多嚢胞性卵巣症候群の症状とは?

2016年04月21日

多嚢胞性卵巣症候群のための鍼灸

多嚢胞性卵巣症候群とは?

女性の20~30人に1人の割合で、発生していると言われています。

卵巣の表面を覆っている膜が厚く、そのために排卵が起こりにくくなり、卵巣内に卵胞が多く作られる状態を言います。

それが妊娠の妨げになることがあります。

超音波画像では、卵巣の皮膜に沿って卵胞がネックレスのように繋がって見える「ネックレスサイン」という特徴的な所見が見られます。

まるで真珠のネックレスのように見られることから、そう呼ばれています。

原因

はっきりとした原因は、わかっていませんが、一般的には下記のように言われています。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 卵巣の機能低下
  • 肥満
  • 遺伝
  • 自律神経のバランスなど、様々です。

症状が悪化すると、排卵障害などの不妊症の原因になるのでご注意ください。

判断基準

  1. 月経異常がある。(排卵が減少、または起こらない等)
  2. 血液中の男性ホルモン量が高くなる。
  3. エコーで多嚢胞性卵巣が見られる。

※多嚢胞性卵巣が見られても、月経異常やホルモンの異常を伴わない場合は、多嚢胞性卵巣症候群としては診断されません。

症状

1.生理不順

無排卵、または排卵が遅れる事により、生理不順を引き起こす。

2.不妊症

排卵ができない事で、妊娠しづらい状態となる。

3.肥満

内分泌バランスの乱れによって、インスリン抵抗物質が影響し、肥満になる可能性がある。

4.多毛・ニキビなど男性化の傾向がある

内分泌バランスの乱れで、男性ホルモンが増加しやすくなります。

  • 多毛
  • ニキビ
  • 声の低音
  • 胸が小さくなる
  • 声が低くなる
  • 筋肉が増える などの男性化。

5.黄体機能不全

排卵・ホルモンの分泌が不安定になり、黄体機能不全を引き起こすことがある。

はり灸では

はり灸卵巣の機能低下により、卵胞を上手く育てられない状況です。婦人科では、よく聞く疾患名です。

この疾患も、はり灸の得意とする分野です。

卵巣は、五臓六腑の中の「肝」に属します。

肝」は、「血を臓する」と言われ、女性の生理周期や生殖機能に、とても重要です。

「肝」が弱っている人や、他の五臓(脾・肺・腎・心)とのバランスを崩している人には、鍼や灸を用いて、気血(エネルギー)の調節をして、体を整えていきます。

瘀血(おけつ)と痰湿(たんしつ)

多嚢胞性卵巣は、東洋医学でいう瘀血と痰湿によるものと考えます。

「瘀血」⇒血の流れが、悪く滞った状態

「痰湿」⇒水分の代謝が、悪く滞った状態

施術では、体を温めて代謝を上げ、リンパの流れを良くします。また、自律神経やホルモンバランスを整えていきます。

体に感じた不調は、早期に対処することが、望ましいと思われます。

しっかり身体を作って、授かりやすい体質を目指しましょう!

豊中市で お悩みの方は、当院へご相談ください。

>多嚢胞性卵巣症候群 専門ページはこちら