自律神経失調症で通院

2015年12月4日

豊中市 自律神経失調症 N.T様 45歳

背中から肩にかけてのこり、息が吸いずらい。吐くことはできる。

病院で検査するも特に異常はない。仕事でのストレスが多い。

家庭でも、子供のことでいろいろ考える事が多く、自分の時間が持てない。

睡眠が不安定で、よく眠れないことがあり、悩んでいる。足の冷えが強い。

最初、週二回のペースで通院。施術8回目でかなり呼吸が楽になり、気持ちの余裕が出てきた。

肩背中の筋肉をはり灸で緩め、呼吸しやすくなるように施術。

施術23回目で、不安が取れ、安心して眠れるまでに快復した。

不眠症の原因は、自律神経

夜は寝ているのに、昼間眠くて仕方ないという事はありませんか?

それは、夜の眠りが浅いかもしれません。

眠りが浅いと疲労も取れませんし、脳も回復が出来ないので、改善しなければいけません。

眠りが浅くなる原因は、夜になっても、交感神経が活発な状態になっている為です。

本来は、夜眠る際に、副交感神経が優位になります。

交感神経は、脳や体を活発に動かす神経なので、あまり優位になりすぎると、不眠症になってしまいます。

その原因は、ほとんどがストレスと言われています。

カフェインなども、頭が活発に働き過ぎてしまいます。

良い睡眠法は

質が悪ければ、量で補いましょう。

自律神経失調症の方は、眠りが浅い方が多いです。

つまり、不眠症と同じなので、不眠症対策をすればいいわけです。

眠りが浅い方の特徴

  • 夢をよく見る
  •  怖い夢、追いかけられる夢などを見る、うなされたり
  • 口内炎、おでき、にきび、目やに、黄色いタンが出るなど
  • 朝の目覚めが、以上に悪く、朝から疲れている
  • 低体温、低血圧、低血糖

お酒に気をつけよう

お酒は、少量なら交感神経の興奮を沈め、副交感神経の働きを促し、リラックス出来ます。

その為、よく眠れますので、少量のお酒でしたら良いでしょう。

しかし、量が多すぎると、交感神経が活発に働いてしまいます。飲み過ぎにはご注意を。

東洋医学では

冷えを取ろう

昔から「冷えは万病の元」と言われていますが、自律神経失調症にも当てはまります。

「冷え」は、人間に本来備わっている自然治癒力を低下させてしまうのです。

自然治癒力は、病気の回復だけでなく、心にも作用します。実は、憂鬱感や不安感からも守ってくれています。

しかし、冷えにより自然治癒力が低下すると、心ももろくなります。

義務感が強く、他人への気配りを重視する人は、とても気を使い、消耗も激しいでしょう。

すると、少しずつ身体に冷えが生じてきます。エネルギーが欠乏し、さらに冷えは強くなります。

自律神経失調症へのはり灸

はり灸では、冷えを取り、自然治癒力をアップさせてくれます。

うつ病などの心の病気も、根本原因は「冷え」です。

冷えを解消する事で、自らの力を最大限に高めていき、根本治療をしていきます。

一度、低下してしまった場合には、ご自身の力だけでは回復が難しい場合があります。

そんな時には、当院のはり灸をご活用下さい。

神経のバランスを整え、身体の症状も緩和されます。精神安定の作用もありますので、大変注目されています。

豊中市 で お悩みなら 当院にお任せを!

>自律神経失調症の専門ページはこちら