おりもの

2019年07月1日

おりものとは

女性の膣や子宮からの分泌物が、膣外に流れ出てくるもので、帯下(たいげ)とも呼ばれています。

出ていると、何か病気なのでは?と焦ってしまいがちですが、病気ではありません。

何かしらプレッシャーを感じたり、病気や抗生物質を服用している時などには、よく量が増えますが、正常なので心配はいりません。

また、排卵期に卵の白身のようなおりものが増えますが、これは女性の身体が妊娠しやすい時期を表すものですので、当たり前の生理現象です。

月経前、妊娠中にも増えることがあります。

おりものの色

先ほど、病気ではないので、安心してくださいと言いましたが、全てが正常というわけではありません。

色によっては、病気の前兆を表しているので、気を付けましょう。

正常なケースと、何かしらの異常が疑われる色を紹介します。

透明・白に近い透明

これが、基本的に「正常な色」と言われています。

正常な色は、個人差はありますが、基本的には「透明に近い」か「白っぽい」です。

下着について乾燥すると、少し薄黄色にもなりますが、特に問題はありません。

膿性黄白色・黄色・緑色

白血球や細菌が多く混入していると、膿性黄白色・黄色・緑色になります。

腐ったような悪臭を伴うような時は、黄色が増えます。

また、外陰部がかゆい時はトリコモナス膣炎が考えられます。

これはトリコモナス原虫という寄生虫の一種により、多くは性交渉で感染します。

症状が進むと緑色になったり、泡が混じり、痛みも生じます。

黄色の量が増え、発熱や下腹部の痛みが伴う時は、内膜炎や卵管炎が疑われます。

緑色で下腹部が痛む時は、カンジダ膣炎の可能性が考えられます。

これらは初期には、ほとんど自覚症状がないので、よく注意しましょう。

茶褐色

茶褐色や赤色は、血が混じっている可能性が大きいです。

老人性膣炎も、血が混じることがあります。

悪臭がするときは、子宮頚部、体部がんの可能性も。

自分でできる「おりもの」解消方法

増えてしまったら、自分でできる解消方法を試しましょう。

  • ストレスを減らす
  • リラクゼーションを受ける
  • 通気性のよい下着を着用する
  • 下着をこまめに履き替える
  • おりものシートを使用する(シートに付いたまま長時間いると膣炎などの炎症を起こすので、こまめにシートを張り替える)

自分で少しでも解消し、それでも量が減らない場合は、病院に受診しましょう。

はり灸で予防しよう!

婦人科に行くのは少し抵抗が…という方は、はり灸がオススメです!

免疫が強化され、自然治癒力を復活させ、全身の血流を良くする効果があるのです。

また、はり灸には、身体だけではなく、メンタルにも効果的です。

日常のストレスやプレッシャーでも症状は、悪化します。

当院では、一人一人の患者様の症状に合わせて、施術をします。

どんな小さな事でも、お気軽にご相談ください。豊中市から来院多数。