卵子の質を上げよう!

2022年10月4日

【卵子】は年と共に減っていく

胎児の頃がピーク

卵子は、胎児の頃(お母さんのお腹の中)から、すでに形成されています。その数は、胎児の頃がピークになります。おぎゃあと生まれた時には、卵巣におよそ200万個があります。

しかし、成長と共にどんどん減り、月経が始まる頃には20~30万個に減少します。そして閉経までに、ほぼゼロになります。

通常の排卵で減っていく卵子は、1年に12個前後ですが、排卵以外にも月経の有無に関係なく、毎日約30個の卵子が減っていきます。

38歳頃~減少スピードが顕著

38歳頃からは、卵子が新しく作られるということが無くなり、減少のスピードが顕著になります。

そして、染色体異常の発生率が高くなり、受精後の卵子がうまく育たなくなってきます。妊娠しなかったり流産が多くなってきます。

>妊娠しやすい身体づくり

卵子の質を上げる

残念ながら染色体異常に関しては、これを防ぐ方法はありません。しかし、卵子の質を良くすることはできます!(質が悪くなると、受精や妊娠しにくくなってしまう)

体をより健康にすることで、卵子を妊娠可能な状態に戻すことができるのです。

自分で出来ることは、健康的な食事、睡眠、運動を心掛けたり、卵子が発育する場所である卵巣への血流を促進したりすることです。

卵子は、加齢とともに老化することが分かっています。生活習慣を見直して、卵子の質を上げていきましょう。

受精に欠かせない「卵子の質」を良くすることも、妊娠には大切な考えです。

卵子の質を改善する【呼吸法】

良い卵子を作る【日常ケア】5選

①日光に当たる

ビタミンDは良い卵子を作り、また受精卵を子宮に着床させやすくする作用があります。日光に当たると、ビタミンDが生成されますので、積極的に日光に当たりましょう。

食べ物でビタミンDの摂取が難しい場合にも、1日15分くらい日光に当たりましょう!!夏の暑い時期には、熱射病や体調に気をつけてください。

②ウォーキング

ウォーキングは全身運動なので、血液の巡りを良くしてくれます。できるだけ大股で歩くと、卵巣・子宮への血流も上がるので、非常に効果的です。

全身の隅々まで(婦人科系)、しっかり血流を良くしておきましょう!

手足を大きく振って、骨盤をしっかり動かしましょう!体にとっては、激しい運動よりも、ゆっくり大きく動かす方が◎

気持ち良く伸ばすヨガやストレッチなどの軽めの運動もおすすめです。

③スマホ時間を減らす

スマホは便利な反面、SNSの見過ぎによる体への影響もあります。

心が病んだり、睡眠の質を低下させたりするケースもあります。自律神経が乱れ、卵子の質が低下する場合がありますのでご注意ください。

できるだけスマホの光は、寝る前には見ないように心がけましょう!ホルモンバランスが崩れてしまわないように。。

④甘いものを控える

糖化は、卵巣や子宮の血流低下、卵子の変性や老化の原因となります。加齢に伴う不妊症の原因の一つにもなりかねません。

糖化を減らすためには、血糖のコントロールが大切です。

ストレス軽減のため!と思って食べているつもりが、食べ過ぎると体の糖化に繋がります。
甘い飲み物やお酒もほどほどがベター!!

また、白砂糖は体内でエネルギーになる時に、ビタミンBやミネラルを消費してしまいます。さらに、体温を下げてしまい冷え性の原因の一つになります。

⑤早寝・早起き

規則正しい生活は、卵子だけでなく、体全体が元気になってきます!質の良い睡眠もとても大切です。睡眠時間は7~8時間が理想です。

温かい今の季節は、冬より早起きしやすいので始めるにはうってつけです。まずは早く起きる習慣をつけて、夜は早めに布団に入るようにしてみましょう。

精子とは違い、卵子は生まれたときから体内にあるものです。ぜひ日常から卵子の質を上げるケアを心掛けていきましょう。

出来ることから始めましょう

無理なく継続を

例えば、

  • 仕事で残業…
  • 疲れて帰ってきて、そこから料理をする…
  • しかも、野菜もたくさん摂って、バランス良く…

なんて、毎日できないですよね。。

自炊にこだわらず、「今日はお惣菜を買って帰ろ!そして、早く寝よう!」の方が、ストレスも溜まりません。睡眠時間も確保できて健康的かもしれません。そういう日があっても○

難しくて苦痛が伴うことは、長続きしません。無理なく楽しく継続できることをトライしていきましょう。

男性もぜひ協力を

妊娠は女性だけの問題と捉えがちですが、女性1人だけでがんばるのは、なかなかツライものです。通院にしても、女性側の負担は非常に大変です。

お二人のお子さんです!一緒に協力し合い、無理なく出来ることから実践していきましょう。

男性の生活習慣

BMI 25以上の男性は、精子濃度が低下するとの報告もされています。

精子も生活習慣によって、質の低下がみられます。パートナーの男性も、運動・食生活の改善・禁煙など、できることを始めましょう。

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | ぽん鍼灸院 2024年02月17日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウントがございます。 2024年02月7日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合には、24時間いつでもご連絡ください。 2024年01月8日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→