猪名川町から妊活で通院

2016年01月21日

猪名川町  妊活 36歳 パート S.K様

  結婚3年目。二人目で悩んでいる。

クリニックでタイミング指導を受けるが、結果が出ない。東洋医学で何か分かるのではないかと当院へ。

末端冷え症。黄体機能不全があり、高温期が不安定な場合が多い。一人目の出産後、冷えがきつくなり、腰痛もひどくなった。

1週間に1度のペースで通院してもらいながら、身体を作っていった。2か月後に陽性反応が出た。

考察

自宅でお灸をして頂き、足の冷えを改善するように、日常生活も改めてもらった。

出産や育児は、過労や睡眠不足などで、体への負担がかかるものです。

時間をかけて本来のコンディションに戻さないといけないが、はり灸により、早く回復をしていった。

下腹部のエネルギーを回復させ、血流を高めるように、施術した。格段に早く妊娠に結びついた。

妊活とお腹の冷え

昔から、「お腹は冷やさないように」と、よく言われています。

子供の頃に「お腹を冷やすな」とお母さんやおばあちゃんに言われませんでしたか??

『お腹を冷やさない』という事は、妊活にはとても大切な事です。

腹部が冷えると、身体中の血流が悪くなり、血液が滞ってしまいます。

血液は、子宮や卵巣に栄養を届ける役割があり、卵を育てたり、排卵させたりするホルモンを助けています。

女性の体には非常に重要なことですから、ぜひ冷え性は治したいです。

また、温め方にもコツがありますので、ここでご紹介します。

常に温め続けると、体が弱くなる?

妊活中の人を診ると、たいがいは、夏でも腹巻きやカイロでしっかり温めて、お腹から汗が滲み出ています。

しかし、これでいいのでしょうか?

今まで、長い間子宝に悩んでおり、温めても結果が出ない方が多くいらっしゃいます。

そこで考えてみてほしいのですが・・・。

外部からずっと長時間、温め続けたら、自力で発熱する力を失ってしまいます。身体が怠けてしまいます。

人間は本当にうまくできていて、温める必要がなくなると、温める機能も無くしてしまい、怠けてしまうのです。

正しい温め方

そこで試していただきたいのが、『お灸』と『呼吸』です。

お灸の本来の目的

それは、温める事ではありません。自分の自然治癒力を活性化させる事が目的です。

子宮や卵巣の毛細血管に行っている神経を刺激して、機能を鍛え直しますので、「温める力を取り戻す」ためにやっていきます。

灸のやり方

艾(もぐさ)を用いて、ツボに温熱刺激を加える方法です。当院では、もぐさを棒状に包んだ「棒灸」を使用しています。

温度調節が可能なので、熱すぎて火傷や水ぶくれになる心配はありません。

跡にもなりませんので、ご安心ください。身体に優しく、気持ちいい熱刺激を与えることができます。

ご自宅でも棒灸や温灸(せんねん灸)を使って、体調のケアをして頂いています。

冷えの強い場所や、効果的なツボに、お灸をすることで、血行促進や妊活などに効果を発揮します。

呼吸は深くゆっくり

深く呼吸すると、横隔膜という大きな筋肉が動き、骨盤に刺激を与えてくれます。

子宮や卵巣にも、適度な圧力が加わりますので、骨盤の中が温まります。

妊活には、もってこいの運動(呼吸)と言えるでしょう。一度カウンセリングにお越しください。

また、体質チェックをすることで、あなたの体に必要な温め方が見つかるかもしれません。

>不妊の専門ページはこちらへ

猪名川町 でお困りなら 当院にお任せを!