不妊治療の悩みについて

2022年09月14日

悩み

妊活中の方は、皆さんそれぞれ色々な悩みを抱えていらっしゃいます。

悩みはストレスとなり、不眠、肌荒れ、疲れやすいなど、色々な体調不良を引き起こし、それがまた更にストレスを増やすことにも。。。

ですが、不妊治療の悩みは、親や友達、周囲の人たちにもなかなか相談しにくいものです。人に話せないと、自分の中で抱え込んでしまって、とてもしんどくなってしまいます。

費用について

大きな悩みとしては、やはり費用の問題です。

今年の4月から不妊治療の保険適用が始まりました。以前より少し助かりますが、特定不妊治療費助成事業は廃止されましたので、金銭的負担はあまり変わらないとも言われています。

高額医療制度や医療費控除を利用して、少しでも費用を軽減しましょう。

※当院の治療も医療費控除適応ですので、領収書が必要な場合は受付にお伝えください。

仕事との両立

また、ほとんどの方は、仕事をしながら不妊治療をしています。

不妊治療と仕事を両立するには、

  • 通院が必要だが、仕事を休みにくい。
  • 通院のための費用が必要なので、仕事は辞められない。
  • 仕事のストレスで身体が疲れて、妊娠しにくくなる。

といった問題が出てきます。

厚生労働省の「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題ついての総合的調査報告」によると、仕事をしながら不妊治療をした人のうち34.6%が「仕事との両立ができなかった」と答えていて、不妊治療経験者の6人に1人が両立できずに仕事を辞めています。

 仕事または不妊治療を辞めたり、働き方を変えた理由は、「精神面で負担が大きいため」「通院回数が多いため」「体調、体力面で負担が大きいため」とあります。

スケジュール調整が難しい

また、通院のスケジュール調整が難しいというのも理由の1つです。

検査結果によって、採卵や移植の日が予定より早くなったり、予定していた日が延期になったり、さらには薬の副作用で体調を崩すこともあります。

治療期間が長くなるほど、仕事への影響や周囲への気遣い、プレッシャーなども感じてしまいます。

近年では、不妊治療に理解のある会社や制度もできてきています。勤務先で使える制度がないか確認しておきましょう。

上司や同僚に話せるようであれば、不妊治療中であることを伝えておくのも良いかもしれません。

また、病院選びの時は、勤務先に近い病院や、早朝や夜間診療のある病院だと通いやすくなります。

そして、不妊治療を始めると、以前と同じようには働けなくなることが多いので、何を優先すべきかをよく考えることも大切です。

その他のサービス

民間の「不妊ローン」という、不妊治療を対象とした銀行や保険会社のサービスもありますので、利用してみるのも一案です。

解決方法

色々悩んで考え込んでしまうと、頭の中も混乱してきます。そんな時は悩みを書き出す方法も、頭と心を整理するのにとても有効です。

悩みの原因が、費用なのか、時間なのか、気持ちなのか、分類して可視化できるようになるからです。

そして、それぞれの解決方法を、パートナーと相談したり、話せる人に話してみましょう。もちろん当院でも、遠慮なくお話ください。

「人に話すと楽になる」というのは、思っている以上に本当の事です!

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 睡眠と妊活についてのブログを更新しました! 2022年09月22日

元気な体を作るために、大切な事は何か?どうすれば元気になるのか?睡眠と栄養について等が書かれています。

ぜひ読んでみて下さい。

→ブログページはこちら

TopNews お急ぎの場合には、24時間いつでもご連絡ください。 2022年09月20日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウントがございます。 2022年08月23日

こちらから、お友だち追加をお願い致します↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)

②年齢

③ご希望の日時(第一希望、第二希望)

④お悩み・希望メニュー

⑤繋がりやすいお電話番号

お役立ち情報、クーポン、空き状況なども、随時配信しております。

公式LINEで簡単ご予約♪ぜひご活用ください!

もっと見る→