妊活には首のコリを取ろう!

2016年02月17日

首のコリを取ろう!

妊活をされてる方で、非常に多い症状が、首のコリです。

首にコリがある方は、妊娠しにくい場合が多数あります。

また、首のコリは、様々な不調にも、大きく関係してきます。

妊活中で首にコリがある方の場合

妊娠には、卵胞&黄体ホルモンなどが大切な働きをしています。これらはどこから出るのでしょうか?

頭の中には「中脳」という部分があって、その中に「視床下部」という場所があります。

最初の指令(ホルモンを分泌しましょう、ホルモンを減らしましょうなど)が視床下部へ向けて出て、それを受けて視床下部にある「下垂体前葉」という場所から、実際の必要な場所(卵巣や子宮)に「ホルモンを分泌しましょう」という命令が行きます。

そして、卵巣などがその指令を受けて、ホルモンを分泌し始めるのです。

脳からは、「分泌しましょう」という指令が出て、その指令を受けた卵巣がホルモンを分泌します。

卵胞&黄体ホルモンは、卵胞を育てるときや、排卵をさせるとき、黄体の機能(体温を上げたり)を高めるときや、子宮内膜をふかふかにさせる等に、非常に大切なホルモンです。

そして、ホルモンはどうやって目的地までいくのでしょうか。

それは血流です。ホルモンは血中に乗って目的地まで行くのです。

脳からの指令を卵巣まで伝えるには、首がこっている状態だと、血流が悪くなってしまい、きちんと指令を伝えられません。

ホルモンは首を通る

卵胞が大きくならない方や、排卵が出来ない方は、脳からの命令がうまく届かず、機能していないとも考えられます。

黄体期に体温が上がらない、妊娠が維持できない、内膜が厚くならないという事は、命令を受けても、その部分のホルモン分泌の働きが低下しているとも考えられます。

最初のホルモンは、脳から「首」を通って命令が出ているのです

これらのホルモンの働きが低下している方は、首のコリが原因の一つになっている場合があります。

他にも、原因は沢山あるかと思いますが、特に冷えなどは改善しておきたいものです。

お腹が冷えていると、せっかく命令が来ても、うまく機能しなかったりもします。

豊中市で「はり灸」なら当院へ

ホルモン分泌低下・増加の原因は様々ですが、首のこりが邪魔している場合も考えられます。

ですので、ホルモンがきちんと働いてくれるように、はり灸をお勧め致します。

当院でのはり灸は、首のコリをはじめ、身体の様々な不調も一緒に施術していきますので、ぜひご相談ください。

妊活なら 当院にお任せを!

>ホームページはこちら