笑いながら妊活をしよう!

2022年11月8日

【笑う】と体が元気になるんです!

不妊治療中は、「ストレスを溜めないように、楽しいことをしましょう!」とよくお伝えしています。

「笑うと体が元気になる」ことは、実は科学的にも証明されています。

NK(ナチュラル・キラー)細胞、という言葉をご存じですか?!

皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

NK細胞とは白血球の一種で、直訳すると『生まれながらの殺し屋』という恐ろしい名前になります。

全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけて攻撃するリンパ球の一種です。リンパ球の10%~30%を占め、自分以外の細胞を殺してしまうほどの高い攻撃力を持つ細胞です。

これは生まれながらに備わっている体の防衛機構で、自然免疫に重要な役割を担うと考えられています。

しかし、NK細胞は、がん等の悪い細胞を選んで攻撃するのではなく、以前に出会ったことがないような細胞を攻撃するといった初期の免疫反応のため、

この細胞が強すぎると、妊娠を体の異常事態と察知して、赤ちゃんを攻撃してしまい、着床不全や流産の原因になると言われています。

体を守ってくれるとても頼もしいNK細胞ですが、強すぎるのも困りもの…

NK細胞を適性値に保つには一体どうすれば良いのでしょうか。

皆さんには、体を元気にするには常々、冷やさないように、睡眠、栄養、ストレスを溜めない、などをお伝えすることが多いのですが、このNK細胞の場合はもっと簡単なのです。

それはズバリ、「笑う」こと!

吉本興業の「なんばグランド花月」で20歳~62歳の方を対象に、漫才・吉本新喜劇を鑑賞してもらい、その後採血で血中のNK細胞や免疫システムのバランス力を調べたところ、どちらも基準地より低い人は数値が上昇し、初めから高い人は正常値あるいはその方向へと低下するという傾向が報告されています。

「笑い」による刺激が間脳に伝わることで、神経ペプチドという情報伝達物質が活発に生産され、これがNK細胞の表面に付着してNK細胞を活発にさせるためです。

笑うことには、自然免疫力を高める効果が証明されているのです。

誰でも、多かれ少なかれストレスを抱えています。

100年以上前から、不安、悲しみ、怒りという感情が、流産を繰り返すことと密接な関係があることは分かっていました。

そして1954年に不育症の世界最初の論文「ストレスと習慣流産」が発表されました。

その後、ストレスの低下が不育症治療の成功率を上げた例が世界中から報告されていて、動物実験でも立証されています。

ストレスだけが不育症の原因とは言えませんが、ストレスが免疫異常やホルモンバランス異常を引き起こし、不育症、不妊症の一因となることは明らかなのです。

皆さんは毎日どれくらい笑っていますか?

ストレスをなくす、というのはなかなか難しいことですが、「笑う」ことはNK細胞を増やして元気な体を作る近道です。

悩んだり凹んだり、しんどいなぁと気持ちが塞ぎ込みそうな時は、家族や友達と楽しくお喋りをしたり、バラエティ番組や漫才、コントなどを見たり、何か自分に合った方法で笑って過ごす時間をたくさん作ってみましょう。

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 妊娠しやすい性格についてブログを更新しました! 2022年11月25日

妊娠しやすい性格とは何か?どうすれば良いのか?妊娠と性格の秘密について書かれています。

ぜひ読んでみて下さい。

→ブログページはこちら

TopNews お急ぎの場合には、24時間いつでもご連絡ください。 2022年09月20日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウントがございます。 2022年08月23日

こちらから、お友だち追加をお願い致します↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)

②年齢

③ご希望の日時(第一希望、第二希望)

④お悩み・希望メニュー

⑤繋がりやすいお電話番号

お役立ち情報、クーポン、空き状況なども、随時配信しております。

公式LINEで簡単ご予約♪ぜひご活用ください!

もっと見る→