誰が主役?

2022年09月9日

自分を大切に

 今あなたがしている【妊活】は、誰が主役になっていますか?ちゃんと自分が主役でいれていますか?

自分の気持ちを無視して、ネット情報に振り回されたり、ドクターに言われるがままに治療していたりしていませんか?

あなたが取り組む妊活は、あなたが主役です。何よりも自分の気持ちを大切にしてください。

妊活は夫婦2人でやるもの

 あなたの気持ちは、ちゃんとパートナーに伝えていますか?妊活は1人でやるものではありません。夫婦でやるものです。

脇役妊活していませんか?ワンオペ妊活になっていませんか?

新しい命を授かるために、体を整えるのはもちろんですけど、一番大切なのはあなたの心です。

自分一人で頑張るよりも、誰かがいてくれたら、1人で持っていた重い荷物を一緒に持ってくれたり、荷物の持ち方を教えてくれたり、そもそも必要な荷物はどれか気づかせてくれたり。

人は、一人で生きていたら限界があるけれど、誰かに頼ることで、その限界が取っ払われたりします。

一人で頑張らないで

妊活って一人で頑張りがちです。でもそんなことしなくても大丈夫です。人に頼っていいし、泣いていいし、愚痴を言いまくってもいいのです。

赤ちゃんを望む人を【妊活さん】なんて言うけれど、その前に一人の女性で一人の人間。一人で抱え込まなくていいのです。

一人の人間として自分らしくいられる場所を見つけることが、赤ちゃんを授かるための大きな一歩になるのです。

また、規則正しい生活は、女性だけでなく男性にとっても大切なものです。妊娠には健康で生命力の強い精子も必要です。

精子の質は、睡眠不足や暴飲暴食などが原因で低下してしまうことがあります。パートナーと二人で一緒に、楽しく規則正しい生活を送るよう心掛けてみて下さい。

あなただけじゃない!!

日本では、子どもができずに悩んだことがある夫婦は3組に1組。不妊治療をしたことがある夫婦は5.5組に1組。

年間出生数が約95万人にまで減少している中、「体外受精」で生まれてくる子どもは、近年では5万人超、18人に1人にまで増えています。

妊活中の人にとって、不妊治療は選択肢の一つですが、数字とは裏腹に、こっそり治療を受けている人も少なくない。

その一方、完全な不妊症はかなり稀で、そのため最近では不妊(infertility)というより「受精能低下」(sub-fertilityまたはlow-fertility)の方が適切な表現とする医師もいます。

また夫婦のどちらか一方だけに問題があることは、あまりありません。

不妊の問題を抱えている場合、二人ともが生殖機能が正常より少し低下していることが多いのです。不妊治療を希望する際、夫婦揃ってカウンセリングや検査を受けていただくのは、このためです。

特に避妊をしているわけではなく、通常の夫婦生活を一年間営んでも妊娠しない場合「不妊」という言葉が使われます。(平成27年10月 日本産科婦人科学会資料より)

しかし、これは1年間待たなければ治療を受けられないということではありません。年齢を重ねるごとに女性の受胎能は低下するので、治療を早く受けるほど妊娠の可能性は高くなります。

不妊の問題を前にして、いたずらに悲観しないでください。妊娠の可能性を期待できる理由が十分にあることを知っておいてください。

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 睡眠と妊活についてのブログを更新しました! 2022年09月22日

元気な体を作るために、大切な事は何か?どうすれば元気になるのか?睡眠と栄養について等が書かれています。

ぜひ読んでみて下さい。

→ブログページはこちら

TopNews お急ぎの場合には、24時間いつでもご連絡ください。 2022年09月20日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウントがございます。 2022年08月23日

こちらから、お友だち追加をお願い致します↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)

②年齢

③ご希望の日時(第一希望、第二希望)

④お悩み・希望メニュー

⑤繋がりやすいお電話番号

お役立ち情報、クーポン、空き状況なども、随時配信しております。

公式LINEで簡単ご予約♪ぜひご活用ください!

もっと見る→