吹田市から妊活で通院

2016年02月20日

吹田市 妊活 ゴルフキャディー 38歳 S.A様

結婚3年目。妊活と仕事上のストレスで、困っている。

西洋医学では、原因が分からず、病院ではホルモン剤(排卵誘発剤など)などが処方される。

薬が嫌いで、漢方薬を処方してもらっている。はり灸を併用して、身体作りがしたいと当院へ。

冷え性、胃腸の不調、肩こり、生理不順、生理痛。姿勢が悪いので、少しづつ良い姿勢を心がけてもらう。

施術15回目、基礎体温が上がってきて、冬なのに去年ほどの寒さは感じないとの事。

気分も身体も楽になるので、周りの方にも、はり灸を勧めているらしい。

施術46回目で、見事妊娠の報告を受けた!

排卵誘発剤は連用すると…

排卵誘発剤を使って、体外受精を何度もやっているのに、受精しない、卵子がない、成長してくれない、着床しない。

そういう方は非常に多く見られます。

*排卵誘発剤は、卵子を多く育てます。

しかし、子宮内膜が薄くなる、子宮頚管粘膜も少なくなるなど、妊娠率は下がる事が分かっています。

卵子を沢山育てる為には、必要な場合もあります。なので、仕方がないことでもあります。

また、何回も繰り返すと卵巣を弱らせる事になるので、余計に妊娠しにくくなることも事実です。

いくら卵子の数が増えても、肝心の『質』が悪ければ、何の意味もありません。

したがって、出来るだけ少ない回数で、成功させることが、望ましいでしょう。

はり灸

施術することにより、卵巣・子宮への血流が良くなります。

胚移植の着床率も良くなりますので、体外受精の下準備として、しっかり体を作っていきましょう!

また、病院で処方される排卵誘発剤や他の薬によって、内膜が薄くなったり吐き気や気分が悪くなるといった「副作用の軽減」にも、はり灸がオススメです。

ストレス解消は大切

女性は、過度なストレスを受けると、脳が「女性ホルモン」を抑制してしまいます。

すると、十分なホルモン分泌が出来なくなってしまい、各ホルモンの数値が減ったり増えたりします。

また、自律神経のアンバランスで「ほてり」「発汗」「冷え性」などがあると、さらに血液循環を悪くさせます。

そうすると、骨盤の中の血の巡りも悪くなり、子宮に栄養が届きにくくなってしまいます。

また、女性ホルモンの分泌が悪くなると、自律神経が乱れてきます。

その結果、卵巣機能不全、黄体機能不全などを起こしやすくなります。

妊活中に、このような状況は、特に良くありません。

心身症の場合

精神的な悩みや心身症(自律神経失調症、気分不安症、うつ)などの病気を治療しないまま、妊活を続けている方が多いようです。

しかし、高度不妊医療(体外受精や顕微授精など)を受ける場合、身体的ダメージだけでなく、精神的ストレスも加わります。

そのような要因が、着床・妊娠を妨げてしまいます。また、卵子の発育にも影響を与えています。

当院のはり灸では

心と身体のストレス改善も期待できますので、妊活の為にぜひご活用して頂ければと思います。

さらに、お灸で身体を温め、冷え(手、足、下腹部)の改善にも高い効果が得られます。ストレスや冷え性は、ぜひ改善して頂きたいと思います。

吹田市 で妊活なら 当院にお任せを!

>ホームページはこちら