つわり(妊娠悪阻)

つわり(妊娠悪阻)

このような症状はありませんか?

☑胃のむかむか
☑吐き気
☑二日酔いのような気持ち悪さ
☑食欲低下、食欲増進
☑匂いに敏感になる

つわり

つわりの原因

妊娠した後(妊娠初期)には「つわり」がやってきます。(つわりをほとんど感じることなく出産に至る妊婦さんもいます。)
つわりは、およそ妊娠5~6週頃から始まります。 多くの妊婦さんはつわりを経験しますが、 症状や程度は、個人差が大きく、人それぞれです。 ひどいつわりを経験された方でも、安定期に入る妊娠15週ころには楽になります。
西洋医学では、つわりの原因がまだはっきりしていませんが、体質によるともいわれています。

養生法

つわりの養生法

東洋医学では、子宮と胃腸には関連性があります。子宮を良くしたければ、胃腸を整える事です。できるだけ胃腸と子宮(お腹)周りを冷やさないように。
お腹、腰、足は、締めつけないようにし、保温しておきましょう。足の方は、足湯をしたり、靴下などで冷えから守ってあげましょう。
つわりに効くお灸もありますので、近くの鍼灸院で尋ねてみるといいかもしれません。

つわりの食事法

つわりの食事法

この時期の飲食の好みは変わりやすく、無理せず食べれるときに食べれるだけ食べて下さい。なるべく温かいものか常温のものがよいでしょう。
食欲がなくても水分は摂っておきましょう。食欲がない時には、油っこいものはできるだけ避けましょう。

つわりの漢方鍼灸

漢方鍼灸

つわりの漢方鍼灸

東洋医学では、のぼせ体質や水毒体質を改善することで、つわり症状を軽減していくことが可能です。 妊娠初期なので、刺激はごく軽い刺激で、ほとんど刺すことはありません。皮膚の上に置くだけの刺さない鍼を用います。 赤ちゃんの治療にも使う軽くてソフトな刺激なので、痛みを感じることありませんのでご安心ください。 鍼灸治療に慣れていない方でも安心して受けていただけます。

症例

つわりの症例

●39歳 女性 池田市
症状 妊娠8週目 つわり 食欲不振
東洋医学的診断 漢方脈、腹、舌の状態を診て東洋医学的に腎虚証としました。
現病歴 一週間前くらいからつわりがひどく母親の紹介で来院。食事が食べれず、毎日4~5回吐く。肩こりがひどく、頭痛もあり、気分がすぐれない。

経過 1回目の治療直後スッキリし、吐き気は治まった。内関穴への銀粒の貼付。2回目、食欲はまだない。3回目の治療後は体調が良くなって、食欲も出て調子が良いとのこと。初診から2週間後、電話があり、吐き気も治まり、つわり症状は改善し、安産施療で継続中。

→女性のための鍼灸へ戻る

インターネット限定割引

Access|服部天神から徒歩3分!!ぽん鍼灸院
国家資格 保持者による安心施術