吹田市からPMSで来院

2018年02月12日

吹田市 PMS S.T様 37歳

生理の5日程前から腹痛、腰痛、イライラ、肩コリ、便秘、目の疲れ。

仕事でのストレスが多く、帰宅も遅く、食事の時間がバラバラ。

クリニックでPMSと診断されており、ロキソニンを処方(毎月薬を飲まないといけない)されている。

施術5回目で、肩こりがなくなり、イライラが減った。

施術15回目くらいから、症状がかなり軽減される

薬も必要なくなったので喜んでいる。ご家族の方にも当院を紹介されて、現在家族ぐるみでお越し頂いている。

PMSについて

生理前に、このような症状はありませんか?

【精神的】

  • 落ち込む
  • ちょっとしたことで泣く
  • イライラする
  • 頻繁に心配や不安になる
  • 憂鬱

【身体的】

  • 下腹部の痛み
  • 便秘や下痢
  • 疲労感が抜けない
  • 肌トラブル(ニキビ、肌荒れなど)
  • むくみが出る
  • 乳房の張りや痛み
  • 頭の重さや頭痛    

些細なことで、怒ったり悲しくなったりと、生理が近づくにつれて、情緒不安定になることは誰にだって起こります。

PMSとは、生理の3~10日ほど前に、症状が起こる身体や心の不調のことです。

PMSの原因

PMSの原因一番大きな原因は、ホルモンバランスの乱れによるものです。

排卵日を期に大きく変動する、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あります。

排卵日を迎えると、黄体ホルモンの分泌が多くなります。卵胞ホルモンより黄体ホルモンの分泌が多くなる過程で、次のような事が起こります。

セロトニンの減少

セロトニンは、幸せホルモンと呼ばれています。セロトニンは、不安やストレスを取り除いてくれ、精神をリラックスさせてくれます。

自律神経が乱れる

女性ホルモンと自律神経は、お互いに作用し合う関係で、どちらかに変動が起きれば影響が現れます。

体に水分が溜まりやすくなる

黄体ホルモンは、体の中に水分を蓄えようとする働きがあります。

その為、水分が溜まりやすくなり、むくみが生じたり代謝が悪くなりやすくなります。

その他にも、タバコや暴飲暴食、生活習慣の乱れも、PMSを引き起こす原因になります。

PMSの養生法

東洋医学的には、私たちは、食べものからも栄養を摂り、気や血(エネルギー)などを補っています。

その為ためには、消化器系を強めなければいけません。

胃腸の働きが弱くなったり、偏った食事では、栄養がきちんと摂れなくなり、PMSの症状が出やすくなります。

食事

脂っこいもの、辛いもの、甘いものなど…食べ過ぎには、注意が必要です。またバランスの良い食事が大切になります。

良い物だからといって、そればかり食べているのは、バランスが良くありません。暴飲暴食にも気をつけて下さい。

生活習慣

有酸素運動や質の良い睡眠が大切です。運動をほとんどされていない方は、少しずつ回数などを増やしていくと、症状の緩和に繋がります。

ストレスを溜めない

ストレスも原因の一つです。自分に合ったリフレッシュ方法を探しましょう。

入浴

熱い温度ではなく、ゆっくり入れる適温を心掛け、身体の中から温めてください。

東洋医学(はり灸)では

東洋医学ではPMSの軽減は、東洋医学では最も得意とする分野の一つです。東洋医学的には「肝」の機能失調と考えられます。

はり灸で、気の流れを良くして、血が滞りなく流れるようにします。

気血の流れがスムーズになると、滞りも解消され、エネルギーが身体全体に行き渡るようになります。

また、崩れていたホルモンバランスも、正常になります。そうすると、精神面が安定して消化が良くなり、改善されていきます。

多くの女性にとって、生理とは長い付き合いになる存在です。

だからこそ、生理前や生理中に起こる心や体の変化を、はり灸で緩和し、上手く付き合っていきましょう。

吹田市からも PMSで多数お越し頂いております!