西緑丘から不妊で来院

2016年12月12日

西緑丘 妊活で来院 G.L様 38歳

結婚9年目。最初の3年は避妊をしており、本格的に妊活を始めたのは、昨年6月から。

一通り検査をしたが、特に異常はない。人工授精3回したが失敗。

今年5月と7月に、体外受精をするために採卵を試みたが、2回とも採卵できず。根本的な体質改善のために、9月から当院へ。

普段は、肩こり頭痛があり、足の冷えが顕著。生理痛がきつく、1日目と2日目が特につらい。

周期は30日、基礎体温は二層に分かれている。

五臓六腑の「肝」を強めるように、はり灸を開始し、肩こり冷えが驚くほど楽になった。体調もかなり良いとのこと。

これから採卵に向けてさらに身体を整えていく予定。ご本人も勇気と自信が出てきたようで、これから楽しみである。

妊活をする上での「3つの大きなカギ」

冷え性の改善

現代の女性に、とても多い冷え性。冷えは、妊活にとって大敵です。

身体が冷えていると、人間の生殖機能が衰えます。血行を良くして、お腹や骨盤周りを温かくしていきます。

血流アップ

血液は、身体の細胞の隅々に栄養を送ってくれる、とても大事な働きをしています。血行が悪い状態では、人間の生殖機能が衰えます。

血流がアップすることで、子宮内の血流もよくなります。

自律神経が整う

不規則な生活やストレスなどで、自律神経は乱れ、生殖機能が低下します。

自律神経が整うと、ホルモンバランスも調整されます。ホルモンバランスが整うと、子宮や卵巣の働きが改善されます。

その結果、月1回の排卵が、正常に行われるようになったり、人工授精を行う人に対しても効果が上がると言われています。

高温期が長く続かなくて、妊娠が継続しづらい人にも、効果があると言われています。

身体の冷えや、自律神経、ホルモンバランスの改善は、妊娠しやすい身体作りの基本になります。

精神的な影響で、ホルモンバランスが崩れる事もあるので、リラックスはとても大切です。

はりきゅうのメリット

最近では、病気や怪我の治癒に、「はりきゅう」や漢方薬をはじめとした東洋医学の効果が見直されています。妊活においても例外ではありません。

西洋医学は、ホルモン注射をしたり、臓器に直接作用するものが中心です。

それに対して、東洋医学(鍼灸)は、身体を根本的に治療して、健康な身体にしていきます。

ホルモンの調子を整えて、生殖機能を活発にさせて、妊娠しやすい身体を作っていきます。

特に「自律神経の乱れ」や、「子宮の血流が悪い」、「正常に排卵しない」、「受精しても着床しない」といった状態に、効果を発揮するとされています。

克服するには、まず良質の卵を作るために、「着床・成長出来る子宮環境」を作るための体質改善が必要です。

西緑丘で評判

東洋医学では、カウンセリングなどによって、原因となる症状や体質から、効果的なツボを判断して、鍼や灸で刺激します。

ツボを刺激することで、人間が本来もっている自然治癒力を向上させ、気になる症状を改善したり、体質を変えたりします。

鍼や灸を、どのように組み合わせるかは、患者の症状によって異なります。

これから、はり灸で妊活をしようと思っているのなら、不妊治療専門という看板をかかげている所がおすすめです。

ネットで探す場合は、「お住まいの地域 妊娠 はりきゅう」 を検索項目に入れて検索してみてください。

もしハリ治療の経験がない方が、初めて行くのなら、しっかりとカウンセリングを行ってくれて、治療方法に定評のある院を探しましょう。

また、脈をしっかり診てくれる所をぜひ探してみてください。西緑丘 で妊活なら 当院にお任せを!

>不妊鍼灸の専門ページはこちら