蛍池で子宝なら当院へ

2015年11月27日

子宝のはり灸について

東西の不妊治療

不妊治療(西洋医学)は、ホルモン剤や排卵誘発剤などを使います。

そして、人工授精や体外受精、顕微授精などの治療を行っていきます。

それに対し、はり灸(東洋医学)を用いて、妊娠を目指す方法もあります。

東洋医学は、身体の根本を整えて、元気で丈夫な身体へと導き、妊娠しやすい体を作っていきます。

東洋のメリット

無理に排卵を促す(排卵誘発剤)ようなものではありません。体への負担が少なく、より自然な形で妊活ができるというメリットがあります。

はり灸では、まず脈、お腹、舌などをチェックし、体質を診ていきます。

冷え性、疲れやすい、めまい、イライラするなど…、自分の抱えている症状や悩みを細かく教えて下さい。

体質診断をしっかり行い、体質に合った施術をしていきます。

はり灸での妊活

はり灸では、血流を良くしたり、エネルギーを補ったり、冷えを取り除いたりしていきす。

そして、体内の「滞りを無くす」ことが、最も重要と考えられています。

冷えを取り除くことも重視され、体の中から温め、子宮・卵巣を活性化させ、元気な卵子が作られるように、環境を整えていきます。

体の中から、授かりやすい状態を作り上げていきます。

さらに、自律神経を整え、女性ホルモンを正常化させ、リラックス効果でストレスも軽減させていきます。

病院だけでなく、はり灸も併用することをおすすめします!東洋医学を活用すると、より早く目的が達成しやすくなるでしょう。

蛍池 子宝の症例

当院には、様々な方にお越し頂いています。ここで少しご紹介いたします。

症例

I.K様 36歳

整体に5年間妊活で通っていたが授からず、当院で体質改善をして、今では2児のママ。

「少し料金が高くても、いい先生にかかった方がいい」とおしゃられていました。

身体の歪みを取り、血流アップで、ホルモンバランスを整えていき、通院5カ月で妊娠。無事出産され、子宝に恵まれました。

鍼・お灸で、自然妊娠に至った方

金銭的に余裕がなかったので、病院と「はり灸」を一緒にせずに、病院は一旦お休みして、はり灸だけで、とりあえず体質改善をしていきました。

ホルモン療法や薬で、ボロボロになっていた体を改善していきました。3ヶ月ほどで基礎体温がきれいになりました。

足先が氷のように冷たかったのに、今ではポカポカ。

子宮の血液循環が改善し、すぐに妊娠。ハリで体質を変える事で、着床や妊娠維持がうまくいきました。

施術を始めて半年ほどで自然妊娠。現在、妊娠中、何も問題なく順調です。

はり灸を始めて5か月で、凍結胚移植で妊娠した方

年齢的にも卵巣機能も内膜も問題なかったので、病院では授かりにくい原因がわからず、途方に暮れていたところ、はり灸を試してみようと思われました。

今まで、三度、胚移植するも失敗続きで、困り果てていました。歩いたり食事改善や生活習慣も、自分なりに努力したもののうまくいきませんでした。

ところが、はりの施術を始めて、ドンドン内膜が厚くなり、生理周期が正常化していきました。

妊活と同時に、肩こりや冷え症もウソのように無くなりました。その後、5カ月で妊娠。現在、二子の子宝に恵まれて育児中。

このような方が当院には来られています。このような言葉を臨床の現場でもらうことができ、こちらも毎日感謝に絶えません。

蛍池 で妊活 子宝なら 当院にお任せを!