焦って移植していないでしょうか?

2022年06月16日

4月から不妊治療として多くの方が高度医療をされていますが、

体外受精は、身体への負担が非常にかかります。
 
皆さんは体外受精に進んでいるのに、
前と同じ生活をしていないでしょうか?
 
採卵でお腹が疲れてしまっているには、焦って移植していないでしょうか?
 
自分に優しく、体調を整えることが、
本当の意味で赤ちゃんに優しくしてあげることに繋がります。
 
「早くしなきゃ!」と焦っていたり、イライラや不安になり、
ネガティブなサインが出ていたら、
「ちょっと頑張りすぎているかも、」と気が付くこと。
 
それがとっても大切です。
 
なので、自分で体調を見てみましょう!
自分に出ている症状、感情、睡眠、便通、
 
全て自分の状態に気がつけるサインになります。
見逃さないように!
 
病院では採血、その他検査、投薬、と次から次へと進んでいくため、
 
体の状態がそれらに適応できるか?までは、
見てもらえない場合がほとんどです。
 
 
 
体外受精での身体の消耗といえば、
  • 採血
  • お薬
  • 刺激を伴う検査
  • 採卵手術
  • 不安 など
 
 
普段の生活でも身体を消耗します。
 
  • 生理の出血
  • 忙しすぎること
  • 睡眠不足
  • 気を使いすぎること
  • 身体に優しくない食事
  • リズムに合わない生活
 
などなど
 
妊娠を望むのなら、
この辺りには特に気を付けたいところ。
 
そして、体外受精は身体の消耗が激しい!
 
しっかり対策をしてトライしいていかれると、
良い結果に繋がりやすくなります。