子宮ストレス&妊活

2015年12月8日

子宮ストレス&妊活

妊活をやっている方で、ストレスがない方はいません!

赤ちゃんを授かって、幸せな家庭を築くためにやっている妊活なのに…。

この妊活が原因でストレスを感じて、さらに自分を追い込んでいることも少なくありません。

もし、なかなかうまく結果が出ず、心身ともに疲れてしまったら、一旦妊活をお休みするのも対処の一つです。

絶対に結果が出るまで、続けなければならないものではありません。

お休みをすると、チャンスを逃してしまうのが怖い…。

お休みした周期に、良い卵が取れるかもしれない…と思うかもしれません。

しかし、長い治療で、薬や注射の副作用、精神的なストレスによる疲労が身体にじわじわ蓄積され、そちらの方が問題となってきます。

その負担が、子宮や卵巣にもじわじわと悪い影響を与えてしまうのです。

思い切ってお休みする

疲れたなぁと思った時には、思い切ってしばらくお休みするのが良いと思います。

疲れが溜まった子宮も休めることが出来ますし、卵巣も休憩すれば、良い卵子が取れるかもしれません。

人は、いつもと違う環境にいるだけでもリフレッシュでき、気分転換した方が、案外良い結果が出たりするものです。

メンタル、身体、金銭的に負担がかかることですので、自分を追い込まず、前向きに、明るく朗らかに前進していけたらいいですね。

気分転換は、子宮筋腫や子宮内膜症の予防や改善にもつながります。

あまり突き詰めない方が良いかもしれません。

下半身(腎)の力を強くしよう

685487

妊娠には、深く『腎』が関係しています。腎が強くなると、ストレスにも強くなります。

この腎を強める方法を知って、ぜひ自宅で、体調管理をしてください。

腎は、下半身を支配しています。ですので積極的に下半身を鍛えましょう!!

下半身を鍛えるために、歩くことも良い方法です。近くへ行くときには、自転車やバイクを使わないこと(笑)

運動としては、スクワットや階段も、少しずつやっていくと良いでしょう。

しかし、無理は禁物です。

無理すると、腎が逆に疲れて、弱ってしまうといけません。

コツコツ身体を動かして、下半身を鍛えていくことで、東洋医学でいう気血津液も滞りなく巡り、ストレスに強い心身が出来上がってきます。

腎の強化には、足の裏を刺激するのも効果的です。青竹ふみは、昔から非常に良い健康法と言われています。

最初、慣れないうちは、タオルを一枚重ねて踏むか、靴下を履いて、青竹を踏むと刺激が緩和され、足裏も痛めにくいのでおすすめです。

豊中市で妊活なら 当院にお任せを!

>ホームページはこちら