妊活中にFSHが高くて困っている方へ

2015年12月21日

FSH(卵胞刺激ホルモン)を下げるには?

病院でFSHが高いと言われたが、一体、何?!

高すぎると不妊症になるの?と疑問に思う方は多いと思います。

高FSHでも妊娠できるケースはたくさんあるので、決してあきらめないでください。

FSHとは?

脳の下垂体から分泌されて、卵巣を刺激して卵胞を育てるホルモンです。卵巣年齢が若い場合、反応性が良いので、少ないFSHの刺激で十分に卵胞が育ち成熟します。

しかし、老化してくると卵巣の反応性が低くなり、常に大量のFSHで卵巣を刺激しないと、卵胞が育たなくなります

(生理周期2~3日目のFSH値は、その人の卵巣の働きが良いか悪いかを知る目安になります。)

妊娠の適齢期であれば10以下ですが、閉経が近づくにつれて値は上がり、20近くになるとそろそろ閉経となります。

また、大量のFSHで刺激され続けると、卵巣はますます反応が鈍くなります。

ですから、体外受精等で卵巣刺激をしようとする前に、治療(カウフマン療法)をしてホルモン値を下げておき、卵巣の反応性を一時的に回復させる方法もあります。

数値が高くなる原因

東洋医学では、加齢による機能低下が考えられます。

そしてもうひとつは、普段の生活習慣(お酒、睡眠、疲労、運動不足、ストレス、夜更かし、薬の飲み過ぎなど)です。

このような日常生活での身体への負担を出来るだけ取り除いていきましょう。

さらに、「はりきゅう」などで全体のバランスを整えることで、卵巣の働きが高まり、FSHの改善が期待できます。

東洋医学(はりきゅう)では

検査で、FSHなどの数値の異常が見つかったり、何らかの症状が出るというのは、身体からのサインです。それを無視してはいけません。

不妊治療は、西洋医学だけではありません。東洋医学もあるのです。

また、病院とは違った見方で身体を診ると、意外な原因がわかり、解決策が見つかるかもしれません。ぜひ、はり灸もお試しください。

卵巣機能は年齢とともに低下していき、FSHは自然に高くなっていきますので、とにかく早く対策を始めてください。

妊活なら「はり灸」が得意

健康なカップルが、2年以上普通の夫婦生活を営んでいても妊娠しない場合を、一般的に「不妊症」と呼びます。

最近では、不妊でお悩みのカップルは6組に1組と言われています。原因は男女とも約半々であり、2割程度は原因不明と言われています。

近年では、男女の結婚年齢の上昇から、結婚後、早期に妊活を開始する方も多くなっています。

まずは、病院やクリニックの専門医の診察を受け、原因を調べましょう。

そして、ご夫婦の年齢や生活スタイルの問題、身体の状態を考慮した上で、どのような治療をしていくのかを決めて下さい。

体外受精や顕微授精といった西洋医学の不妊治療をさらにバックアップしていきます。

まずは、体質改善をして、妊娠率を上げたいという方には、東洋医学をうまく併用されることをおすすめします。

体作りは、とても大事です!結局は体作りが妊娠にはに大きく影響します。

病院やクリニックでは、この辺りの事がなかなか手が届きにくいので、「はりきゅう」の施術が大きな支えとなるのではないでしょうか。

不妊症は「冷え」に起因する事が多い

冷えは、あらゆる機能の低下を招きます。

特に女性の場合、骨盤内の子宮や卵巣に「お血」という血液の循環障害を起こしやすくなっています。

お血により、子宮・卵巣へ新鮮な血液や栄養を送り込むことが出来ないと、授かりにくくなります。

また、ストレスも大きな原因の1つになります。

東洋医学では、隅々まで血行を良くし、冷えやストレスによる身体の緊張状態をゆるめます。

骨盤内の臓器の働きを活発にし、自律神経を整え、ホルモンの分泌も活発にし、ふかふかの子宮を目指します

これらの事は、誰にとっても元気な身体を作る上でとても大切です。不妊治療は、身体的、心理的、時間的、金銭的・・・など、ストレスと負担をとても大きく感じるものです。

思い詰めて考えることなく、まずは心身ともにリラックスさせましょう。

当院にお気軽にご相談ください。豊中市で妊活なら 当院にお任せを!

>ホームページはこちら