宝塚市から妊活で来院

2016年01月4日

宝塚市 妊活中 H.N様 38歳

排卵がしにくく遅れがちで、毎回、排卵誘発剤を使用。人工受精は、4回失敗。

次に体外受精をするため、まずは体質改善をしようと当院へ。

現在、約3年間妊活をしている。生理痛、腰痛、下痢、手足の冷え、気持ちが憂鬱。

施術開始3ヶ月後、病院で検査結果がみるみる良くなり、生理も33日周期で来るようになった。

6ヶ月後、ご懐妊の報告を受けた。

妊活に対する鍼灸

不妊症への治療というのは、病院で行っている西洋医学だけではありません。

世界には、様々な医学が存在しており、考え方や治療法は様々で、数え切れないほどあります。

西洋では、体の症状や、様々な検査や画像の結果によって病気を特定していきます。その症状を抑えるために、投薬や手術などを行います。

しかし、症状や病名が特定できない場合には、手が出せません。

そんな時には、東洋医学が強い味方になってくれるはずです。

東洋医学では

その人に現れている症状や状態を、全体的に把握して、病名を特定しなくても、体調を整える事が出来ます。

東洋には、自然治癒力を高めるという考えがあります。自然治癒力を最大限に引き出して、良い体内環境を作っていきます。

一人一人の身体に合った治療法を考え出して、オーダーメイドで行っています。

東洋も西洋も素晴らしい医学です。どちらか一方が正しいとか、優れているとかというわけではありません。

それぞれの良い部分をうまく取り入れれば、さらに効果がアップすると考えて頂ければと思います。

不妊に対してのはり灸の目的

最終的な目的は、『体質改善』です。授かりにくい体質を改善することが重要です。

  • 血流が良くなる。
  • ホルモンバランスが改善。
  • 卵巣や子宮の機能を高め、質の良い卵を作り、卵が着床しやすくなる。

これらを目的としています。

日常生活では

また、妊活がうまくいき、自然に授かりやすく、体が変化させる為には、下記も大切な項目です。参考にしてみて下さい。

  • 規則正しい食生活
  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない。

施術の方法

まずは詳しくお話を聴きます。

お話を聴きながら、これからの方針を一緒に考え、身体の状態を診て施術していきます。

そして、一人一人に合った運動・食事などの生活指導もさせていただきます。

身体の弱りを引き継いでしまう

誰しもが、思い、願う事。それは、わが子の成長や健康です。

元気に病気をせずに、大きくなって欲しいと、切に願うものですが、実際は、なかなかそううまくいかない。

その理由としては、親の健康状態に関係しています。

親の健康状態が悪いと、子供が苦労します。なぜなら、引き継いでしまうからです…。

親の体の弱りが、子供の健康状態に影響してくるのです。

もし、まだ子供を授かっていないなら、一刻も早く、身体を元気にして下さい!

今できる事は、将来の自分の子供のために、身体の弱りを改善し、自分がまずは元気になることです。

早い段階から、自分の体を知り、しかるべき対処をすれば、自分の子供の苦労が少しでも軽減するかもしれません。

私たちは、そのお手伝いを精一杯させて頂きます。

【妊活中】の4つの発散方法

ストレスが身体を硬くさせてしまう

妊活中というのは、どうしてもストレスが溜まりやすいものです。

溜まり過ぎて、爆発しないように、発散法をご紹介いたします。

①休息

リラックス出来る時間を作り、感情を落ち着かせ、心の疲れを癒しましょう。

休みの日は、疲れが取れるまで、のんびりと、しっかり寝ましょう。

仕事に対するストレスが多い方は、適度に休暇を取りましょう。うまく解消できない人は、退職も考えてみましょう。

自分に合った発散方法を見つけ、仕事と上手に向き合っていきましょう。

②親交・娯楽

家族や友人、親しい人と、お茶を飲んだりランチをする。気を遣わない人と一緒に過ごす事が、最も有効的。

ゲームをしたり、好きな物を食べたり、楽しみを通じて、解消するのもOK。

継続してしまうと、肥満などの健康的な問題を生じる場合もありますので、ご注意を。

③創作

絵を描いたり、音楽を演奏したり、料理や日曜大工をするなど、何かを作り出して解消します。

気分をリフレッシュしたいとき最も有効です。

④気分転換

旅行に行ったり、部屋の模様替えをしたり、気分転換を行い解消します。

運動不足になっているなら、筋肉を動かして、身体や心に溜まったストレスを手放しましょう。

日常では、あまりしないことをやってみるのが、最も有効的です。

宝塚市で妊活なら当院へ!

解消法をいろいろご紹介しましたが、人それぞれ、効果的な発散法は違いますので、色々試してみて下さい

また、ついついお酒を飲み過ぎてしまう、買い物ばかりしてしまう、という場合があります。

そのような時には、通常の方法では処理できない「過度なストレス」を抱えている可能性がありますので、ご注意を。

赤ちゃんを作るために、なるべくストレスを溜め込まず、先ほどご紹介したコツをうまく取り入れてみてください。

夫婦でしっかり話し合い、お互いに理解する事も必要かもしれません。。

夫婦がお互いを尊重して、助け合いながら、楽しく妊活を乗り越えていきましょう。宝塚市から妊活で来院多数!

>ホームページはこちら