PMSとイライラ

2015年11月25日

PMS(月経前症候群)

PMSとは

いつから起きるの?

生理前3日~10日くらいに起こる不快感で、お悩みの女性は非常に多いです。

月経が始まると、不快感は消失してしまうのが特徴です。

月経のある女性の2~5割に見られる、割とポピュラーな病気です。

精神的・身体的症状をチェックしてみましょう

このような症状が毎月あれば、チェックしてみて下さい。

  • イライラする
  • 怒りっぽい
  • 不安になる
  • 落ち込みやすい
  • 抑うつ
  • 興奮しやすい
  • 腹部膨満感
  • 腰痛
  • 頭がズキズキと痛む
  • むくみ
  • 胃がムカムカする(吐き気)
  • ニキビや肌荒れが出る
  • 微熱が続く
  • からだがだるい
  • 胸が痛い、胸が張る
  • 眠気 などです。

PMSは、2人に1人が持っている

PMSは、生理のある女性なら誰でも起こり、症状のある人は2人に1人と非常に多いです。

個人差も大きく、西洋医学では原因が解明されていない為、現在のところ治療も決め手がない病気と言われています。

食事や生活習慣(ストレス)の改善が大切

週に2回ほどの有酸素運動や、質の良い睡眠を心がけることが大切です。

また、ストレスを溜めないように発散方法を持っておくと良いでしょう。

入浴はぬるま湯で、ゆっくり入り、体の芯から温めて下さい。

おすすめ食事法

バランス良く、何でも食べて下さい。

ただし、脂っこいもの・辛いもの・甘いものは、出来るだけ避けた方が良いでしょう。

飲みすぎにもご注意を。

ビタミンB群を積極的に摂りましょう

レバー・魚・納豆など

炭水化物を積極的にとる

玄米・ハト麦・全粒粉のパン・ライ麦パン・パスタが、おススメ

砂糖、人工甘味料などは控える

自律神経の乱れも関係しています。

乳製品・大豆製品・魚類・ナッツ類

おススメですので、ぜひ普段の食事に取り入れてみて下さい。

原因

PMSの原因

原因は、はっきりわかっていません。

女性ホルモンの変動(生理周期)が大きく関わっていると、考えられています。

排卵後から、次の月経までの期間(黄体期)に、プロゲステロンの分泌量が増えることで、

体温が高くなり、水分を体に溜め込みやすく、便秘も引き起こしやすくなります。

そして、妊娠初期と似た症状があらわれ、体調を崩しやすくなります。

これがPMSの原因とされています。

病院では薬(ピル)の処方で緩和を

ピルを飲むと、飲まない状態よりも女性ホルモンの量の「変動」が少なくなります。

ピルは、血中のホルモン量を安定させますので、女性ホルモンの急激な変化によって起きるPMSなどが緩和されます。

精神的にも肉体的にも安定した状態になり、イライラなどの緩和も期待できます。

PMSを東洋医学で改善しよう

個人の体質によって根本原因がそれぞれ異なる

①最も多いのが「肝血虚」のタイプ。

イライラや怒り、肩こり・頭痛・胸が張るなどが強く現れます。

②下腹部の痛みや頭痛などの固定制の痛みが強い人、月経時に血の塊が出やすい人など。

血の流れが悪くなって、塊を形成しやすい「瘀血(おけつ)」タイプです。

③むくみや体重増加、身体が重だるいなど、水の停滞により悪化する「脾虚」タイプ。

④身体全体の気・血が不足し、疲労感・倦怠感・不眠などが出る「腎虚」タイプ。

などがあります。

はり灸が得意とする疾患の一つです。

PMSは、適切な治療をすれば、不調を改善することが出来ます。

じっくり体質を改めていくことが、緩和の近道です。

はり灸をすることにより、冷え、自律神経、内分泌系も調整され、体質が改善されてきます。

原因となるホルモンバランスや自律神経のバランスが回復し、症状が緩和されてくるでしょう。

憂鬱に感じながらも、そのまま生理になり、PMSのことを当たり前と思っている人も多いのではないですか?

毎月のことなので、少しでも軽減されると嬉しいですよね。1人で悩まずに当院にご相談ください!

自然治癒力を高めます

私たちには、ケガや病気になっても、自分で治してしまう「自然治癒力」があります。

転んで作った擦り傷なども、徐々に傷がふさがり、カサブタになって、しばらくすると勝手に治ってしまいます。

風邪も、温かくしていれば、そのうち治ります。

しかし、様々な慢性になり、長引いて苦しんでいる人たちもいます。

そんな方たちは、一体何が違うのでしょうか?

実は、「自然治癒力」。つまり、治る力が弱まっているのです。

そのようなケースには、東洋医学(はり灸)がオススメです。

回復力がアップしますから、自分で治すチカラが強くなります。

ケガや病気だけでなく、PMSや妊活で悩んでいる人たちにも、効果が期待できます。

はり灸は、体質を改善して、自然治癒力を増強してくれます。

つまり、婦人科系も元気になり、授かる力も強くなるのです!

豊中市 PMS 34歳

生理不順があり、周期が安定しない。ピルを4年ほど服用している。

生理1週間ほど前からイライラ、胃がムカムカ、胸が張る、肩こり、頭痛などの症状が出る。いつも鎮痛剤を服用。

眠りが浅く、夜中に途中覚醒してしまう。仕事も体調の影響でつらく、1週間休んだ。

その間に、体調を整えたいと、当院に連絡があった。

寝つきの悪さと、眠りの浅さを感じており、何とかしたい。

最初は週に2回通院で、施術2か月後、生理前の不快な症状(PMS)が減少してきた。

はり灸で、このような効果が出てくるとは、予想もしなかったと喜んで頂いた。

豊中市、箕面市、池田市で PMSなら 当院にお任せを!

>ホームページはこちら