潰瘍性大腸炎&クローン病(難病)

2015年12月4日

潰瘍性大腸炎&クローン病(難病)

潰瘍性大腸炎とクローン病は、大腸、小腸の粘膜に慢性の炎症、または潰瘍を引き起こす原因不明の疾患です。

若者に好発し、潰瘍性大腸炎とクローン病は、難病に指定されています。

病院での潰瘍性大腸炎&クローン病の治療は、薬物療法がほとんどですが、治らないと諦めることはありません。

クローン病でお困りであれば、当院のクローン病のはり灸をおすすめ致します。お気軽にご相談ください。

症状

  • 腹痛(常にお腹の調子が悪い
  • 下痢(電車やバスに乗るのが怖い
  • 血便
  • 体重減少

このような症状があれば、すぐに声をかけて下さい。

クローン病の原因

食生活、生活習慣、ストレスなど様々だと思いますが、薬物療法も、長年続けると冷えの要因になり、逆に治りにくくなります。

潰瘍性大腸炎&クローン病は、炎症性腸疾患と言われています。

腸が炎症を起こすということは、その背景には、深い冷えがあるという証拠でもあります。

冷え過ぎた結果、体が熱を作って炎症を起こしているのです。背景にあるこの深い冷えを改善する事が大切です。

当院では、東洋医学を用いて、体の深部の冷え(特に腸の冷え)を取り除いていきます

根本的な改善をしたい方は、当院までお気軽にご連絡ください。

潰瘍性大腸炎の症例

豊中市 34歳 女性 S.A様

三年前に潰瘍性大腸炎と診断。

肉や脂物の食事が多く、飲酒も毎日、甘いものも大好き。体重は100キロ近い。軟便、水様便、下腹部に違和感、足がほてる。

仕事がなかなか継続できず、長く働くことができない。仕事を楽しく出来ずにいることがストレスとなっている。

最初は、週に2回の頻度で来てもらう。

食生活がかなり乱れているので、食事指導をして、極力脂っこいものや甘いものを控えてもらう。

1か月後、便の調子がよくなり、軟便、水様便がかなり軽減する。腹部の違和感も感じることが減ってきた。

通院3か月でほぼ便の症状は無くなり、病院でもびっくりされる。

始めは、ご本人が「鍼で良くなるのかな?」と半信半疑であったが、今では本当に身体が良くなっていくのを感じられているとのこと。

もっと早く鍼灸に出会えたら良かったのにと、感謝を伝えられた。

体調が良くなり、仕事も自分に合った所を探し、うまく就職することが出来た。

以前よりもストレスを感じることが少なくなり、気持ちよく働けていると連絡があった。

現在、2週に1回、体調維持と管理の為に通院継続中。

豊中市 池田市 箕面市 で 潰瘍性大腸炎 クローン病 なら当院にお任せを!