伊丹市から生理痛で来院

2018年04月6日

生理痛のための鍼灸

伊丹市 36歳 Y.A様 事務員

生理痛がひどく、月1回は仕事を休む。高校生の頃からひどく、長年悩んでいる。

薬を飲んでも効かない日もあり、知人の紹介で当院へ。

冷え性、胃腸が弱い、ストレスが多く睡眠不足が多い。

ハイヒールで足に負担がかかり、素足でスカートをはくので、足が冷える。

身体を冷やす食べ物を好み、生野菜や冷たいジュースも頻繁に飲んでいる。

これらは、さらに身体を冷やし、生理痛をひどくさせている。冷えないようにする為、日常生活をしっかり指導する。

施術3ヶ月後、ストレスや冷えも軽減し、元気に体調が戻ってきた。生理が来ることを悩まなくなり、生理痛が軽減された。

仕事も休まずに行けるようになり、日々楽しく生活が出来ていると喜んでいる。

生理痛

生理痛「生理」と聞くと、憂鬱なイメージが浮かびますか?

近年、生理痛に悩まされている方が増えてきています。体のだるさやPMSなど、多くの方が悩んでいます。

1日で痛みが治まる人もいれば、生理前から不調が始まったり、1週間ずっと続いたり、様々なケースがあります。多くの人は、「仕方のないもの」と諦めています。

なぜ個人差があるのでしょうか?根本的な原因をわかりやすく説明していきます。

生理の状態チェック

健康な生理の状態で、大切な事は以下のポイントです。

  • 痛みがない
  • 経血の色が明るい赤色
  • 経血の量は、多過ぎない(多い日の日中2時間をロングナプキンで過ごせる)
  • 経血がサラサラしていて塊がない

あなたの生理の状態は、どうですか?

生理痛があったり、色がどす黒かったり、量が多過ぎたり、塊が出ていたりしませんか?

他人と比べる機会がないので、健康な状態を知らない人がほとんどです。これを機に一度チェックしてみてください。

主な原因

血行不良

冷え、身体を締めつける下着、細みのジーンズなどの服装、長時間同じ姿勢など、全身の血行が悪くなることで起こります。

キリキリした痛みはプロスタグランジン

プロスタグランジンは、月経中に分泌されるホルモンの一種で、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれる時の経血をスムーズに体外に押し出す働きがあります。

この物質が過剰に分泌されると、下腹部にキリキリした痛みが起こります。

また、頭痛・肩こり・腰痛・冷えやだるさ・胃腸の不調・吐き気を伴う事もあります。

緊張やストレス

精神的なストレスが続くと、ホルモンや自律神経のバランスが崩れて、不快感や症状が強まります。

重い症状の場合には、病気の可能性も

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気があることで、生理痛が強くなっている場合があります。つらいと感じた時は、婦人科で診てもらうようにしましょう。

原因は上記に述べたように、様々ですが、特に大きな要因と言われているのが「血行不良」と「プロスタグランジン」です。

血流が悪いと、子宮筋は十分に収縮できない為、経血を押し出せなくなってしまいます。

そこで、血行を良くするために、血管を拡張するプロスタグランジンが過剰に分泌されます。

血流が悪いため、血液を流そうとして、痛みが起きるのです。

生理痛の原因は、「血流の滞り」と「冷え」

冷えが強く、血が滞りやすい女性は、月経の時に、子宮収縮に必要な酸素と栄養が足りなくなります。

その為、血行を良くするようにプロスタグランジンがより多く分泌され、生理痛が起きているのです。

生理痛の根本は、プロスタグランジンではなく、「血流の滞り」と「冷え」なのです。

はり灸のメリット

はり灸のメリット東洋医学では「冷えは万病の元」と言われています。身体に備わっている様々な機能が、冷えにより低下すると考えられています。

はり灸で、冷えを取り、気血のめぐりを整えて、身体の機能を回復させていきます。

3つのメリット

  1. 鎮痛作用それぞれに合ったツボを使い、身体の中から痛みを止める物質が分泌され、鎮痛効果が期待できます。
  2. 子宮の過剰な収縮を緩和子宮筋の過剰な収縮が痛みを引き起こしています。はり灸は、その子宮の収縮を緩和する作用があります。
  3. ホルモンバランスの調整 はり灸は、ホルモンバランスなどを調整する作用があると考えられています。それによりプロスタグランジンの過剰分泌を抑えます。

養生法をお伝えします

睡眠不足、食生活の偏り、ストレス、運動不足、冷えなど、生活習慣をすべてを変えることは難しいでしょう。

ですが、ほんの少しでも、自分の身体を気遣ってあげるだけで、身体は大きく変わるものです。

はり灸などに加えて、ご自宅や日常生活で気を付けて頂きたい養生法や、ご自宅でのお灸のやり方などもお伝えしていきます。

辛い月経痛でお悩みの方、自分の症状はなかなか治らないと、あきらめずにご相談ください。

伊丹市から生理痛で多数来られています!

>生理痛の専門ページはこちら