

1回の射精で放出される精子の数は、約1億個。そのうち、卵子と結合できるのは、たったの【1つ】です。

まず子宮の前で、99%が死滅し、子宮内では、数万個以下となります。さらに、卵子の周囲まで到達できるのは、数万個以下。

卵子に辿り着いた精子は、それだけでパワーがあり、優秀だったということになります。この“全体的なクオリティ”がとても大切です。

全体のパフォーマンスがダウンしていれば、たとえ「対数億」の戦いを勝ち抜いてきたとはいえ、妊娠が継続しにくくなってしまうのです。

10人に1人が、精子に何らかの問題があります。100人に1人が無精子と診断されています。上記の数値を聞くと、少し驚きませんか?

実際に検査を受けた方で、自分がその1人に該当するだろうとは、どなたも予測していないはずです。

早めに精子・精液検査を

多くの方は「自分は何もないだろう、妊活のために検査しておこう」または「自己チェックの一つ」と思って検査し、診断結果によって、はじめて自分の精子・精液に何らかのトラブルがある事が発見できています。

第1歩として、ぜひ早めに検査に目を向けてみてください。

早めに検査を受けることで、パートナーとの話し合いの時間が持てますし、治療の選択もスムーズに運ぶことでしょう。

精子のパワーに深く関係するテストステロン

「精子の力」は、濃度や運動速度(運動率)、活発度などから測定できます。

パワー不足になっている状態では、何個あっても卵子には、たどり着きません

現在、晩婚化が進んでいますが、精子に問題があると指摘されるのは、加齢(高齢)の方ばかりではありません。

  • 年齢に関係がなく、身体の老化現象
  • 仕事面での肉体的な疲れ
  • 人間関係や家庭において精神的ストレス
  • 乱れた食生活や不規則な生活習慣
  • 睡眠不足、運動不足
  • 肥満、痩せ
  • タバコなども要因です。

これらの様々な事が関係していますが、中でも「精子の力」にもっと重要なものが、テストステロン=男性ホルモンと言われています。

テストステロンは、“ライディッヒ細胞”と呼ばれる精巣の精細管の付近から分泌され、精子の産生に関与しています。

テストステロン(男性ホルモン)の減少

一般的に、年齢とともに精子の力は衰え、精液の量も減って濃度も薄くなります。

その要因としては、活性酸素の増加とテストステロンの減少によるものと考えられています。

言い換えれば、テストステロンの減少を改善すれば、精子もどんどん力強くなっていくでしょう。

  • バランスのとれた食事
  • ストレス発散
  • 過度な運動
  • 十分な睡眠
  • 円滑な人間関係
  • 規則正しい生活
  • 健康管理にこころがけましょう!

男性の妊活で評判!

はり灸によって、ストレスの軽減、自律神経のバランスを整え、血流の改善する効果が見込まれます。

気血の流れを改善し、胃腸などの消化器官や生殖器官(精巣)の動きを活発にします。消化器官や生殖器官(精巣)の動きの改善が、精子にも良い影響を及ぼします。

当院でも、夫婦で来院される方が増えてきています。夫婦での治療もすごく良いのでおすすめです。

何か不安な事やわからない事があれば、何でもご相談下さい。妊娠に向けてお力になれたらと思っています!