子宮体がんになりやすい人の特徴

2018年06月20日

子宮体がん

子宮がんは大きく2つに分かれ、「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。

子宮体がんは、子宮内膜がん、とも呼ばれております。子宮内膜(胎児を育てる子宮の内側)から発生します。

最近では、成人女性がかかりやすい病気とも言われています。

※子宮頸がんは、子宮頚部や頸管の上皮から発生したがんで、子宮体がんとは全く異なる病気です。

症状

最もよくある症状は、「出血」です。特に閉経後に、少量ずつ長く出血が続きます。

初期に発見できれば、治療成績が良いので、早期発見が大切です。

なりやすい人の特徴

多くの子宮体がんの発生には、卵胞ホルモンが関わっています。

卵胞ホルモンには、子宮内膜の発育を促す作用があり、この数値が高い方は、子宮内膜増殖症を経て、発生しやすいです。

  • 出産経験がない
  • 肥満
  • 月経不順
  • 卵胞ホルモン製剤の療法を受けている
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 高齢者
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 近親者に乳がんや大腸がんを患った方がいる

などが、主に掛かりやすい人の特徴と言われています。

もちろん、これ以外にも当てはまる特徴は、多々あるので、上記に当てはまっていないからと、子宮体がんに、ならないわけではありません。

不正出血など、少しでも違和感を感じたら、すぐに病院での検査をお勧めします。

予防方法

では、自分でできる予防方法を3つご紹介します。

①食事

普段よく摂取している食事を調べたところ、揚げ物やインスタント食品を、日常よく食べている方は、発生しやすいことが分かりました。

反対に、野菜や豆類を多く摂取する方は、少なかったのです。

肉や魚の摂取量は、子宮体がんとはあまり関係がなく、乳製品もあまり差はないようです。

  • コーヒー1日1、2杯
  • 緑茶1日1、2杯
  • 野菜豆類の摂取
  • 豆乳を飲む

どれも過剰摂取は、控えるべきですが、これらが予防への近道で、インスタント食品や揚げ物の摂取量を控えるようにしましょう。

②適度な運動

子宮体がんに関係のある、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満などを解消するのは、適度な運動が大切になります。

エストロゲンは、脂肪細胞からも作られるので、肥満傾向にあるとエストロゲンが増えて、子宮体がんのリスクに繋がります。

自分の体重を知り、肥満にならないように適度に運動をしましょう。

③低用量ピル

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの両方が入っているので、ホルモンバランスを整えることができます。

そのため、低用量ピルを服用することで、発生リスクを減らせるのです。

医師の指示を守り、きちんと服用しましょう。

はり灸で予防しよう!

はり灸を受けると、免疫機能が強化され、体の回復力が高まり、子宮体がんの増殖を抑制する効果があるのです。

薬物療法も効果的ですが、少なからず副作用はあるので、はり灸を併用し、副作用を軽減させましょう。

また、身体的だけではなく、心身的にも効果がありますので、ストレス緩和やリラックス効果を実感できます。

是非、はり灸を受けて頂きたいと思います。お一人お一人の症状に合わせて施術をしていきます。豊中市でお悩みなら当院へ。