妊活中にFSHが高くて困っている方へ

2015年12月21日

FSH(卵胞刺激ホルモン)

病院で「FSHが高い!」と言われたが、一体、何?!

高すぎると不妊症になるの?と疑問に思う方は多いと思います。

高FSHでも妊娠できるケースはたくさんあるので、決してあきらめないでください。

FSHとは?

脳の下垂体から分泌されて、卵巣を刺激して卵胞を育てるホルモンです。

順調に卵が成育すると、FSHの数値が下がってきます。

しかし、老化してくると卵巣の反応性が低くなり、常に大量のFSHで卵巣を刺激しないと、卵胞が育たなくなります

妊娠の適齢期であれば10以下ですが、閉経が近づくにつれて値は上がり、20近くになるとそろそろ閉経となります。

また、大量のFSHで刺激され続けると、卵巣はますます反応が鈍くなります。

※体外受精等で卵巣刺激をしようとする前に、治療(カウフマン療法)をしてホルモン値を下げておき、卵巣の反応性を一時的に回復させる方法もあります。

FSHの数値が高くなる原因

東洋医学では、

  • 加齢による機能低下
  • 普段の生活習慣(お酒、睡眠、疲労、運動不足、ストレス、夜更かし、薬の飲み過ぎなど)

このような日常生活を改善して、身体への負担を出来るだけ取り除いていきましょう。

鍼灸

FSHが高くならないように

FSHの数値が高い程、卵を育てるホルモンが卵巣に届いていない事になりますから、ある程度、数値が低いことが好ましいです。

施術をしていくと、2~3ヶ月の間で、劇的にFSHのホルモン値が下がってきます。

これはFSHがしっかりと卵巣に行き、卵が「順調に発育している」ということを表します。

この状態を維持できれば、妊娠の確率も飛躍的に上っていきます。

また、病院とは違った見方で身体を診ると、意外な原因がわかり、解決策が見つかるかもしれません。ぜひ、はり灸もお試しください。

卵巣機能は年齢とともに低下していき、FSHは自然に高くなっていきますので、とにかく早く対策を始めてください。

 

もっと見る

関連記事

  • 関連記事はまだありません。

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 予約方法について 2021年07月6日

もしネットからのご予約が取りにくい場合には、お電話でのお問い合わせをおすすめ致します。

急遽キャンセルが入り、枠が空いている場合がありますので、

もしお急ぎの場合には、お電話でのお問い合わせをお願い致します。

TopNews 男性不妊ブログを更新しました! 2021年07月3日

男性不妊と診断を受け、落ち込んでいる方、病院への受診は抵抗がある方、

運動率が低い、数が少ない、無精子症など・・・

お困りの方は、ぜひ読んでみて下さい。

→男性不妊ページはこちら

もっと見る→