痔には「はり灸」がおすすめ!

2015年12月2日

痔について

痔とは、排便時に、肛門から出血したり、痛みを伴う状態を言います。痔には、大きく分けて、3つの種類があります。

痔核

いわゆるイボ痔です。

直腸の方にできる内痔核と、痔核が進行すると、それが肛門の外に出てしまうという外痔核があります。

外痔核には、排便時に便器に滴るような出血を伴うことがあります。

裂肛

いわゆる切れ痔です。

便秘のため、いきむ時間が長いと、肛門部に負荷がかかります。

(便が腸内に滞ってしまう状態が長く続くことで、便の水分が奪われ硬い便となり、出にくい状態で肛門を通過します。)

通過の際に、肛門の粘膜が傷つけられて、出血を引き起こします

切れた部分は、排便の度に、また切れやすく、痛みを伴うため、排便そのものを我慢してしまい、さらに便が硬くなってしまうという悪循環になります。

さらに進行すると、傷口部分が潰瘍化してしまいます。

痔ろう

いわゆるあな痔です。

肛門部を便が通過する時、特に下痢においては肛門腺から大腸菌などで細菌感染して化膿する場合があり、化膿が進行するとトンネルが形成され、それが肛門の周囲や直腸に開口し、化膿して膿が出てきます。

膿み・腫れ・痛み・発熱を繰り返し、化膿の範囲が広がると、人工肛門が必要になるおそれが…。

出来るだけ早めに治療することが大切です!

はり灸では

はり灸がとてもおすすめです。手術する前にぜひお試しください。

症状が軽い場合は、手術しなくても大丈夫な場合が結構多いのです。

痔核と裂肛には、特に効果があります。

肛門周辺の静脈は細く、網の目状に細かく張り巡らされているので血流が滞りやすく、『毛細血管に血流障害』が出来ると、痔になりやすいので、血流障害を改善することが大切なのです。

また、便秘が引き金になることも多く、食事内容やストレスも大きく関係しています。

はり灸では、痔の周りの局所の血液循環を改善できますし、便秘の併用治療もできます。

日常生活

基本的には、痔の原因となる生活習慣を改善すること!それが、どの段階であっても、とても大切なことです。

  • 便秘を治す
  • トイレで、強くいきまない
  • 毎日お風呂で、清潔にする
  • 長時間の座りっぱなし、立ちっぱなしは止める
  • 腰を冷やさないようにする
  • 食物繊維や水分をしっかり摂る
  • ストレスを溜め込まないようにする
  • おしり洗浄器付きのトイレを利用する
  • 肛門に負担のかからないようにしならがら腹筋力高める

もちろん治ってからも、再発を防ぐために、生活習慣に気をつけて過ごしましょう。

豊中市で痔なら 当院にお任せを!