伊丹市からPMSで来院

2018年02月21日

伊丹市 PMS 看護師 37歳 S.F様

生理前の頭痛、腰痛、肩こり、腹痛、イライラ。4~5年から生理前の不調がひどい。

ひどい時は、仕事を休む日もある。ピルを服用していたこともある。まれに強い頭痛がある。

漢方薬やサプリ等、今まで色々試みたが、結局解決できなかった。ネットで当院を見つけ、通院することになった。

最初、週2で通院してもらう。骨盤内血流の改善のために、腰、腹部を中心に灸で温める。

施術4ヵ月で、PMSが軽減し、生理前の頭痛、腹痛、腰痛が半減した。

施術半年で、生理前も快調で、仕事に集中できる状態になり、日常生活も今までにないほど良い状態になった。

夜勤は少ないものの、やはり仕事がハードなので、調子が良いようだが、二週間に一度のペースで、これからも通院を指導。

PMSとは

個人差はありますが生理になると、身体の違和感や不調を感じる方も多いです。

始まるおよそ2週間前の黄体期に出てくる、心と身体の様々な不調のことをPMS(Premenstrual Syndrome)と言い、日本語では月経前症候群と言います。

症状

  • 胸のハリや痛み
  • むくみ
  • 便秘
  • にきび
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 眠気
  • 集中力低下
  • イライラ
  • 情緒不安定など。

原因

ビタミンやミネラルの不足

ビタミンやミネラルが不足すると、体内に栄養が行き届きません。

脳内物質の低下

排卵後、卵胞ホルモンの分泌の減少により、セロトニンという喜びを感じるホルモンが低下し、気持ちが下がってしまう。

黄体ホルモンの影響

排卵から生理前に分泌される黄体ホルモンによって、水分代謝に影響し体調が不安定になる。

PMSの症状が強い人の特徴

症状が強い人の特徴ストレスや疲労が溜まると、症状が強くなります。

特に、現代の働く女性は、仕事量・残業・家事との両立などで負担がかかります。

心の負担は、気が付かない間に溜まってしまいます。実感はなく、刻々とストレスは積み重なっていきますので、ご注意ください。

環境に変化がある

結婚・離婚・就職・転職・転居など、環境が変化することで、今までの生活リズムが崩れてしまいます。

現在の環境に馴染めないと、ストレスが溜まります。徐々に現在の環境に慣れて、生活リズムを取り戻しましょう。

几帳面で真面目

几帳面で真面目な人は、細かいことも気になる性格です。

仕事などで、辛いと感じても吐き出せずに、自分自身の中で、気持ちを閉じ込めてしまい、我慢してしまう人が多いです。

性格なので難しいかもしれませんが、気持ちをおおらかに保ちましょう。悩んだり考え込んだ時は、大きく深呼吸をしてみましょう。

家族や友人に話すだけでストレスは減ります。PMSのある人は、特に一人で抱え込まないようにしましょう。

暴飲暴食や食生活の乱れ

バランスの悪い食事は、ビタミンとミネラルの低下の原因です。

またお酒やたばこ、甘いものを好む人も、出来るだけ控えめにしましょう。

1日3食、バランスよく食事を摂りましょう。栄養が偏らないようにしましょう。

PMSをはり灸で軽減させよう

症状をはり灸で軽減症状を軽くさせるには「はり灸」がオススメです!

薬での治療もありますが、出来るだけ薬に頼らずに、自然な形で軽くさせたいと思います。

「はり灸」では、自律神経を整え、内分泌系の機能も調整しつつ、冷えの改善も見込めます。

1回の施術でも効果はありますが、継続的に受けることで、体質改善に繋がり、様々な不調も改善されます。

女性の体をゆくゆく考えていくと、妊娠・出産・更年期を良い状態で迎える為にも、継続的な施術をお勧め致します。

鍼やお灸は、リラックス効果がありますので、身体だけでなく、心の不調も改善され、日常のコンディションが良くなります。

日々の仕事や家事にも負担を感じにくくなります。気持ちいい鍼とお灸で、PMSを軽減させて、楽しい毎日を過ごしましょう!

そして、本来の女性の健康的な身体を取り戻しましょう!伊丹市で PMS なら、当院へ。