妊娠高血圧症候群の過ごし方

2015年12月2日

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは

妊娠期の主に「高血圧」を示す病気のことです。

後期(8ヶ月)に

  • 尿に淡白が出る
  • 顔や手足にむくみが出る
  • 血圧が高くなる などの症状が出ます。

妊娠高血圧症候群になると、血管が収縮して血液の循環が悪くなり、胎児の発育に影響が出たり、早産や死産になることもあります。

重症になると、胎盤の早期剥離、子癇(全身に痙攣を起こす)などになって、妊婦が死亡することもあり、母子共に大変危険です。

このような方は、妊娠高血圧症候群になりやすい

  • 35才以上の高年齢初産、15才以下の若年出産
  • 初産婦、過去に妊娠高血圧症候群だった人
  • 睡眠不足、ストレスが多い。
  • 太り気味
  • 糖尿病・腎臓病
  • 高血圧の方

対策

  • 日常の生活の中でバランスのとれた食生活や適度な運動。
  • ストレスを溜めない(まじめな人は注意)。
  • 太り過ぎない。太っていると発症しやすいので、妊娠を考えている場合は、その前から、食生活を見直してなるべく標準体重にしておきましょう。
  • 塩分控えめ。予防のために調理は薄味にして、塩分の摂取量を1日7~8gくらいにしておきましょう。
  • 適度な運動。激しい運動を避け、ウォーキングや散歩などの有酸素運動が適しています。
  • 禁煙。絶対禁煙です。深酒もよくありません。
  • 十分な睡眠。

治療法

1番の治療法は、出産することです。「出産は最高のデトックス」と、よく言われます。

妊娠高血圧症候群やHELLP症候群は、出産後は急速に症状が良くなります。

治療の中心としては『安静』と『入院』です。

また、タンパク質や塩分、水分摂取などを考え、カロリー制限をするなどの食事療法も大切になります。

最終的な治療としては、出産・妊娠の中断を考えなくてはいけません。

赤ちゃんの週数が成長に十分ではない場合、妊娠を継続し、その他、母体の状態も考慮しつつ、適切な分娩時期や方法を考える必要があります。

はり灸では

三陰交(さんいんこう)

このツボは、婦人科疾患によく使われます。

しかし、胎児の安定していない5ヶ月未満の妊婦にすると、流産へとつながることがありますので、ご注意ください。

胎児が安定した5ヶ月以降の妊婦にすると、いい子に育ち、安産へと導いてくれます。

お灸の方法

胎動を感じた頃(5ヶ月頃から出産までの間)、左右の『三陰交』にせんねん灸をします。

三陰交の場所:足の内踝の上3寸。頚骨の骨の際。(正しい場所は、お近くの鍼灸院で取ってもらいましょう。)

鍼灸で体調を整えよう!

身体のバランスを整えることによって、様々な症状(つわり・むくみなども)を緩和し、早産や妊娠高血圧症候群などのトラブルを予防します。

  • なかなか赤ちゃんを授かりにくかった人
  • 前回のお産でトラブルがあった人
  • 自然なお産をしたいと願う人

には、鍼灸の併用をおすすめしています。

赤ちゃんの元気な成長も応援します。大阪府 豊中市で 妊娠高血圧症候群なら 当院にお任せを!