高プロラクチン血症でも妊娠できるの?

2018年06月13日

高プロラクチン血症について

不妊の原因は、一人ひとり異なり、様々な要因が複合して起こっています。

「高プロラクチン血症」も、その一つであり、排卵障害の原因の10~20%を占めると言われています。

プロラクチンとは

脳の下垂体から出るホルモンの1種です。その働きは下記の通りです。

  1. 乳腺を刺激して、母乳の分泌を促進する働き
  2. 出産後の子宮収縮を促して、体の回復を早める

※こうした体作りの一環で、出産後すぐに赤ちゃんが出来ないように、排卵を抑制する働きもあります。

プロラクチンは、女性だけでなく男性にも分泌されており、性機能の発達にも深く関係しています。

その為、プロラクチンの血中濃度が高い場合、男性・女性ともに生殖機能に影響が出ることがあります。

高プロラクチン血症とは

妊娠も出産もしていない時に、プロラクチンが過剰に分泌されている状態です。

この状態になると、卵胞の発育などが阻害され、黄体機能が低下します。

症状としては

  • 乳汁の分泌がある
  • 胸が張る
  • 排卵が抑制されてしまう など

男性でも、この数値が高くなると、性欲減退やインポテンツになります。

妊娠できるの?

無排卵や着床障害などにつながることもある為、妊娠の可能性は下がります。

血中濃度が、どれだけ高いかによって、症状の重さも異なりますが、着床しにくいという状況では、妊娠は難しくなります。

特に無排卵や無月経の場合は、成功する確率は極めて低いでしょう。

その為、症状の程度によっては、施術で数値を改善していき、成功する確率を上げていく必要があります。

数値に捉われ過ぎるとストレスが溜まってしまい、悪循環になる場合なります。

少しずつ改善していくことを心がけてください。

授かりやすい体質になる為には、妊活中の女性にとっては、高プロラクチン血症は非常に困った問題です。

しかし、治療で改善することが出来るものです。なかなか授かりにくい方は、一度婦人科を受診しましょう。

はり灸がオススメ

高プロラクチン血症が原因で、今までたくさんの病院を受診されてきた方は多いでしょう。

当院のはり灸では、病院で見逃しがちな「身体全体」の状態を診て、施術を行っています。

身体の不調は、「気・血・水」というエネルギーや栄養の巡りが悪くなると起こります。

「気」は目に見えませんが、元気・勇気など多くの言葉に使われ、誰もが自然に感じているものです。

巡りが悪くなっている原因のツボに、はり灸で刺激し、巡りを良くする事で不調を改善していきます。

また、不調が起こる前に、体の中から力を高めておくことも大切です。

はり灸で赤ちゃんを授かれる身体を作っていきましょう!豊中市でお悩みなら当院へ