子宮外妊娠!次の妊娠は出来る!?

2019年03月22日

子宮外妊娠とは?

本来なら、子宮内膜に着床するはずの受精卵が、何らかの理由で子宮内膜以外に着床して、根を張った状態を言います。

ほとんどが卵管で起こります。

まれに、帝王切開などの子宮手術切開のキズ、卵巣、腹腔内、子宮筋肉層で起こることもあります。

  • 以前にも、なったことがある
  • 子宮内避妊装具を使用している
  • 卵管の手術をした
  • 体外受精をした
  • 喫煙している など、

このような場合には、比較的起こりやすいと言われています。

子宮外妊娠と診断されたら?

そのままにしておくと、受精卵が成長して卵管破裂などを起こす可能性があります。

なので、早めに適切な処置を行う必要があります。

※残念ですが、通常その後の継続は、期待出来ません。

もし疑いがある場合には、外来で2~3日ごとに超音波検査と採血を行います。

また、診断・治療目的に手術も考えられます。

例えば、卵管妊娠の場合、赤ちゃんが大きくなると、やがて破裂して出血を起こし、ショック状態となり、命を失うケースもあり得ます。

今後の影響は?

赤ちゃんを待ち望んでいた夫婦にとって、この経験はとてもつらいです。

また、病院で処置を受けた後、「今後に悪影響はないのだろうか」「また繰り返すのではないか」など、体のことが心配になる人もいると思います。

手術の場合は、方法や症状によっても違いますが、4〜7日ほどの入院が必要です。

病状や手術内容にもよりますが、退院した後は、普通の日常生活を送れるようになる場合がほとんどです。

また、適度な運動は、お腹の中の癒着や血栓症を防ぐ為に、大切です。

無理をせず、家族などの周りの人に助けてもらいながら、ゆっくりと日常生活に復帰していきましょう。

また妊娠をするには?

「自然妊娠がしづらくなる」というデータは、今のところありませんので、不安を感じ過ぎないで下さい。

手術で卵管を切除した場合でも、もう一方があれば自然に授かれますし、授かる確率は、ほぼ変わりません。

はり灸がオススメ

予防策はこれ!といったものは、現在ありません。

体を整え、温かいふかふかの子宮膜のベッドを作り、赤ちゃんが育ちやすい環境を整える為に、はり灸が効果的です。

また、受精卵が子宮外に着床せずに、子宮までしっかり運ばれるように、はり灸でサポートさせて頂きたいと思います。

自律神経のバランスを整える

受精卵を子宮に運ぶ作用は、内側にある卵管上皮細胞の繊毛運動や、卵管壁の蠕動運動(ぜんどう運動)によって行われます。

これらの運動を支配しているのが、自律神経なのです。

はり灸で自律神経のバランスを整える

自律神経の乱れによる「子宮外妊娠」は、はり灸でバランスを整えてあげることが大切です。

眠れない、緊張しやすい、暑くないのに汗をかく、胃腸の調子が悪い…。

これらは、自律神経のバランスが崩れているサインかもしれません。

一度経験すると、今後に不安を感じる人も多いと思いますが、一度の経験ですぐに授かりにくくなるというわけではありません

夫婦生活を再開するタイミングについては、医師に相談した上で、パートナーと良く話し合いましょう。

焦らず前向きに、今後の妊活を目指せると良いでしょう。

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

NEWS

TopNews 予約方法について 2021年07月6日

もしネットからのご予約が取りにくい場合には、お電話でのお問い合わせをおすすめ致します。

急遽キャンセルが入り、枠が空いている場合がありますので、

もしお急ぎの場合には、お電話でのお問い合わせをお願い致します。

TopNews 男性不妊ブログを更新しました! 2021年07月3日

男性不妊と診断を受け、落ち込んでいる方、病院への受診は抵抗がある方、

運動率が低い、数が少ない、無精子症など・・・

お困りの方は、ぜひ読んでみて下さい。

→男性不妊ページはこちら

もっと見る→