桃山台から妊活で通院

2015年11月30日

桃山台 妊活 38歳 S.T様 看護師

結婚4年目。35歳から妊活を始めた。

3つの子宮筋腫ope後、自然妊娠するも稽留流産、さらに半年後も流産を経験する。

タイミング法、人工授精でうまくいかず、去年2回体外受精するも、流産。

その後、採卵をするがうまくいかず、当院へ。

子宮内膜症もあり、お腹が非常に冷えている。最初の2ヵ月は週二回のペースでしっかり通って頂いた。

今まで相当の苦労をしており、ストレスも非常に感じていた。

施術中は世間話しもしつつ、緊張を和らげて、精神的ストレスを軽減するように努めた。

今まで便秘にも悩まされていたが、徐々に緩和。過去数度の流産の経験から、いつも不安と隣り合わせのような表情。

施術を継続していくごとに、表情も明るくなり、施術が楽しみとの事。

生理が来る度に心が折れそうになるが、私達を信じて通院して頂き、約7か月後、見事妊娠!

妊娠を継続するために今も継続通院。虚弱な体質が徐々に改善され、妊娠力と妊娠継続力が高まり、うまくいった。

元々虚弱でしたが、コツコツ体質を変えていくことで、根本的に元気になり命がバトンタッチされた。

着床障害と妊活

着床障害を引き起こす病気

685487

多くは、子宮環境が整っていないことが原因しています。

ホルモンバランスの乱れや子宮の病気があるために、着床しにくくなってしまいます。

子宮奇形

元々の子宮の形に、奇形があり、着床しにくくなっています。手術で正常な形に戻します。

黄体機能不全

子宮内膜を厚くするための黄体ホルモン(プロゲステロン)が正常に分泌されずに、着床しにくくなっています。黄体ホルモンの値が低い場合は、黄体ホルモンを補充することで改善されます。

子宮筋腫

子宮内の良性の腫瘍で、小さければ着床できますが、大きくなると着床を妨げる原因になります。手術による摘出が必要な場合も。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜の一部がポリープ状になっていて、位置や大きさによっては、妨げとなる場合があるため、切除する場合も。

子宮内膜の癒着

流産時の手術や中絶の際にできた傷、内膜の炎症などで、子宮内膜が他の臓器と癒着してしまうことがあり、着床を妨げてしまいます。

桃山台で評判

939389

検査には、血液検査、超音波検査、子宮鏡検査など、あらゆる角度から子宮の状態を診ていきます。

また、ホルモン分泌に問題があれば、注射や薬でホルモンバランスを改善していくと、着床障害の改善が出来ます。

たとえ何か異常が見つかっても、着床障害を克服して妊娠した方はたくさんいます。

しっかり原因を見つけて、治療していきましょう。あきらめる必要はありません。

桃山台 で 妊活 なら当院にお任せを!

>ホームページはこちら