妊娠判定までは高温を維持させよう

2016年03月17日

妊娠を維持させるには

着床から妊娠判定までは高温を維持させよう

高温が維持できずに、子宮内膜が薄い人というのは、「着床しにくい」と言われております。

しかもそれだけでなく、実は「妊娠の継続」も難しくなってしまします。

内膜の厚さが「8mmある人でも、44.9%しか出産にいたらない」というデータがあります。

陽性判定が出たとしても安心できません

妊活中で、着床はするが妊娠まで至らない、または判定が出た後、流産してしまう(不育症)という人もおられます。

当院での不妊施術では、この様なケースへのサポートもさせて頂いています。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、子宮内膜の厚さを増し、高温を継続できるように施術していきます。

着床、妊娠、出産、さらに産後までサポートしていきます。

今の状態によって、施術内容が変わる

今の患者様の状態に合わせた施術が可能で、その状態によって、内容は変わってきます。

患者様が、着床~妊娠判定へと確実に進んでもらうために、

タイミング療法をされている人→ タイミングを計った翌日

AIH(人工授精)やIVF(体外受精)をされた人→ 実施したその日、もしくは翌日に「はり灸」をさせて頂きます。

そして高体温が継続できるように、体調を整えていきます。

足浴で不妊体質を改善し、妊娠力を上げる

足浴は、よく体に良いと言われますが、不妊治療にも効果を発揮してくれます。

足と身体の冷えを改善して妊娠力を高めましょう。不妊症の方の95%以上は冷えの症状を持っていると思われます。

冷えは、不妊症の原因で、一番多いと思われますが、なかなか治りにくいのが現状です。

まず一番は、「冷え」を取る事が大切です。冷えと戦わなければいけません。

「冷えは万病の元」と言われいます。特に、お腹、足の冷え、鼠蹊部の冷え対策は重要です。

骨盤内にある卵巣や子宮が冷えると、血流が悪くなって、排卵や着床がうまくいきにくくなります。

自宅でのお灸や足浴がおすすめ

足浴を100時間すると、体質が変わるとも言われています。コツコツやってきたことは必ず結果が出ます。

日々のケアで、授かりやすい体質に変わっていきます。皆様もぜひ足浴を行い、妊娠しやすい体質に変身してください。

このような方は、ぜひ鍼灸を受けてください!!

  • 採卵しても受精してくれない
  • 何度も体外受精をしているのに、うまくいかない
  • 受精しても育ってくれない
  • 胚移植しても、着床してくれない
  • 流産してしまう

元々、妊娠しにくい体質であれば、何度も体外受精をしても、授かりにくいです。数を打てば、当たるわけではありません。

まずは基礎作りを

時間がないのもわかりますが、思い切って、まずは体質を改善して、基礎となる土壌づくりから始めてみませんか?

必ず確率が上がります。 継続率も上がります

心身共に苦痛を強いられ、経済的にも負担がかかってくる体外受精を、何度も繰り返す前に、ぜひはり灸を試してください!

また、AIH、IVFも、体調や基礎体温、子宮内膜の厚さなどを確認して、タイミングなどをお伝えしていきます。

ただやみくもに、AIHやIVFを繰り返しても、授かるための体ができていないと、うまくいきません。

それだけでなく、子宮や卵巣を痛めてしまい、余計に授かりにくい体になってしまいます

AIH、IVFをする予定の方には、事前に今の状態をご説明した上で、最大限サポートをさせていただきます。豊中市から来院多数。

小児(子供)アトピーには、はり灸を

2016年03月14日

小児(子供)アトピーについて

子供は、特に夜中に掻いてしまっています。朝起きると、皮膚が傷だらけで、ボロボロ…。

アトピーのお子さんを持つご両親は、よく分かるのではないでしょうか。

毎晩、親も子も「寝不足」状態が続いてしまいます。肉体的にも、精神的にも疲れてしまいます。

今回は、子供に掻かせない工夫や、夜中に熟睡してもらうコツなどをご紹介します。

夜中に熟睡してもらうコツ

手にミトンをかぶせる

夜中は、無意識のうちに強く掻きむしっていることがあります。アトピー専用のミトンなども、ぜひ活用してみて下さい。

爪をこまめに切る

三日に一回くらいが目安で、爪を短く切っておくだけで、掻いてしまった所が傷つかずに済み、出血も避けられます。

爪を切ったところが鋭くなると、逆効果なので磨いておきましょう。

砂糖(上白糖)を控える

砂糖は、吸収が早く、血糖値が一気に上昇します。

急激な血糖値の上昇によりインスリンを分泌させ、それが「かゆみ」を増化させる事があります。

夕飯後の甘いデザートやお菓子は、アトピーには、大敵です。出来るだけ控えましょう。

上白糖を「オリゴ糖」や「てんさい糖」に、変えてみることもおすすめです。

布団は薄く、少し寒い程度に

元々、子供は大人よりも、体温が高いものです。

暑いと、起きてしまう原因になる場合がありますので、布団は、薄めで「ちょっと寒いかな」ぐらいでちょうど良いとされています。

寝る前におしっこをしておく

尿意があると、目が覚めやすくなります。寝る前におしっこさせることで起きにくくなります。

アトピー性皮膚炎にお困りの方へ

当院には、アトピー性皮膚炎で来られる患者さんもたくさんおられます。

子どもの場合、皮膚が柔らかいために、掻くとすぐに、傷になってしまいます…。

アトピー性皮膚炎の主な原因
  1. 空気、水、食物の汚染。
  2. 七情(ストレス)の過不足
  3. 様々な内熱(体の中に熱がこもる)
  4. 飲食の不摂生など・・・

東洋医学(はり灸)

小児は、皮膚に刺さずに、皮膚に触れるだけの施術をします。

はり灸によって、体の熱や余計な水分を取り除く必要があります。お困りの方は、ご相談ください。

アトピー性皮膚炎は、ストレスとの関係が、切っても切り離せません。

一時、マシになっていても、精神的ストレスがかかると、一気に悪化するケースがあります。

気持ちがリラックスしている時には、それほどひどくない場合でも、忙しくて、緊張することが続くと、悪化したりします。

東洋医学では、気の滞りや血の滞りを施術によって、流すようにします。

また、「冷えのぼせ」の改善も大切です。

豊中市 でアトピーなら 当院にお任せを!

アトピーの原因は何?

2016年03月7日

アトピーの原因は何?

実は、悪化させてしまう原因は、日常生活の中にたくさん潜んでいます。

自分では気づかずに、その環境の中にいるのです。なので、生活習慣や、環境など様々な要因がありますので、ご紹介します。

困っている方は、ぜひ自分の身の回りをチェックして、改善されてみてください。意外な原因が、きっと見つかるはずです。

原因

自分で知らず知らずのうちに、悪化させる悪い環境を作ってしまっている場合もあります。

例えば、

  • 汗をかいたまま放置して、肌が不潔になっている
  • かゆみがあって、かきむしってしまう
  • 石けん、シャンプー、リンス、化粧品、洗剤などが刺激となり、悪化してしまう
  • 食事でアレルギー症状を引き起こす原因となるアレルゲンを摂取している
  • 寝不足や過労、精神的なストレスでも悪化します。

肌はいつも清潔にし、睡眠をたっぷり取り、規則正しく健康的なストレスのない生活を送ることが一番よい改善法になります。

簡単なようでなかなか難しいのですが、実践の価値は大です。

食生活の見直しを

発症をきっかけに、食生活の見直しをする方が、非常に多くおられます。

なぜなら人間の体は全て、自分の口にしたもので出来ているからです。

今までどんな食事をしていましたか?どんな食べ物が好きですか?

「動物性タンパク質」は、きわめて消化に悪く、腸内環境を著しく悪化させることから、大きな原因とされています。

(腸には、「免疫システム」の60%以上が集中しています。腸内環境が悪化すれば、免疫の正常な動きが損なわれてしまいます。)

動物性食品の食べすぎ

食べ過ぎによって、次のような流れができてしまうのです。

  1. 消化困難な「動物性タンパク質」が大量に腸に送り込まれると、タンパク質が分解されずに腸壁から入り込み、アレルギー反応を起こす。
  2. 腸内に、有毒ガス・活性酸素が発生し、腸壁を傷つける。そして、常に未分解タンパク質の腸壁通過が起るようになる。
  3. 腸内細菌バランスが悪化し、悪玉菌が増える。その結果、IgE抗体が増大するなど、免疫の過剰反応が起るようになる。
  4. 1~3の過程で、命の源である「酵素」(こうそ)が大量に消耗し、消炎力、解毒力などが低下し、アトピーとなる 。
食生活の改善

人間誰しも好きな物や食べたいものを、我慢するほど辛いことはありません。 しかし、克服する上で食生活の改善は、非常に大切です。

人間の身体のすべての細胞は、 食べたものを原料に作られているといっても過言ではないので、どうしてもここを避けて通ることは出来ません。

絶対に避けた方が良いものとして、肉・乳製品・甘いもの(砂糖)・卵・油もの・酒・タバコ・コーヒー・マーガリン・精製塩・農薬・添加物・水道水などです。

なりやすい環境

悪化させる要因としてダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛などがアレルゲンとなる場合も非常に多いと言えます。

このようなアレルゲンの多い環境では、どんどん悪化していくでしょう。

ダニの住処になりやすい「じゅうたん、カーペット」は、できるだけ減らす方がよいでしょう。

特に湿気がこもりやすいウールカーペットは避けましょう。

ダニは湿度55%以上になると、居心地がよくなり大量発生してしまいます。

湿度を下げ、ダニのエサになるような食べこぼしなどはすぐに始末しましょう。毎日部屋の掃除、布団の乾燥、空気の入れ替えなどが大事です。

子どものアトピー

子供の間は、食事やダニなどの生活環境が、主な原因であることが多いと言われています。

アレルギーを起こす食材を突き止め、気をつけて食べないようにすることは必須です。

一方、中学生の頃から、ストレスなどの精神的な原因でアトピーが悪化するというケースが増えてきます。

進学や就職など環境の変化や、仕事が忙しい、寝不足が続いたり、ストレスが重なると悪化する傾向があります。

豊中市 で アトピー治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

千里中央から妊活で通院

2016年03月4日

千里中央 妊活 39歳 O.T様

2007年に結婚。翌年3月より妊活を開始。

基礎体温と排卵日を診てもらいながら、ホルモン剤を使ってタイミングを取るも、自然妊娠には至らず。

人工授精5回すべてうまくいかず、去年5月から当院へ。

まずは、はり灸で根本的な体質改善から始める。

猫背がひどく、いつも背中が丸くなってしまう。お腹と足がいつも冷えている。月経周期は31日。

約半年で体調が整って、7か月くらいで体外を始め、2回目の移植で妊娠陽性。

定期的にコツコツ診させて頂き、非常に結果が早く出た。

はり灸で妊活を

不妊治療

685487

様々な理由で授かりにくいわけですが、その状況によって、色々な対処法があります。

よく知られているのは、卵子や精子を体外に取り出して受精させた後、それを戻すという方法(体外受精)です。

この方法により、受精の確率が高まりますから、受精する力が弱くても効果があると言われています。

体外で受精した卵子は、その後、お母さんの胎内に戻されます。

その後は、通常の妊娠と同じようにマタニティーライフを過ごすことになります。

ただし、これは、卵子や精子の状態が、比較的良い場合に効果があるものです。

卵子、精子の健康状態、また、母体、精子を作る男性の機能に問題がある場合には、効果が得られないこともあります。

はり灸により、体質改善や体質強化が必要な場合もたくさんあります。

千里中央で評判

939389

近年、妊活にも、科学の力が凄まじく影響を与えてきています。しかし、卵子、精子を作るのは、結局は人間の体です。

人の体というのは、健康であれば、あらゆる機能が正しく働いてくれます。

逆に、体に不調があれば、その働きには、何かしらの不具合が起こります。

原因が、卵子や精子の異常による場合には、それを生み出す男女の体内に問題があることも少なくありません。

身体を整える

はり灸による妊活は、まず体の状態を整えることによって、授かりやすい身体を作っていきます。

女性と男性の生殖機能を、正常なものにすることによって、体質を改善していきます。

妊娠中もおすすめ

妊娠中、何か身体に症状が出ても、飲んではいけない薬などがあります。

はり灸は、薬品に頼らず自然の治癒力を高めるものですから、妊娠前も後も、安心して施術を受けて頂けます。

身体を整えておけば、つわり、逆子などの思わぬ症状なども減ります。

元気な赤ちゃんを産める確率も高くなりますので、ぜひご活用ください。

千里中央 で妊活なら 当院にお任せを!

>ホームページはこちら