逆子はお灸で治せ!

2015年12月28日

お灸での逆子治療

今すぐに【お灸】で逆子を治すべき理由

逆子がお灸で治ることをご存知でしょうか?

当院には沢山の妊婦さんが、逆子のお灸で来られています。

ネットや雑誌で有名になってきているのかもしれませんが、とにかくお灸がおすすめです!

お灸で冷えを解消して、体質を変えていく事がポイントです。

施術

逆子の方は、季節の変わり目や、天候が悪く寒い時期に、比較的多いと感じます。

私の経験的には、25~28週くらいが、施術のベストタイミングだと思っています。

週数が進むほど、返りにくくなります。

また、妊婦さんはお腹が大きくなり、体型も変わることから、肩こりや腰痛、むくみなどに悩まされます。

そのような痛みを放っておくと、ストレスが溜まりますし、胎教にもよくありません。

是非はり灸を受けて頂きたいと思います。

当院の施術は、非常に刺激が少なく痛みもないので、妊婦さんから大変喜ばれております。

最短で返す方法

逆子施術のやり方

逆子の施術には、お灸を取り入れていきます。

基本的には、熱くしないようにするのですが、最後にする小指の先の至陰のお灸だけは、多少熱くします。

火傷するほど熱くはないので、ご安心ください。

熱さを感じることで、回転力が生まれひっくり返る、と当院では考えております。

どうしても熱いのはイヤという方には、せんねん灸で代用もできます。

身体のバランスを崩し弱っている場合には、鍼も使って優しく施術していきます。

さらに当院では、日常生活の指導やカウンセリングなども取り入れています、

些細な事でもお話を聞かせて頂ければと思います。

 自宅で出来る事

また、必要であれば、自宅でするお灸の指導も行っております。

回転を促すためには、自宅でのお灸もオススメです。

安産にする為には、自宅での養生が大切です。

冷え防止をしっかりして頂き、ゆったりとした生活を心掛けて下さい。

逆子が治る確率

妊婦の3人に1人が経験があると言われる『逆子』。

WHO(世界保健機関)が、逆子を鍼灸治療の症例の一つとして、その効果を認めています。

全日本鍼灸学会によると、逆子(頭が上になっている状態)における矯正率は、約90%と言われております。

母体や胎児に対する危険性も少ないので、はり灸は大変おすすめです。

治る時

まれに、35週を過ぎて治るケースもあるのですが、基本的には34~35週あたりまでを終了の目安にしております。

やはり、ベストは28週前後かと感じております。

治った時が自分ではわからない場合もあります。

ごろんと回った感覚が無く、いつの間にか回っていたということも多いです。

注意をして欲しいこと

一旦ひっくり返っても、また戻る可能性があります。

治ってからも、しばらく通院を続けられることをおすすめ致します。

せっかく治ったのにまた戻ると、後悔してしまいますので、体調管理の為にも通院の継続をお願いしたいと思います。

当院では、ツボを使った陣痛促進など、安産のお灸も含め、産科治療を総合的に行っています。

豊中市 箕面市  池田市 で 逆子なら当院にお任せを!

>逆子の専用ページはこちら