妊娠しやすい食生活

2023年09月21日

妊娠しやすい【食生活】ポイント3

  1. 3食を規則正しく、様々な食材をバランス良く
  2. よく噛んで食べる
  3. 外食・インスタント食品は控える

これらが妊娠しやすい【食生活】の基本なのですが、今回はさらに詳しくご紹介いたします。

女性ホルモンは何から作られているの?

 

妊娠しやすい食生活を考えるときに、まず大切なのが「女性ホルモン」です。ではその女性ホルモンは、何から作られていると思いますか?

実は、「たんぱく質」「脂質」なんです。→要するに、肉と脂肪です。

  • たんぱく質…代謝を促進し血流を改善してくれる。
  • 脂質…代謝を助ける役割をしてくれる。

この2つは「血の巡り」を良くする以外にも、大切な効果があります。

それは、女性ホルモンの元になるということです。

例えば、月経不順の主な原因は、女性ホルモンを促す刺激ホルモンが減少しているからなのです。

たんぱく質と脂質

若い女性はダイエットしているから、お肉(タンパク質)や脂肪は食べない!と控えている人も多いですが…。実は、女性ホルモンが少なくなり、不妊症の原因になるケースがあります。

ダイエットのために、肉や脂肪を控えても痩せません。むしろ代謝が悪くなり、ちょっと食べただけで太りやすい体になってしまいます。痩せようと思うなら、制限せずに脂肪を摂るべきです!

そして、不妊症の原因は脂肪を控えているからかもしれません。積極的に肉・脂肪を食べましょう!

おすすめの食べ物は?(タンパク質)

肉は、牛肉→豚肉→鶏肉の順に脂肪が多いので、積極的に食べましょう。

魚だと、赤みの多い鮭、マグロ、カツオが良いのですが、赤ちゃんを望んでいるならば、胎児へ奇形リスクになる水銀の多い大型の魚は、極力避けたほうが良いかもしれません。

小型のししゃも、イワシ、サンマなどがおすすめです♪

豆腐、納豆、卵などの植物性たんぱく質も摂り、動物性たんぱく質をバランス良く摂るのが良いです。

赤ちゃんの元になる卵子や精子は、毎日の食べる物から出来ています。脳が働くのも、卵巣が機能するのも、食べ物の栄養のお陰なのです。

>妊活に必要な栄養素(葉酸、鉄、大豆イソフラボン)

卵子の質を良くする食べ物

卵子の質を良くするには、抗酸化作用の高いものが効果的です。まずは毎日の食事で体の基礎を整えて、妊娠しやすい身体を作りましょう。

  • 人参・・・β一カロテンが多く、体内で必要なだけビタミンAに変わります。残りは抗酸化作用を発揮してくれます。
  • トマト・・・リコピンには活性酸素を除去する働きがあり、ビタミンCも豊富。
  • 大豆・・・ミネラルとたんぱく質を効率的にとれ、大豆レシチンは血液のコレステロールをコントロールします。
  • ピーマン・・・豊富なビタミンCが老化や病気の原因になる活性酸素の害を防ぎ、体の免疫力を上げてくれます。
  • りんご・・・抗酸化作用があり、脂肪の吸収を抑え、コレステロール値や中性脂肪値を減らしてくれます。
  • かぼちゃ・・・緑黄色野菜はビタミンが多く抗酸化ビタミンや、強力な抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。
  • かぶ・・・成分のグルコシアネートは血液をサラサラにし、活性酸素を除去してくれます。 

>夏だからできる【妊娠する前】にやるべきこと

ルイボスティーがおすすめ

妊娠前・妊娠中にも◎

妊娠中や授乳中は飲み物に気を遣いますよね。安心して飲むことができることからおススメするのがルイボスティーです。

ルイボスティーの効能・効果は?

  • 冷えの改善
  • リラックス効果がある
  • 美肌効果あり

ルイボスティーに含まれる成分には、神経を落ち着かせる効能があります。

妊活中や不妊治療中は、気が焦ってしまったり、不安になったりすることがあるかもしれません。そんなときは、一杯飲んでホッとしてみませんか。

ルイボスティーに含まれる酵素には、細胞の老化を促す「活性酸素」を抑える抗酸化作用があります。

活性酸素は、シミ・しわ・そばかすといった肌の老化にも関係しているので、飲むだけで美肌効果も期待できます♪

不妊にも効果がある?

不妊症の改善にも期待できます!!

  • 卵子・精子の老化を防いでくれる
  • 女性ホルモンの作用がある

活性酸素は体の様々な臓器だけでなく、卵子・精子の老化も早めてしまいます。卵子や精子が老化すると質が下がり、妊娠率も下がってしまいます。

ルイボスティーに含まれる酵素は、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があるので、卵子・精子が老化するスピードを遅らせてくれます。

ルイボスに含まれる成分は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と同じ作用があります。エストロゲンは、受精卵の着床をしやすいように、子宮内膜を厚くする働きがあります。

毎日飲むものだからこそ、体に良いものを摂りたいですよね。様々な効果があるのでおススメします♪

>薬膳(食事法)&妊活

 

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | ぽん鍼灸院 2024年02月17日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウントがございます。 2024年02月7日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合には、24時間いつでもご連絡ください。 2024年01月8日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→