お灸で夜尿症(おねしょ)を改善しよう

2015年11月20日

小児はり

夜尿症(おねしょ)について

実は、私も…“おねしょ経験”であれば、ダレにも負けないくらいあります!ものすごく恥ずかしいのですが…(笑)

小学生の頃には、当たり前にしていました。

なので、おねしょに悩むお子さんの気持ちやご家族の気持ちは、誰よりも分かります!

本人も困っている

  • おねしょは、自分ではどうにも出来ないのです…
  • 恥ずかしい!悔しい!!
  • 家族に迷惑をかけている申し訳なさ
  • 誰にも打ち明けられない切なさ!!

しかし、今なら、はり灸を通して夜尿症が治る!

自分と同じように、夜尿症に悩んでいる子供を助けてあげたい!!という気持ちでいっぱいです!!

原因

動物は通常、膀胱に尿が溜まると、脳が覚醒し、トイレに行きたくなります。

夜尿症の子は、膀胱と脳にかけての伝達が上手くいかない状態、と考えられます。

そこで、「はり灸」をすることにより、夜間のおねしょが少なくなってきます。

おねしょ(夜尿症)は非常に多い

10歳くらいになって、それでも治らないから来院したいという方もおられます。

修学旅行が近いので、急いで治したい… 。

しかし、子供にとっては、そういう状況を作るほうが、さらに強いプレッシャーを与えてしまいます。

そうなる前に、ぜひ早いうちから始めてあげて下さい!!

出来る限り小さい(3~6歳)で開始されると良いと思います。

現代医学でも、根本的な治療法はありません。

おねしょは『病気である』という認識を強く持ち、5歳以上ならば施術に通うべきです。

東洋医学(はり灸)では

身体のバランスを整え、冷えや体の弱りを根本から改善していきます。

心の悩みや不安も取り除いて、本来備わっている自然治癒の力を100%出せるようにお手伝いをしていきます。

ぜひ東洋医学をお試し下さい。

西洋医学との併用がおすすめ!

夜尿症のは、器質的なもの(臓器の問題)が15%、本態性夜尿症(はっきりとした原因が不明)が85%。

つまりは、原因が不明なケースが非常に多いのです!!

ぜひ、夜尿症には「はり灸」をおすすめします。

※お灸を併用するとさらに効果的なので、自宅でのせんねん灸もオススメです。

おねしょ(夜尿症)に対する小児はりの効果

  • 抵抗力がつく
  • 免疫力が高まる
  • 発育が、良くなります
  • 夜泣きなどが無くなり、ストレスが軽くなる
  • 消化機能が高まる
  • 皮膚が丈夫になる
  • 呼吸器が丈夫になる

夜尿症を治すコツ

  1. あせらない…焦っても治りが早くなるものではありません。しっかり治しましょう。
  2. 怒らない…怒れば本人もストレスになり、劣等感が強くなります。叱るのは逆効果。
  3. 起こさない…睡眠リズムが崩れ、ホルモンの分泌や排尿機能の発育の妨げになります。トイレに起こすのは、本当に治ったとは言えません。

豊中市でおねしょ(夜尿症)ならお任せを!

>小児はり専門ページはこちら

おねしょ 11歳 男の子 K.Oくん

小学校の高学年になってもおねしょが治らない。

病院で検査するも、器質的な病気も無く、原因が分からない。

知人から「おねしょには、鍼が良いらしいよ」と聞いて、ネットで調べて、藁をもすがる思いで、来院。

最初、ビクビクと何か心配症な雰囲気で、自信がなく、内気な性格のように感じた。

はりで、身体を整えて、足と下腹部の冷えを取るように施術を行うと、施術3か月ほどで、回数が半分以下になった。

徐々に自信が出てきて、楽しそうな笑顔が増えてきた。

お母さんからも息子が前向きな性格になったと喜んでいる。

半年でほぼ完治し、今まで悩み苦しんでいたのが、ウソのように無くなった。

今まで失敗したら、子供にあたってしまい、子供もつらくストレスを抱えてしまうという悪循環になっていた。

今では、そこから抜け出し、家族みんなが幸せになった。