妊活で来院

2016年04月7日

川西市 妊活 非常勤大学教師 39歳 A.K様

結婚7年目。仕事が忙しすぎて、いつもタイミングが合わず、ご主人ともなかなかゆっくりする時間がない。

生理痛がひどい。施術開始1ヶ月程で自然妊娠したが、6週で流産。

その後、しっかり身体を作る為に、生活習慣や食事を変えて頂いた。仕事での無理もあり、基礎体温が揃わず、ガタガタ。

まず睡眠をしっかり取るように、早めの就寝を促した。

ハリをしながら、体調がドンドン変わり、基礎体温も安定し生理も整ってきた。

生理痛も以前の半分くらいになり、毎回の月経が本当に楽になったとの事。

施術8ヶ月で見事妊娠された!

ホルモンバランスを整えよう

環境ホルモンに原因がある

若ければ若い方が、生理痛が重いなど、ホルモンバランスの崩れている方が多いように感じます。

その一つに、環境ホルモン(ダイオキシンなど)に原因があると考えられています。

環境の中に、ホルモンと同じような働きをする物質があって、これが身体の中に悪さをします。(内分泌かく乱作用)

環境の中にあるホルモンの様な物質ということで、「環境ホルモン」と呼ばれています。エストロゲン用ホルモンとも呼ばれています。

環境ホルモンは、内臓や脂肪内に溜まりやすく、エストロゲンのような働きをし、血中のエストロゲン数値も高くなります。

その為、現代の女性は、より豊満なスタイルの女性が増えていると言われています。

卵巣機能の衰え

それとは反対に、卵巣機能の衰えにより、エストロゲンが減少しているケースもあります。生理不順や、不妊の原因にもなっています。

東洋医学では、「女性の身体は7年周期ごとに変化する」と考えられています。

妊娠、出産もそうですが、更年期障害など、エストロゲン分泌量の変化は、女性の一生と大きく関わっています。

更年期障害は、ホルモンのバランスの崩れによる障害で、40代後半から50代の病気と思われていました。

しかし、最近では、20~30代などの若い女性でも、同じような症状が現れる患者さんも増えています。

経皮毒

経皮毒とうい言葉を聞いたことがあるでしょうか?

添加物やシャンプーなど、日常使われる製品が、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されます。

例えば、コラーゲンのような体に良いとされる物は、表皮よりも分子構造が大きいので、吸収されにくいのです。

しかし、体に悪い物は、分子構造が小さく、残念ながら吸収されやすい構造になっています。

身体に毒になるものは、排出されやすいのですが、不妊治療にもよく使われているステロイド系の薬は、排出されにくい特徴があります。

食事

また、気をつけなければならないのが、食事です。

肉類や乳製品なども、昔よりも現代人の方が、たくさん摂取していますが、それも気をつけなければいけません。

政府の発表によると、アメリカの肉は日本製の肉よりも3倍のエストロゲン数値を示しているそうです。

実際には140~600倍の肉も、輸入されている、という人もいます。

なぜ、そんなに数値が高いのでしょうか?

それは、牛の成長を早めて、早く出荷するためです。

成長ホルモンを注射して、成長を早め、のびのびとした環境で育てず、病気にならないように抗生物質を含んだ餌を食べさせて、飼育されています。

この育て方に問題があります。また、ファストフードなども、恐ろしいです。

はり灸を活用してください

身体を元気にし、毒をスムーズに排出し、ホルモンバランスを整えていきましょう。

当院では、しっかり診断してから、ハリやお灸、整体で施術します。

自然治癒を上げると同時に、ホルモンのバランスを整える施術もしていきます。川西市 で妊活なら 当院にお任せを!

>不妊鍼灸の専門ページはこちら