薄い子宮内膜を厚くする【運動】ストレッチがおすすめ!

2024年03月3日

薄い子宮内膜を厚くするための【運動】

妊活をしていて、子宮内膜が薄い状態で不安に思っている方も多いと思います。子宮内膜が薄い状態を何とか改善したいから来院しました!というケースがよくあります。

子宮内膜が厚くてふかふかな状態であれば、受精卵も着床しやすくなります。色々な方法があるので、まずは自分にもできる方法で挑戦して頂けたらと思います。

薄い子宮内膜を厚くふかふかにする

妊活中は、薄い子宮内膜を厚くすることが大切です。子宮内膜は一般的に8mmくらいに厚くなっていれば、妊娠に問題ないとされています。理想では10mm以上です。

薄い子宮内膜を厚くするためには、お腹の血流を良くして、しっかり子宮内膜へホルモン(栄養など)を届けることが重要です。

着床しやすくするには、適度な運動が◎

着床しやすくするには【適度な運動】が効果的です。運動をしていくと筋肉量が増え、血流を促進する力が増えます

まずは自分でできる軽い運動から始め、慣れてきたら毎日【続ける】ようにしましょう!おすすめは有酸素運動で、毎日やっても苦にならない程度の軽めの運動がベターです。

それでは、子宮内膜をふかふかに厚くするための【運動】をご紹介いたします。

>子宮内膜をふかふかにするには?

子宮内膜を厚くする3つのおすすめ【運動】

内膜が薄い方は、ぜひ厚くなるように下記の運動を参考にしてみて下さい。着床しやすくなります!

ウォーキング

ウォーキングをすると、下半身の血流が良くなります。下腹部への血流も改善してくるので、子宮内膜が温まって厚くなりやすくなり、受精卵が子宮に着床しやすくなります。

1日30分間を目安に取り入れてみましょう。忙しい方は1日15分でも良いので、こまめに動きましょう。

駅まで歩くようにしたり、帰りに一駅手前で降りたり、エスカレーターは止めて階段を使うなど、無理なく歩くことから始めましょう。体がポカポカになり、子宮内膜にも良い刺激が伝わります。

ストレッチ

骨盤周りのストレッチをすると骨盤の位置が整えられます子宮内膜や卵巣への圧迫がなくなり、子宮内膜がふかふか厚くなります。(着床しやすくなります)

1日10分のストレッチを目安に、お風呂上り(体が温まっている状態)に行うと、血流が良くなり効果的です。子宮内膜を厚くするために、骨盤内の血流を上げていきましょう。

ストレッチのポイントは
  • 呼吸は自然に行い、止めない
  • 寝起きで身体が固い時はストレッチを避ける
  • リラックスする
  • 痛みが出るような激しいストレッチは避ける
  • 毎日少しずつ楽しみながら行う
各部位のストレッチのメリット
  • 肩回りのストレッチは…自律神経のリラックスにつながり、ホルモンバランスが整いやすいです。
  • 骨盤まわりのストレッチは…骨盤の歪み矯正になり、骨盤内の血流が良くなります。良質の子宮卵巣をはじめ、着床しやすいふかふか内膜を目指せます。
  • 下半身のストレッチは…足への血流が良くなり、むくみや冷え対策になります。温かい血液が内膜を厚くするお手伝いをしてくれます。

ヨガ

ヨガは、全身を無理なくゆっくり動かすので、血流が促進されリラックス効果があります。あまり無理なヨガのポーズは避けて、リラックスしながらやってみましょう。子宮内膜に適度な刺激を◎

ホルモンバランスを整えるポーズなどもあるようです。

ヨガのポイントは

  • 勢いをつけて激しいポーズは避ける
  • 寝起きや食後1~2時間は避ける
  • 無理をしない
  • 毎日少しずつ

その他

子宮内膜を厚くするためにも、着床しやすくするためにも、基本的にゆっくりとした運動がおすすめです。子宮内膜が薄い人は、急激に激しい運動は禁物です。

身体にやさしいサイクリング、水中エアロビクス、水中歩行、ピラティスなどもおすすめです。

激しい運動はNG

ハードな筋トレや運動は、身体に負荷が大きくなります。その結果、体内に大量の活性酸素が発生し、卵子や精子の老化を促す恐れがあります。過度なストレッチも×

また身体のエネルギーを消耗しすぎると、子宮内膜を厚くするためのエネルギー不足にもなり兼ねないのでご注意ください。

ハードな運動は、子宮内膜を着床しやすくするには向いていません。

※妊娠の可能性がある場合、流産への危険性もありますので激しい運動(ストレッチ)は避けておきましょう。

頑張り過ぎは注意!

運動をする時間が取れない方は、腹筋や軽いストレッチなど、仕事や家事の合間に行いましょう。

ですが、頑張りすぎは禁物です。子宮内膜をふかふか厚くするために、運動は効果的ですが、「毎日やらなくちゃ!」と思い過ぎるとプレッシャーになり、逆に良くありません。

着床しやすくするためにも無理はNGです。

一日おき、もしくは忙しい日はお休みする等、無理なくトライしてみてください。負担のない範囲で、楽しく取り組めるのがベストです。

子宮内膜が薄い方は、激しい運動(ストレッチ)は逆効果になりかねません。

脂肪について

子宮内膜を厚くするために運動はとても大切なのですが、筋肉量や体脂肪率も妊娠には大きく影響します。ですので、痩せ過ぎていても、太り過ぎていても妊娠しにくくなります

また、筋肉量を増やし過ぎて、脂肪が少なすぎるのも良くありません。脂肪は、月経を起こすのに必要なホルモンを分泌します。排卵の為には、22%以上の脂肪が必要と言われています。

参考にされてみて下さい。

子宮内膜を厚くするために【とにかく続けること】

運動(ストレッチ)を普段やり慣れていない人は、継続が非常に難しいです。三日坊主になってしまっては、もったいないです。

子宮内膜が薄い状態をふかふかに厚くするには、「とにかく続けること」が大事です!なので、無理なくできるように工夫していきましょう。特別な準備は必要ありません。めんどくさい!とならないように…。

習慣化すれば、続けやすいです。

例えば、

  • テレビのCMの間だけ腹筋をする
  • 歯磨きしながらスクワット
  • 食後にすぐに横にならずに、洗い物を済ませてしまう
  • キッチンに立ちながらストレッチ

など生活の中にうまく組み込んで、着床しやすくするために、子宮内膜をふかふか厚くする【運動】を習慣化させてみて下さい。

>子宮内膜をふかふかにする【運動】

どんな相談でも真剣に対応させていただきます

電話予約

LINEで簡単スピード予約

空き時間確認

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS|大阪府のぽん鍼灸院

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | 大阪府のぽん鍼灸院 2024年04月30日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウント(大阪府 ぽん鍼灸院)がございます。 2024年04月17日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合(不妊鍼灸)には、24時間いつでもご連絡ください | 大阪府のぽん鍼灸院 2024年04月8日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→