パーキンソン病へのはり灸

2015年12月4日

パーキンソン病

パーキンソン病とは、脳が出す「運動の指令」が身体にうまく伝わらず、スムーズな動作ができなくなる病気です。

中年以降に発症することの多い病気です。多くは50~60歳代に症状が出始め、ゆっくりと進行する疾患です。

およそ1,000人に1人の方が発病するという発病率の高い病気で、年を取るに従い増える傾向にあります。

パーキンソン病が起こる仕組み

脳の中脳にある黒質の神経細胞が変性するために、様々な症状が出現してくると考えられています。

この神経細胞は、ドーパミンという物質を脳の基底核とよばれる部分にある線条体に送ります。

このドーパミンは、私たちの体の動きをスムーズに、また俊敏に行う上で重要な役割を果たしていますが、神経細胞の変性によってその量が減少してしまいます。

パーキンソン病の起こる仕組みは解明されていますが、なぜ黒質が障害を受け、数が減り、ドーパミンの量が減少するのか、その原因はまだ分かっていません

典型的な症状

  • 振戦(ふるえ)
  • 筋強剛
  • 動作緩慢
  • 姿勢反射障害(倒れやすい)
  • 姿勢異常
  • 仮面様顔貌  など

最初は、身体の左右どちらかからスタートして、徐々に反対側にも広がっていきます。

またパーキンソン病は、身体的、精神的ストレスで、症状が悪化する傾向があります。

はり灸では

各症状を緩和するための全身治療と、筋強直部への施術を中心に取り組んでいます。

また、発病の過程において、自律神経のバランスが乱れるため、鍼灸によって自律神経を整えることや、免疫力をつけることで、自然治癒力を引き出すことにも努めています。

はり灸により自然治癒力や免疫力が上がると、パーキンソン病の症状が和らぐ効果が期待できます。

なお、施術を行うと、以前より薬の効果が高まり、薬の種類や量が減少していきます。

残念ながら、現在のところパーキンソン病が完治する治療法はありません。

しかし、はり灸により、症状の緩和と抑制、不安による心身のストレスのケアに十分効果が期待できます。

「経絡」と「経穴(ツボ)」により、身体本来の力を蘇らせます。

パーキンソン病の自宅ケア

必要があれば、ストレッチなどの自分で出来る体操もお伝えいたします。

日常生活、食事のアドバイスなども、ご希望があればさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

※体質や出ている症状に、個人差があるように、治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方が、経過が良好です。出来るだけ早い受診をおすすめ致します。

豊中市で パーキンソン病なら当院にお任せを!